スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またか外患OBの発言、外患誘致罪適応を・・・?

;;hato0-41

尖閣めぐり、鳩山氏がまた物議醸す発言 .
http://www.youtube.com/watch?v=aSDebhF_p2o


尖閣めぐり、鳩山氏がまた物議醸す発言 永田町からも怒りの声 .
フジテレビ系(FNN) 6月25日(火)19時59分配信

 尖閣諸島をめぐって、鳩山元首相が香港のメディアに語った、「日本が盗んだと思われても仕方がない」といった発言が、物議を醸している。これまでにも、たびたび中国寄りともとれる発言をしてきた鳩山氏に、東京・永田町からも、驚きと怒りの声が上がっている。
 
 26日から中国を訪問する予定の鳩山元首相が、香港のフェニックステレビの取材を受け、沖縄県の尖閣諸島について、「中国側から見れば、盗んだというふうに思われても仕方がない。だから、それは返すべきだと。カイロ宣言の中に尖閣が入るだろうということは、そういう解釈は、十分に、わたしは中国側から見れば、当然成り立つ話だと」と話した。
カイロ宣言とは、終戦の2年前の1943年に、当時のアメリカ・中国・イギリスの首脳によって出された声明で、「日本が奪った領土を中華民国へ返還する」とした基本方針が出された。

 日本政府は、このカイロ宣言について、「日本の領土処理について、最終的な法的効果を持ち得るものではない」としている。
しかし鳩山氏は、中国側が主張するこの宣言に、尖閣諸島が対象に入るとする解釈は、当然成り立つ話だと述べた。

 これまでも、中国寄りともとれる発言を繰り返してきた鳩山氏。
2013年1月、中国を訪問した際には、「政府は、領土問題は存在していないというけれども。係争地であるということを、私は、お互いに認めるということが大事ではないかと」と、尖閣諸島を係争地だと認めるべきだと発言し、物議を醸した。

 それに続く今回の発言に、菅官房長官は「その発言を聞いて、私は絶句しました。開いた口がふさがらないという言葉がありますけども、まさに、このようなことだろうというふうに思います。断じて許すことはできない。国民の皆さんの思いも、きっとそうだろうと」と述べた。

 自民党の石破幹事長は「極めて国益を損なう、元総理とも思えない、軽率なという言葉を使うのも不適切なくらいの発言だと思います。もう、いい加減にしてくださいと」と述べた。

 また、鳩山氏がかつて所属していた、民主党の海江田代表は「鳩山さんの発言というのは、わが党との主張とも違います。やっぱり、歴史的に見まして、固有の日本の領土であるということは、私は明白だろうと思っています」と述べた。

 尖閣問題をめぐっては、2013年1月、公明党の山口代表が中国を訪問する直前に、香港のフェニックステレビの取材を受け、「将来の知恵に任せるのが1つの賢明な判断だ」と言及した。

 また、6月3日には、訪中した野中元官房長官が、故田中角栄元首相から、1972年の日中国交正常化交渉の際、「尖閣諸島をめぐる問題は、棚上げで合意したと聞かされた」と話していた。

 鳩山氏は26日から、中国・北京を訪問し、経済フォーラムなどに出席するという。.最終更新:6月25日(火)19時59分

【映像ニュース】
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130625-00000673-fnn-pol
-------------------------------------------------------------------

鳩山氏、尖閣問題で「『日本が盗んだ』と思われても仕方ない」 .
産経新聞 2013.6.25 12:42 [鳩山由紀夫]

・・・plc13062512440008-n1

鳩山由紀夫元首相が香港のフェニックステレビの取材に対し、沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張する中国政府に理解を示す発言をしていたことが25日、分かった。尖閣をめぐる歴史的経緯に言及し、「中国側から『日本が盗んだ』と思われても仕方がない」と述べた。発言は同日午前、中国内外に向けて報道された。

 鳩山氏は既に政界を離れているが、首相経験者だけに尖閣諸島に領有権問題はないとする日本政府の立場と相いれない発言内容が、日中両国の世論や尖閣情勢の今後の推移に影響を与える可能性もある。

