スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな事でも訴訟のネタにする米国人の感覚!

◇◇◇アメリカ トモダチ作戦のコピー

トモダチ作戦の米兵8人東電提訴…情報なく被曝

 【ロサンゼルス支局】米ブルームバーグ・ニュースは27日、東日本大震災の被災地支援活動「トモダチ作戦」で三陸沖に派遣された米空母ロナルド・レーガンの乗組員8人が、東京電力福島第一原発の事故に関する正確な情報を得られずに被曝(ひばく)したとして、東電に総額1億1000万ドル(約94億円)の損害賠償などを求める訴えを米連邦地裁に起こしたと報じた。

 乗組員らは、福島第一原発の放射能漏れは危険ではないとの誤った印象を東電などが作り上げたせいで、原発に近い海域で放射能にさらされたと主張。損害賠償に加え、乗組員の治療費などを拠出する1億ドルの基金設立を求めている。

(2012年12月28日09時04分 読売新聞)
記事元:
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121228-OYT1T00206.htm
------------------------------------------------------

トモダチ作戦参加の米軍兵士ら8人、被ばくしたとして東電を提訴
(12/12/28) .動画
http://www.youtube.com/watch?v=QkLyG6v6u1w&feature=youtube_gdata
------------------------------------------------------

米空母乗組員、“被曝”で東電訴える
TBS 12月28日(金)11:24

 東日本大震災のあと「トモダチ作戦」に参加したアメリカ軍の空母の乗組員らが、「原発事故によって被曝し、がんのリスクが高まった」などとして東京電力に対し、総額189億円にのぼる損害賠償などを求める訴えを起こしました。

 原告となっているのは原子力空母「ロナルド・レーガン」の乗組員8人と、当時お腹の中にいた子どもの合わせて9人です。乗組員らは「トモダチ作戦」で東北沖に派遣され、支援活動のヘリコプターなどが発着する甲板で作業をしていました。

 今月21日にカリフォルニア州サンディエゴの連邦地裁に提出された訴状によりますと、東京電力が、原発事故による放射性物質の危険性などについて誤った情報をアメリカ政府に伝えたため被曝し、ガンのリスクが高まったなどとして、1人当たり1000万ドルの損害賠償に加え、再発防止のための懲罰的賠償3000万ドルを求めています。

 さらに将来の医療費などのため1億ドルの基金の創設を求めていて、あわせると2億2000万ドル、日本円にして189億円に上ります。これについて東京電力は「訴状を見ていないのでコメントできない」としています。(28日11:24)

記事元:
http://www.mbs.jp/news/jnn_5218949_zen.shtml
------------------------------------------------------

米兵から被曝賠償を訴えられた東電とその衝撃  

天木 直人 | 外交評論家
2012年12月28日 12時57分

 きょう12月28日のニュースの中で断然注目すべきはこのニュースだ。すなわち「トモダチ作戦」に派遣された米原子力空母「ロナルド・レーガン」の乗組員8名が東京電力を相手に94億円の損害賠償訴訟をカリフォルニア州サンディエゴの連邦地裁に起こしたというニュースだ。

 福島原発事故の影響が正確に伝えられなかったため被曝して健康被害を受けたからだという。さすがに訴訟国の米国だ。どんな事でも訴訟のネタにする米国人の感覚に私は違和感を覚える。

 時として法外な賠償を命じる米国の判決には疑問を抱く。そして訴訟と言えば日本企業がカモにされる事をトヨタや三菱などの過去の例で我々は知っている。それに東電を訴えるのであれば同時に「トモダチ作戦」を命じた在日米海軍司令をも訴えなければ片手落ちだろう。彼らは被曝線量をつかんでいたに違いないからだ。しかも原子力空母の乗組員だ。原子力空母は大丈夫なのかという皮肉の一つも言ってみたくなる。

 しかし今度の訴訟だけは私はそれを歓迎する。そして米連邦地裁が東電に賠償を命じる判決を下す事を期待する。

 トモダチ作戦ぐらいで被曝するというのなら福島住民の被曝はどうなんだ。比べ物にならない程大きいだろう。8人で94億円の賠償が認められるなら福島住民も一人あたり10億円以上貰わなければ米兵との間で不公平になる。そうなのだ。

 この訴訟は日本で行なわれている東電に対する被曝訴訟に大きな影響を与えざるを得ない。この訴訟が認められれば今度こそ東電は潰れる。司法の独立と言ってもこれは極めて政治的な訴訟だ。

 もし米国政府が東電に賠償命令を下す判決を容認するならば日本の反米感情は高まるだろう。もし安倍新政権が東電が潰れる事を黙認するのなら、その時こそ日本国民は思い知るだろう。国粋主義の安倍新政権でさえも米国に何も言えないのだと。

 この訴訟の行方は日米関係に大きな影響を与える。安倍新政権もまた対米従属政権にしか過ぎないのか。その事が分かる。この訴訟の行方から目が離せない(了)。

記事元:
http://bylines.news.yahoo.co.jp/amakinaoto/20121228-00022867/
------------------------------------------------------


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。