スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国にまで言い掛かりをつけて正当化!喧嘩ごしは民族性。

米長官「中国の挑発に反対」=2月17日の週に首脳会談-安保協力を拡大・日米外相
時事通信(2013/01/19-10:00)

a 会談後、記者会見する岸田文雄外相(左)とクリントン米国務長官

 【ワシントン時事】訪米中の岸田文雄外相は18日午後(日本時間19日未明)、ワシントンの国務省でクリントン国務長官と会談した。両氏は安倍晋三首相が2月17日からの週に訪米し、オバマ大統領と初の首脳会談を行う日程で合意。クリントン長官は、中国が沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張して繰り返す挑発行為に対し「日本の施政権を害そうとするいかなる一方的な行為にも反対する」とこれまでより踏み込んだ表現でけん制した。

 岸田外相は会談で、尖閣問題に関するクリントン長官の発言を評価。「尖閣はわが国固有の領土であるとの基本的な立場は譲歩しないが、中国側を挑発せず、冷静に対応する」と表明した。

 クリントン長官は、尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象との立場も重ねて伝えた。中国による日本の領海・領空侵犯が続いている現状を踏まえ、日中間の不測の事態を抑止する狙いだ。

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題については、クリントン長官が「具体的に物事を動かすことが重要だ」と、同県名護市辺野古に移設する日米合意の早期履行を要請。岸田外相は地元との信頼関係再構築を図りながら進める考えを示した。 

 両外相はまた、自衛隊と米軍の協力を拡大する方針で一致。岸田外相は、防衛予算の拡充など自助努力による防衛力強化を重視する安倍政権の基本姿勢を説明した。

 岸田外相は国際結婚が破綻した場合の親権争いの解決ルールを定めたハーグ条約について、今月28日召集の通常国会で条約承認案と関連法案の成立を図る考えを伝えた。

 第2次安倍内閣発足後、日米外相会談は初めて。岸田外相はこの後、ドニロン大統領補佐官(国家安全保障担当)とも会談した。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013011900059&p=0130119at06&rel=pv


2月に日米首脳会談、日米外相が合意 .
http://www.youtube.com/watch?v=Vpse7QHx8-4
------------------------------------------------------------------

中国、米長官に「強烈な不満」 尖閣諸島の施政権発言
朝日新聞デジタル 1月20日(日)20時48分配信

a 米国務長官発言に「強烈な不満」...

 【北京=林望】日米外相会談でクリントン米国務長官が尖閣諸島(中国名・釣魚島)の「日本の施政権を損なおうとする行為」に「反対」を表明し、中国の動きを牽制(けんせい)したことに対し、中国外務省の秦剛報道局長は20日の談話で、「(長官の発言は)物事の是非をわきまえていない」と強く反発した。

 談話は「強烈な不満と断固たる反対」を表明し、米国は「言動を慎むべきだ」とも批判した。また、尖閣諸島を巡る緊張は「日本が挑発行為をエスカレートさせているのが原因だ」とし、米国が沖縄返還の際に尖閣諸島の領有権問題をあいまいにしたことなどを念頭に「米国も逃れられない歴史的責任を負っている」とした。

 中国国営メディアは19日、長官が尖閣諸島の領有権については従来通り「特定の立場を取らない」とした点を強調し、政府も反応を控えていた。ただ、ネット上では米国への反発が広がり、20日付の新聞各紙も長官の発言が日本寄りだったことを伝えていた。
.朝日新聞社

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130120-00000030-asahi-int
------------------------------------------------------------------

中国「新華網」の高慢な記事内容。地球を上から見て、アメリカに忠告するあたりは、仏の座まで奪い取ったつもりなのか?誰が見ても、積極的に挑発しているのは、中国ではないか?

中国は何も恐れない―中日領土問題での米の立場表明に中国が反発
2013年01月22日

◇尖閣諸島』 ceca87e62c69ea8f6c557c1edde5777b

【新華網】 中米関係がどの方向に進んでいくかは、中国が良いといえばいいものではない。もらったものは返さなければならない。米国は中国が発するこの警告に含まれる意味を十分に理解すべきだ。

■紙で火は包めない

 釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)問題において、米国は事実に反し、是非をわきまえず、誤った道への歩みを一歩進めた。これは予想外ではない。日本の冒険的な挑発で、釣魚島問題がさらに緊迫化していることを背景に、中国は米国に対し、アジア太平洋地域の平和・安定に重きを置き、言行を慎むよう常に警告してきた。

