スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市民には馴染みのメロディを「変な音楽」とはねえ!

橋下市長、島倉千代子さんの曲を「変な音楽」とかみつく 庁内放送使用中止 ごみ収集車のメロディーでも活用 
産経新聞 2013.1.24 11:22 (2/3ページ)

a 歌手の島倉千代子さんの曲などが庁内放送から消えた大阪市役所

 大阪市役所で半世紀近く、昼休みの合図として庁内放送で流れていた歌手の島倉千代子さんの曲などが、チャイムや職員の意識改革を促すスローガンに切り替えられた。ごみ収集車のメロディーとしても使われている曲で、大阪市民にとってもおなじみの曲だったが、橋下徹市長が「変な音楽」とかみつき、庁内放送から姿を消す事態に。新たな放送は女性職員が「前例にとらわれることなく、これまで実施してきた方法を見直す」といったスローガンを唱える形に変更されている。

大御所が無償48年間…

 橋下市長から「変な音楽」と指摘されたのは、昭和39年に発売された島倉さんの「小鳥が来る街」など。市によると、「小鳥が~」は市緑化100年運動の開始を記念して制作された曲だという。

 当時、島倉さんは美空ひばりさんと並び称される人気歌手。レコード会社の申し入れで、無償協力してくれたという経緯もあり、その後、約48年間、大阪市北区中之島の市役所本庁舎で、昼休み開始を告げる合図として使用されてきた。

大阪市民なら体が動く“脊髄反射”曲

 一方、ごみ収集をめぐって昭和41年、市民から「知らない間に収集車が行ってしまった」という不満が相次いだことを受け、「小鳥が~」を普通ごみの収集車が巡回していることを知らせるメロディとしても活用。市民にとっては、むしろ「ごみ収集の音楽」として知られている

 ちなみに、市環境局によると、資源ごみは「赤とんぼ」、容器包装プラスチックの収集時には「草競馬」の音楽を流し、区別して収集車の巡回を知らせているという。

Osaka Rubbish Truck .大阪市ゴミ収集車
http://www.youtube.com/watch?v=6W6_YcSuMno

 庁内放送に使われていたこのメロディを橋下市長が“問題視”する指摘をしたのは昨年12月30日。自らのツイッター上で「(市役所は)サービス業であることの意識を来年から徹底していきます」と宣言した上で、「今、大阪市役所は、お昼になると変な音楽が庁舎内に流れます。それを止めて、来年から組織のスローガンを流していきます」と書き込んでいた。

 橋下市長は、この曲が、島倉さんが大阪市に無償協力してつくられた曲だった経緯などは、知らなかった様子。島倉さんの曲を「変な曲」と批判してしまったことに後から気付いたようで、その後の定例会見では、「『変な』は撤回します」と陳謝した。


 ただ、市長の指示を受けた、市の担当者は即座に庁内放送改革に着手し、今月21日からは新たな放送がスタート。午前9時の始業時と午後1時に45秒間、女性職員の声で「市民サービスの向上のために、前例にとらわれることなく、これまで実施してきた方法を見直す」「職員ひとりひとりが『何をすべきか、何ができるか』自分自身で考えて行動する」といったスローガンが読み上げられる形式に変更された。

 職員のなかには、好意的に受け止める職員がいる一方、「そんな当たり前に心掛けているようなことを今更言われてもね…」と冷ややかな声も聞かれた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130124/lcl13012411490000-n1.htm

.『小鳥の来る街』 歌:島倉千代子 .
http://www.youtube.com/watch?v=s0aMCUyn_38

大阪市のゴミ収集車の音楽を叩いてみた .
http://www.youtube.com/watch?v=QoG0gJ0jo4E
------------------------------------------------------------------

愛されていなかったシャープ 下請け業者から恨み節続出
ジャーナリスト 山口義正
産経新聞 2013.1.23 09:19 (1/3ページ)