 中国は日本の尖閣領有について、第2次大戦中のカイロ宣言にある「日本が盗み取った中国東北地方や台湾などの島しょを中国に返還する」との規定に違反すると主張している。これに鳩山氏は「カイロ宣言の中に尖閣が入るという解釈は中国から見れば十分に成り立つ話だ」と明言した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130625/plc13062512440008-n1.htm
-------------------------------------------------------------------

菅長官「開いた口がふさがらない。憤り感じる」鳩山氏の尖閣発言批判 .
産経新聞 2013.6.25 19:31 [鳩山由紀夫]

・・・8b5309d9

 菅義偉官房長官は25日、鳩山由紀夫元首相が沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張する中国に理解を示す発言をしたことに関し「国益を著しく損なうもので、断じて許すことはできない」と強い不快感を表明した。政府関係者は「国際社会が『日本より中国の主張の方に理がある』と受け止めかねない」との懸念を強めている。

 菅氏は記者会見で、鳩山氏の言動について「開いた口がふさがらない。憤りを感じる」と批判した。同時に「鳩山氏はこれまでも無責任な発言で、政治の混乱を招いた」と指摘。「政府の立場は明確だ」と述べ、尖閣は日本固有の領土だとの認識を強調した。

 自民党の石破茂幹事長も記者団に「極めて国益を損なう発言だ。元首相とは思えない。『軽率な』という言葉を使うのも不適切なぐらいだ」と非難した。

 日本政府は尖閣に領有権問題は存在しないとの立場。ただ、6月上旬には野中広務元官房長官が問題を棚上げする日中合意があったと発言しており、政府内には中国側につけ込まれることへの警戒感が膨らむ。

 とりわけ鳩山氏は首相経験者だけに「対外的には相当程度の発信力を有している」(日中関係筋)とも指摘される。外務省筋は「一個人の発言として無視できないが、過剰に反応すれば、対立をあおりたい中国の術中にはまる恐れもある。やっかいな問題だ」と語った。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130625/stt13062519330006-n1.htm
-------------------------------------------------------------------

「開いた口がふさがらない。憤り感じる」何て、言ってる場合ではない。 .

どんどん国際社会に影響を及ぼす外患OBの親中発言。
もはや国益を損ね、国をも危うくする政治犯罪者であり、外患罪・外患誘致罪に値する犯罪である。
こんな恐ろしい人が日本の首相であったことは、日本国の大恥である。

*外患罪(がいかんざい)とは・・・ .
[ 日本大百科全書(小学館) ] .国家の存立をその外部から危うくする罪。国民の自国に対する重大な裏切り行為として重い刑罰が科せられる。現行法上、外患誘致罪(刑法81条)と外患援助罪(同法82条)を基本として、それらの未遂罪と予備・陰謀罪とが規定されている。

*外患誘致罪とは・・・ .
外国の政府・軍隊などの公的機関と通謀して、日本国に対し武力を行使させる罪である。対外的な安全に対し重大な脅威を生じさせるところから、現行法上、死刑が絶対的法定刑とされている。

*外患援助罪とは・・・ .
日本国に対し外国から武力行使があった場合、これに積極的に加担してその軍務に服したり、その他軍事上の利益を与える罪である。死刑または無期もしくは2年以上の懲役に処される。


6月26日(水曜日)アンカー青山繁晴さん .
A、鳩山由紀夫氏は外患未遂罪 .
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=P5OZX-TUSds
-------------------------------------------------------------------

鳩山氏を“中国代理人”とみなす .

【産経抄】6月27日 .
産経新聞 2013.6.27 03:17 [産経抄]

 民主党は参院選に負けたいのだろうか。きのう参院本会議で安倍晋三首相に対する問責決議が可決されたが、あおりで生活保護法改正案など国民生活と密接にかかわる6つの法案が廃案になった。

 ▼輿石東参院議員会長は「与党がこういう事態を招いたのは否定できない事実だ」と強弁するが、都議選に惨敗した衝撃で事実関係すらわからなくなったようである。問責可決によって、野党がその後の審議をボイコットしたため6法案は廃案となった、というのが「事実」である。

 ▼問責決議は、内閣不信任決議のような法的拘束力はない。ないからといって、「野党が多数派を占めているうちに」と勘ぐられても仕方がない「卒業記念」のような決議に賛同し、6法案を葬ったのは、「どうぞ自民党さん、参院選も勝ってください」といわんばかりの下策だった。