これは中国が米国に対し現実離れた空想を抱いているわけではなく、中国が現実に直面する勇気がないわけでもない。事態悪化に対する準備を整え、最もよい結果を目指して努力することが、中国の戦略である。

ここ数カ月、持続的に緊迫化する釣魚島情勢に対し、米国側は終始一貫して、釣魚島の最終的な主権帰属についての立場を表明せず、釣魚島が日本の行政管轄下にあることを認めてきた。だが今は、日本の管轄体制を壊そうとする一方的な行動に反対するとの声明を出した。

 米国の姿勢を変えさせたのは何か。いわゆる一方的な行動とは何を示すのだろうか。米国はどのような反対措置をとるのか。米国は情勢緊迫化の責任を中国に転嫁するばかりで、これらの問題の根源に付いて答える勇気があるのだろうか。こうした自己矛盾した発表は、局面をかく乱するものとなり、問題の解決に全くプラスにならない


中国はこれまで悶着を起こしてきていないが、何も恐れていない。これを米国は知っているはずだ。中国との付き合いは最近からではない。

中米関係は、今の世界で最も重要で最も複雑な2国間関係の一つだ。これは中米両国とも認めている。このような重要で複雑な両国関係について、米国は十分な慎重さを見せなければならない。話したいことはよく考えた上で話すべきだ。一時的な痛快さを求めて気ままに事を進めれば、米国の大国の地位に見合わず、米国の戦略的利益も損ない、アジア太平洋地域ひいては世界情勢の安定に対しても責任を負えない。

新しい情勢下、中米両国は、現実に直面し、プラスのエネルギーを積み重ね、相互尊重、互恵・共勝ちのパートナーシップを結び、新しい大国関係の構築に向けた新しい局面を切り開くべきだ。これは、中国の中米関係における原則的な立場だ。

いかなる事にも最低ラインがある。領土主権に関する問題では中国は誰に対しても譲ることができず、融通を利かす余地もない。釣魚島問題が中国に対してどんな意味をもつかは、米国側がよく知っているはずで、よく知らなければならない。米国が新しい責任を負い、日本に連行されて、一時的な衝動だけで中米関係の大局をかく乱することをしないよう忠告したい。


(編集翻訳 伊藤亜美)
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economic_exchange/330774/
------------------------------------------------------------------

中国政府がそうであるように中国人民も喧嘩好きでも不思議ではない。

なぜカッとなる?地下鉄、飛行機…所構わず 喧嘩絶えない中国人!
2013年01月22日

a 所構わず 喧嘩絶えない中国人!

【新華網】 中国の地下鉄でこのほど、乗客同士が殴り合う騒ぎがまたまた起きた。北京の地下鉄に乗車した乗客4人が混雑した車内で、押した押されたなどといった小競り合いがきっかけとなり、殴り合いの喧嘩に発展。喧嘩は北京駅から朝陽門駅までの間続き、途中、停車駅で車外に出る一幕もあった。制止されなければ殺人事件に発展するほどの衝突だった。

小さな揉め事がきっかけの路線バスや地下鉄、切符売り場などでの喧嘩は中国では日常茶飯事。国際便の航空機の中でさえ人目をはばからず喧嘩をする。「文明的で礼儀正しい」信条を持ち続けているはずの中国人はなぜこれほどにもカッとなってしまうのか。

これは近年のネット暴力の社会への影響が一因だ。「官僚や金持ちへの嫉妬・憎悪」という心理からの根も葉もない中傷や、プライバシーの侵害行為など、ネット上の一部掲示板はうっぷんを晴らす場となっている。バーチャルの世界での意見の相違から来る売り言葉に買い言葉による炎上は、現実の世界での殴り合いを助長するようになった。

凶暴性はよこしまな風潮であり、大衆を感染させるウィルスだ。周囲の同情心を失わせ、他人の悩みと苦しみに無関心な態度をとらせ、ひいては他人の不幸を望み、人々を利己的、残忍、極端に走らせる。分かりやすくいうと、尊重や思いやり、同情などが「プラスのエネルギー」であるといえば、凶暴性は人間関係を傷付け、社会の調和を破壊する「マイナスのエネルギー」だ。

このような凶暴性には、誰もが怖気づくが、是正する勇気はない。モラル失墜の根源には社会の不公平がある。貧富格差の拡大や官僚の汚職、権力乱用などがはびこる中では、人々は自分を他人と比較する際、自分を弱者だと思うようになりがちだ。凶暴性を払しょくするには、凶暴性が生まれる土壌をなくし、暗黙のルールの下で、誰もが弱者という心理を和らげ、特に法治を強化し、法という武器で弱者層の利益を守り、社会の公平を実現しなければならない。

