スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れの・・・涙!

◆ブログ:ひと目惚れ(C).  ◆末吉橋のたもと  ◆昔の末吉橋(1)
◆イメージ画像です。      ◆末吉橋

ひと目惚れした可愛い女の子のKさんと交際宣言の噂が、最高潮に達した時のこと・・
Kさんから電話で呼び出された。

私は、Kさんに逢える喜びで、心弾んで待ち合わせの場所へ駆けつけた。
既に彼女は末吉橋の橋のたもとで待っていた。
彼女に似合わず神妙な顔をしている。
や~待った!と声をかけると、彼女は黙ってうつむいていた。

彼女はおもむろに口を開いた。
「中村さん、私と別れてください・・・」と思いがけない彼女の言葉だった。
私は、冷水をぶっ掛けられたようで、後の言葉が出てこなかった。
私と彼女は、じっと見つめ合った。
えっ、どうしたの・・・?と聞き返した!
彼女が言うには「私達がつき合っていることを、会社の皆んなが知ってしまった。
それが、私は嫌なの・・・だから、別れたいの・・・分かれてください。」と早口に言った。

それもその筈、交際宣言をして以来、1回のデートもしていない。
私も彼女と毎日コミュニケーションをとっておけば良かった。
彼女から言わせると、交際すると約束しても意味がないと言うわけだ。

その間、誹謗中傷など、良からぬ噂もあり、友達とも遊びにも行けない。行ったら行ったで、噂になる。
遊びたい年頃の彼女自身にとっては、自由が利かなくなって悩んでいた。友達にも相談したようだ!
それで、お互い元のフリーになろうと決意したのだった。

考えれば、彼女の言うことは当然といえば当然である。
私自身が、女の子と付き合いをしたのは初めてで、経験も自信もなかったし、
第一「女ごころ」が分かっていなかった。

結果、容姿端麗の彼女にとっては、遊びたい年頃の活発な女の子で、どこへ行ってもモテルはず。
そんな彼女と高校出たての私との交際は相応しくなかったのだと思う。

惚れた弱みで、彼女からの申し出を受け入れざるを得なかったのです。

彼女が去ったあと、無性に悲しくなり、涙が溢れてきました。
橋の上でしばらくの間、涙が止まりませんでした。
大好きな彼女との別れは、私の心に大きな衝撃を与えたのは、初めての経験だったのです。

彼女と交際宣言したあと、私に1枚の写真をくれた。可愛い彼女のお気に入りの写真だった。
私と本気に付合うと言う証だったのだろう。
私はそれを定期入れに入れて、肌身離さず大事に持っていた。
しかし、こんな結末になったため、その大事にしていた、たった1枚の写真を、じっと見つめながら
破いていった。
あ〜、これで終わったんだ!と自分に言い聞かせながら、溢れて来た涙が、切り刻んだ写真の上に
ぽつんと落ちた・・・(涙・涙・・・)

これが、私の人生で、相手に振られた最初で最後の出来事だったのです。

しかし、一時的にでも交際宣言した2人の心には、互いに好きだという想いがあったと思いたい。
別れた後でも、私は好きには変わりない、彼女も少なからず未練はあっただろうと思う。
その後も互いに意識しながら自分の道を歩むことになったが、後々までも互いに意識し合う関係が
ずっと続くのです。

この恋の破局の噂は、瞬く間に広がり、今度は私の周りに変化が起こったのです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


東日本大震災 復興支援 チャリティ企画:FERRで利益を生み出す45の鉄則


ビジネスを伸ばしながら、復興支援をする方法

ご承知の通り、東日本大震災では甚大な被害に合いました。

被災地では、瓦礫の中に入り込み、
ご家族のアルバムを探しに行く方。
住む場所が跡形もの無く消え、
茫然と立ちすくむ人。

そのような被災者の方を目の当たりにした時、
今私たちが出来る事と言えば、

ただただ被災者を支援することではないでしょうか?
ですが自分のビジネスも放っておけないですよね?

そこで、もしあなたが、
・インターネットを使ってビジネスを伸ばしたいと思っていて、 さらに、
・被災地の方へサポートをしたいと思っているなら、
これからあなたにピッタリの提案があります。
こちらをご覧ください。

http://123direct.info/tracking/af/369474/Z4NzTLDr/

ここでは、
東日本大震災、復興支援のためチャリティをしています。
書店では1470円で販売している本
『短期間で大量のアクセスを集め、
顧客の信頼を得て、ビジネスを大きくする秘密』
を、チャリティ価格の500円で販売しています。

そして、本の代金500円は、東日本大震災に合われた方々に、
全額寄付しています。

もし、あなたがビジネスを伸ばしながら、
同時に被災者の支援をしてみようと思われるなら
今すぐこちらをクリックして、
詳細をご確認ください。

http://123direct.info/tracking/af/369474/Z4NzTLDr/



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。