 ▼折しも民主党生みの親である鳩山由紀夫元首相が、尖閣問題でまたもやとんでもない発言をした。香港のテレビに出演し、「中国側からみれば『日本が盗んだ』と思われても仕方がない」と語っている。

 ▼1月に「尖閣は日中間の係争地」と発言して、防衛相から「国賊」呼ばわりされたのに懲りていない。反省しないのは、元首相が根っからの「中国の代理人」だからと思えば、すべての疑問が氷解する。

 ▼首相在任中、米軍普天間飛行場移設をめぐって「最低でも県外」と口走って日米同盟を危機に追いやり、経済対策もろくにやらずに国力を減退させたのも「代理人」の使命をまっとうするためだったのではないか。民主党のために助言すれば、ただちに彼を除名すべきだ。さもなければ、「国賊が党首だった党」の汚名を背負い、二度と再び政権に復帰する機会はめぐってこないだろう

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130627/stt13062703180002-n1.htm
-------------------------------------------------------------------

鳩山元首相、尖閣諸島について、中国政府の主張に理解を示す発言 .
http://www.youtube.com/watch?v=-lQhJwmw3Sw

FNNニュース(06/27 18:58)

 中国を訪問している鳩山元首相は27日、北京市内で講演し、沖縄県の尖閣諸島について、「ポツダム宣言などで決められた中国に返す領土に含まれる」などとする中国政府の主張に理解を示す発言をした。

 鳩山元首相は、「領土問題に関しては、それぞれの国の政府の言い分がある」としたうえで、「カイロ宣言には、日本が清国からスチール、盗んだものは返さなければならないとある」と述べ、「尖閣諸島はポツダム宣言などで決められた中国に返す領土に含まれる」とする中国政府の主張に理解を示した。

鳩山元首相が講演を行った世界平和フォーラムには、中国の王毅外相らも出席しており、鳩山元首相の発言はさらに波紋を広げるとみられる。

-------------------------------------------------------------------

中国に利用される外患OB鳩山由紀夫元首相 .

「日本は釣魚島問題で挑発を止めるべき」 鳩山発言は有力な証言 .
人民網 17:04 Jun 27 2013

 日本の鳩山由紀夫元首相が今年1月の南京大虐殺記念館見学に続き、26日から再訪中している。北京で中日関係フォーラムに出席するほか、清華大学で講演を行なう。中広網が伝えた。

 だが訪中直前に鳩山氏は日本政界に対する爆弾発言を行なった。東京で香港メディアの単独インタビューを受けた際「日本政府は釣魚島(日本名・尖閣諸島)に領有権争いが存在することを認めなければならない。中国側が日本が釣魚島を盗んだというのには中国側の道理がある」「日本は挑発行為を止めなければならない」と述べたのだ。

 鳩山氏:私が大変憂慮しているのは特に釣魚島問題だ。日本政府は最近、領土問題は存在しないと言い続けている。これは中国に対する挑発であり、非常に憂慮される。われわれ日本人は歴史をよく学んでおらず、日本は釣魚島を実行支配しており、領有権問題は存在しないと言っている。日本のこうした論法は対話の扉を閉ざすだけで、非常に危険なことだ。

 これまで日本政府は釣魚島に領有権問題は存在しないと主張し続けてきた。鳩山氏は歴史資料を援用して自らの見解を説明した。彼は中国の立場には十分な理由があると考えている。

 鳩山氏:歴史的観点からは、釣魚島の領有権の帰属について異なる意見がある。ずっと昔中国の漁船がこの一帯で漁をしていたからこそ、釣魚島と呼ばれるようになった。日本は1895年にこれらの島嶼をこっそりと管轄下に組み込んだ。だがその時、尖閣という名はまだなかった。少なくともポツダム宣言で日本の領土は本州、北海道、四国、九州の4島および連合国の定めるいくつかの島嶼であると定められている。釣魚島は甲午戦争(日清戦争)末期の1895年に日本が管轄下に組み込んだ。中国側から見て日本が中国の領土を盗み取ったというのも一理ある。中国側は日本はカイロ宣言に含まれる釣魚島を返還すべきだ考えており、中国側がそう言うのも、当然一理ある。