(編集翻訳 伊藤亜美)
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/330620/
-------------------------------------------------------------------

韓国に対日共闘呼び掛け 歴史問題で中国外務次官
2013.1.11 15:30 [韓国]

◇中国、対日共闘を韓国に呼び掛け

 中国政府特使として韓国を訪問中の張志軍外務次官は11日、ソウル市内での韓国報道各社代表らとの朝食会で、日本との間で中韓両国が抱える歴史問題について「韓国と中国がはっきりとした態度を取らねばならない」と述べ、韓国に「共闘」を呼び掛けた。聯合ニュースが報じた。

 張氏は「日本が歴史を否定し続け歴史問題を正しく認識しなければ、経済がいくら発展しても道義的に(堂々と)立つことができない」と指摘。「日本が歴史問題でどのような選択をするかが、この地域の平和と安定に影響を与える」と述べ、日本に前向きな対応を求めた。

 一方、日中韓3カ国の自由貿易協定(FTA)については「同じ船に乗り川を渡る精神を発揮して(経済的)困難を共に克服したい」と推進する意向を強調した。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130111/chn13011115310003-n1.htm
------------------------------------------------------------------

訪韓中国特使「日本、危険な道に進めば韓日中協力に大きな傷」
2013年01月11日14時25分
[ⓒ 中央日報日本語版

中国政府の特使として韓国を訪問中の張志軍外務次官が11日午前、韓国各界代表との朝食会で、「日本が危険な道に進めば、中韓日の協力に大きな傷をもたらす可能性がある」とし「日本は平和発展の道に進まなければならない」と明らかにした。

11日の韓国国内の報道によると、張次官は日本の右傾化についてこのように述べ、「日本が歴史問題でどんな選択をするかが、日本自国の発展およびこの地域の平和・安定の発展にも影響を及ぼす」と指摘した。

また韓日中自由貿易協定(FTA)に関し、「私たちが同じ船に乗って川を渡る精神を発揮し、難題を一緒に克服できればいい」と推進の意思を改めて強調した。 .

http://japanese.joins.com/article/509/166509.html?servcode=A00§code=A00
------------------------------------------------------------------

日米中で民間安保対話=「尖閣」で激しい応酬-香港
時事通信(2013/01/20-20:50)

 【香港時事】日米中の民間安全保障対話が20日、香港で行われ、各国政府・軍の元高官や専門家らが出席した。昨年9月に日本政府が尖閣諸島を国有化して日中関係が悪化してから、この種の対話は初めて。対話では尖閣問題をめぐり日中間で激しい応酬があった。

 日本からは浜田卓二郎元外務政務次官が参加し、第2次安倍内閣で内閣官房参与に起用された谷内正太郎元外務事務次官の講演を代読。谷内氏は尖閣問題について「中国は1971年まで領有権を主張していなかったのに、今や力ずくで主張している」と批判した。

 これに対し、元中国国防大学戦略研究所長の潘振強退役少将は「アジアの人民は谷内氏のような歴史観を見たくも聞きたくもない。黒を白と言いくるめるものだ」と強く反発した。

 一方、日中両国の政治・社会研究で知られる米国のエズラ・ボーゲル氏は「日本がいかにして軍国主義を完全に放棄したかを中国人は知らない」と指摘。中国側は日本がこれまで中国に経済援助をしたことや歴史問題で謝罪したことを認識して、日本と冷静に接するべきだ」と主張した。 

 対話は香港の中国系団体「中華エネルギー基金委員会」が主催。米太平洋軍と中央軍の司令官を歴任したファロン退役大将や元自衛隊幹部も出席した。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&rel=j7&k=2013012000226
-------------------------------------------------------------------

尖閣どころか沖縄領有まで狙う中国 メディア総動員で「日本が盗んだ」
2012/11/30 23:57更新

 沖縄県・尖閣諸島を連日、脅かす中国公船。習近平体制がスタートしても圧力は一切収まらないが、尖閣だけに目を奪われていると足下をすくわれかねない。危険な大国はすでに別のターゲットも定め、深く静かに行動を起こしている。「沖縄は中国のもの」-。メディアを総動員して国民を教育、尖閣はおろか沖縄本土までねらっているというのだ。