:::::シャープ 

 堅調な株式相場の陰で積み残したまま、棚ざらしになっている問題がある。

 このところ信用調査会社が相次いでシャープやパナソニックといった大手電機メーカーの取引先について調査リポートを発表している。業種別、あるいは地域別に取引業者がどのような分布になっていて、その従業員数がどれほどに膨らむか、そしてリストラが本格化するとどのような影響が広がるのかといった内容だ。こうしたリポートには書かれていないが、実は数字にならなかった調査結果があるという。シャープの下請け調査だ。

 シャープの下請け業者は、よほど部品を安く買いたたかれたり、無理な納期を強いられたりしたようだ。その恨み骨髄で、聞き取り調査に対して「商売だから付き合ってきたが、(経営危機に陥った今)積極的に取引したいとは思わない」「正直言って、ザマミロ」といった、下請け業者の声にならない声が方々で噴出した。調査会社によると「こうした声は驚くほど多かった」。早い話が、愛されていないのである。

 中にはシャープからすでに離れていった下請けもあると聞くから、首尾よく資本を調達できても再建は困難を伴うだろう。

シャープがインドネシアで発売した90型の液晶テレビ「アクオス」

 愛されていない以上、取引先が率先して増資の引き受けに回るはずもない。増資交渉も海外勢頼みにならざるを得ず、本格的な資本提携はまとまる様子がない。産業革新機構を中心にトヨタ自動車なども加わり、官民挙げての支援が決まったルネサスエレクトロニクスとは対照的な展開を余儀なくされている。

 「自動車に欠かせないカスタムICを供給しているルネサスと、テレビなど他社でも作れる最終製品を手掛けているシャープとは違う」という理屈はわかる。しかしこうした芳しくない評判が下請け業者に限らず、金融機関の間からも漏れてくるのはどうしたことか。

 かつて、シャープを含めて大手電機メーカーから、証券会社の事業法人担当者は無理難題を吹っ掛けられ、泣かされることも少なくなかった。率先して「増資の段取りを致しましょう」という金融機関が出てこないのは、事業の展望が開けないことが大きな要因なのだろうが、本格的な再建が遅々として進まないのは困ったときの味方を作らずに目先の利益を最優先したツケが回ってきているからではないか。

 部品を安く調達したり、資金繰りや在庫を徹底的に管理したりするのは、経済合理性を突き詰めるうえで重要だ。しかし利益や成長を追い求めた結果、いざというときに誰も助け舟を出してくれないどころか、敵に回りかねない経済合理性とは何だろうか。クビを切った社員が中国企業や韓国企業にさらわれて技術がダダ漏れになり、自らの首を絞めてしまうのと通じている。シャープに限った話ではない。(フジサンケイビジネスアイ)

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130123/biz13012309220007-n1.htm

■■■■■■■ pien80a.gif■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こちらの美しい女性を知っていますか?
http://maifan.biz/profile.html

こちらの女性は、
双子の母親であり、事業家でもある、
”蝶乃舞”さんという方です。

蝶乃舞さんは大学卒業後、
人気講師として、
テレビ、ラジオ、雑誌の取材を受けたり
して活躍していたそうです。

その後、双子育児中に会社を設立して、
インターネットを使い、自宅に居ながら
初年度の売り上げが2億円だそうです。

凄いですよね~

初年度だけでなく、
その後もずっと”億”を稼ぎ続けて
いるのですから驚きです。

そんな蝶乃舞さんが、今
同じくネット業界で大成功を収めている
与沢翼さんと手を取り合い
ネットビジネスのノウハウを教える
講座を開催しています。
http://123direct.info/tracking/af/564742/6ws5Pv4A/

ネットビジネスでの稼ぎ方の
真髄を知っている2人が、
わかりやすく動画とメールで講義して
くれています。

・これから始めようと思っていた方。

・始めたばかりで迷っていた方。

・始めていたけれど、思うように
結果が出ていなかった方。

・ある程度稼いでいるけど、
伸び悩んでいる方。

こんな方達にお勧めです。
http://123direct.info/tracking/af/564742/6ws5Pv4A/

この機会に、ネットビジネスの基礎を学び
稼ぐための本質を勉強してみて下さい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。