 鳩山氏は日本政府の強硬姿勢について、中国側に対する挑発となり、対話の扉を閉ざすものであり、憂慮されると強く非難する。

 鳩山氏:多くの日本人は歴史を忘れ、国有化すれば釣魚島を自分の領土にできると考えているうえ、中国人に対して、武力で釣魚島を奪うことは許さない、領有問題は解決済みだと言っている。日本が非常に強硬な姿勢をとるのは間違いだ。私は船舶衝突事件が釣魚島問題の始まりだと考えている。日本がこれまでの合意を破って初めて、中国側は不満を抱いたのだから。

 鳩山氏は、中日関係を変える唯一の道は、領有権問題の存在を認め、過去の立場に立ち返ることであり、さもなくば日本の国益が損なわれ、中日関係の改善はいつになるかわからないと指摘する。

 鳩山氏:日本は過去の合意に立ち返るべきであり、これが唯一の道だ。少なくとも41年前に周恩来総理と田中角栄首相の係争棚上げの物語は、文書にはなっていないが、事実だ。われわれはこの事実を認め、過去の立場に立ち返り、対話を通じて問題を解決すべきだ。

 共同通信によると日本の菅義偉官房長官は25日の記者会見で、鳩山氏が「釣魚島問題での中国側の主張に理解を示した」ことを批判。「鳩山氏のインタビューでの発言を聞いて絶句した。開いた口がふさがらない。元首相として鳩山氏の発言はわが国領土の主権を揺るがせ、国益を著しく損なうもので、断じて許すことはできない」と述べた。

 清華大学現代国際関係研究院の劉江永副院長は、鳩山氏の発言は有力な証言だと指摘する。

 劉氏:菅氏の発言は逆に人々を絶句させる。問題をより客観的に見るこうした政治家に対して、実際にとる手段が弾圧し、脇に追いやることでは、中日関係を一段と悪化させるからだ。私はこれこそ日本の国益を損なうと考える。鳩山氏の発言は事実上、有力な証言でもある。彼は釣魚島が確かに中国のものであることを証明した。だから人々はどちらが正しいのかを自ずと理解している。

 劉氏は理性的な声が荒唐無稽な発言によって常に抑え込まれることは日本の深刻な右傾化を物語っており、中日関係を誤った道へ引き込むものだと指摘する。

 劉氏:平和進歩勢力はまだ日本で比較的深い影響力を持つ。だがいくつかの右翼団体はすでに活動方法を変え、右翼的観点のウェブサイトを多く立ち上げ、一部の人はネット上でしきりに中国や韓国を罵り、若い世代に対して比較的大きな影響力をもつ。こうしたネット上での感情の発散は、ある状況下で街頭でも行なわれることがある。このため日本では街に繰り出して公然と中国人と韓国人は日本から出て行けと非難する人がいるという特に極端なケースも出ている。これは中日関係におけるかつてない新たな状況であり、重視する必要がある。

 劉氏は日本右翼勢力の声は大きいものの、「邪悪は正義に勝てない」と考え、そして日本政界の平和を愛し正義感の強い人が発する事実に基づく声は必ず正義を助け、邪悪を取り除く効果を果たすだろうと指摘する。

 劉氏:現在の日本の政治状況を見ると「正義は邪悪に勝てない」感じを受けるが、鳩山氏のような政治家、それから日中友好事業に長年携わってきた有識者の気持ちは同じだ。今後、この勢力は日本の現在の社会を主導しておらず、主流を占めてもいないが、彼らの発する声は影響を生じ、必ず正義を助け、邪悪を取り除く効果を果たすと私は信じている。もちろんこれにはまだ一定の時間が必要だし、われわれ中国側もこうした問題で日本の状況を正しく評価し、正常な交流、直接の対話を通じて釣魚島問題で日本の国民にその歴史事実の真相と釣魚島の領有権帰属問題の本質および法理上も歴史上も中国固有の領土であるという基本的事実をさらに理解させる必要がある。(編集NA)

「人民網日本語版」2013年6月27日

http://j.people.com.cn/94474/8302409.html


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。