 東京・池袋。JR池袋駅北口を出ると、中国語が書かれた無数の看板が目に飛び込んでくる。中国人が経営する飲食店や雑貨店が集まる都内有数の中華街だ。その一角に在日中国人向けの書店がある。

 「『尖閣本』は、今一番の売れ筋ですよ」
 中国出身の店主は、たどたどしい日本語でこう話す。

 ヒットしているのは『釣魚島是中国的』で、訳すと「魚釣島は中国のもの」。尖閣の領有権を主張する中国政府の言い分を中・英・日本語でまとめたものだ。

 同書をはじめ、新刊コーナーには中国領であることを前提とした尖閣の地図など、中国製書籍が所狭しと並ぶ。先の店主は「日本が尖閣を国有化した9月以降ハイペースで出されている」と説明する。

 中国の出版事情に詳しい早稲田大・現代中国研究所の鄭成主任研究員は「1990年代以前は、国営ばかりでしたが、最近は民間の出版社も作られ規制が緩くなってきた。しかし、いまだにほとんどすべての著作物に政府の検閲が行われる。出版物の内容も政府の意向が働くケースがある」。政府の意向が反映されていない書籍は皆無なのが現実という。

 驚かされるのは「尖閣本」の横に、沖縄領有権の正当性を訴える『琉球是中国的』と題した書籍も並んでいることだ。同著はノーベル賞候補にもなった中国人作家、鄭義氏のもので、琉球王朝が清国と朝貢関係にあったことなどを指摘し、中国と沖縄の歴史的な関係を紹介。地元住民による在沖米軍基地の反対運動を取り上げ、「琉球群島の人民の反日反米感情が高まっている」「(沖縄県民が)中華の大家族に帰りたがっている」など、仰天する見解を綴っている。

 沖縄の領有権を主張する書籍は複数出版され、先の店主は「実際にそう考えている中国人は多い」と証言する。


 こうした認識が浸透するのは、もちろん、中国共産党の戦略の“成果”といえる。

 『胡錦濤・中国の新覇権戦略』(KKベストセラーズ)の著書で知られるジャーナリストの宮崎正弘氏は「共産党の情報戦略の一環で、世論を形成して実効支配にまで持ち込む。チベットやウイグル侵攻の際も使った手法で、他国の領土を侵略する際の常套手段。沖縄に権益を広げたい中国共産党がメディアを使って、国民の間に『沖縄=中国』という意識を植え付けている」と警告する。

 宮崎氏によれば、人民解放軍は、世論誘導やメディア操作などの手法を研究した『超限戦』という軍事専門書をテキストとして使用。軍部内には、実際に情報戦の専門部署もある。

 「官製の反日デモが起こるたびに『回収琉球(琉球を取り戻せ)』と書かれたプラカードが大量に出回る。『日本が中国から沖縄を盗んだ』という考えを国民に浸透させる意図がある。ある日突然、中国政府が公然と沖縄の領有権を主張してもおかしくない」(宮崎氏)


 “洗脳”を駆使して沖縄本土まで狙う中国。情報戦への備えが急務だ。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/610996/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■pien80a.gif■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こちらの美しい女性を知っていますか?
http://maifan.biz/profile.html

こちらの女性は、
双子の母親であり、事業家でもある、
”蝶乃舞”さんという方です。

蝶乃舞さんは大学卒業後、
人気講師として、
テレビ、ラジオ、雑誌の取材を受けたり
して活躍していたそうです。

その後、双子育児中に会社を設立して、
インターネットを使い、自宅に居ながら
初年度の売り上げが2億円だそうです。

凄いですよね~

初年度だけでなく、
その後もずっと”億”を稼ぎ続けて
いるのですから驚きです。

そんな蝶乃舞さんが、今
同じくネット業界で大成功を収めている
与沢翼さんと手を取り合い
ネットビジネスのノウハウを教える
講座を開催しています。
http://123direct.info/tracking/af/564742/6ws5Pv4A/

ネットビジネスでの稼ぎ方の
真髄を知っている2人が、
わかりやすく動画とメールで講義して
くれています。

・これから始めようと思っていた方。

・始めたばかりで迷っていた方。

・始めていたけれど、思うように
結果が出ていなかった方。

・ある程度稼いでいるけど、
伸び悩んでいる方。

こんな方達にお勧めです。
http://123direct.info/tracking/af/564742/6ws5Pv4A/

この機会に、ネットビジネスの基礎を学び
稼ぐための本質を勉強してみて下さい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。