スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野中さん、中国メディアに何んちゅうこと言うねん!

<尖閣問題>「日本は軍事的準備を整えた」との見方に「話し合いで解決を」―中国外交部
Record China 9月20日(木)17時32分配信

::::::尖閣 ミサイル img_1285263_38466727_0

2012年9月19日、尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題をめぐり、中国で「日本が軍事的な準備を整えた」との見方が広がっていることを受け、中国外交部の洪磊(ホン・レイ)報道官は定例記者会見で「日本政府は中国側の厳正な要求と中国人民の正義の叫び声を正視すべきだ」との見解を示した。20日付で新京報が伝えた

中国の漁業監視船や大量の中国漁船が尖閣諸島海域に進入した場合を想定し、日本側が「軍事的な準備」をすでに整えたとの見方が中国で広がっているほか、中国の軍関係者も「中国側は一歩進んだ措置をとる権利を留保している」と述べている。

これに対し、洪報道官は「釣魚島および付属島しょ(尖閣諸島)は古来、中国固有の領土。中国の管轄海域であり、中国漁民の伝統漁場でもある。中国の漁業監視船や漁船が進入するのは正当で合理的な行為。われわれは一貫して日本側に対し、中国側の厳正な要求と中国人民の正義の叫び声を正視し、話し合いで解決するという軌道に戻すべきだと促している」と述べた。

また、中国政府は反日デモに対する明確な禁止令を出すのかどうか、という質問には「昨今の反日デモは完全に日本側が釣魚島(尖閣諸島)の『購入』を宣言したことによるもの。中国政府は公民に対し、憲法と法律が許す範囲内で、冷静かつ理性的に、法にのっとり秩序正しく申し立てをするよう要求する」と答えた。(翻訳・編集/NN)

記事元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120920-00000020-rcdc-cn

                    ◇

・夲シ夲シ夲シ夲シ夲シ壽姶蜉帛峙縲€img_1285263_38464724_0_convert_20121205005347

-------------------------------------------------------------------

尖閣帰属、日本の主張に説得力=米CIAの71年報告
時事通信 9月23日(日)2時35分配信

 【ワシントン時事】米中央情報局(CIA)が1971年、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)について、固有の領土だとする日本の立場は、日本だけでなく中国や中華民国(台湾)で公刊されている地図の表記によっても強く裏付けられているとする報告書をまとめていたことが22日、分かった。報告書は「日本の主張には説得力があり、(尖閣の)所有権の根拠を示す責任は中国側にあるとみられる」と結んでいる。

 CIAはまた、同時に作成した覚書で、尖閣周辺海域の埋蔵石油という「釣り餌」がなければ、日本、中国、台湾の間の領有権論争は決して起こらなかっただろうと指摘。領有権を主張する台湾と中国国内の声は、68年以降に資源が眠っている可能性が判明してにわかに高まったとの見方を示した。

 報告書と覚書は71年5月作成。米ジョージ・ワシントン大学国家安全保障アーカイブ(NSA)が公開した、機密指定を解除された文書の中にあった。米国の公式の立場を示すものではないが、米政府内で中国側の主張の正当性に疑義を呈する見方が根強かったことを浮き彫りにしている。

 報告書は尖閣に関し、66年に中国で文化大革命の担い手である紅衛兵向けに刊行された地図帳掲載の地図では、中国の国境外に位置しており、「琉球(沖縄)、従って日本に属することを示している」などと指摘。台湾でも「尖閣海域が中国側の境界内にあると表示する地図はなかった」とした。また、ソ連や無作為に抽出した欧州などの地図にも、尖閣が中国側に属するとの表記はないとしている。 

記事元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120923-00000010-jij-int
-------------------------------------------------------------------

<尖閣問題>在日中国人は安全です!「日本人は逆に気を使ってくれる…」―中国メディア
Record China 9月22日(土)8時29分配信

2012年9月21日、尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化をめぐり反日感情が高まる中国では日本人が殴られる事件も起きているが、日本で生活したり観光に訪れたりする中国人たちは安全な日々を送っている、と中国メディア・国際在線が伝えている。

国際在線の記者が東京で数人の在日中国人に取材を行ったところ、返ってきた答えはいずれも「危ない目にあったことは1度もない」というもの。早稲田大学大学院に通う魏(ウェイ)さんは「日本人は普段と変わらない。政治や外交にあまり関心がないせいもあるかも。ただ、ニュースや新聞では大々的に報じられているので緊迫した雰囲気は伝わってくる」と話す。

同級生の鄒さんは「中国の家族や友人からチャットで『大丈夫?』『安全に気を付けて』と言われてもピンとこなかった。だが、昨日渋谷で右翼が演説している様子を見て、少し怖くなった。これからは大声で中国語を話すのを止めようと思う」と語っている。

池袋で中国料理店を経営する馬(マー)さんは「お客さんのほとんどが日本人」というが、常連客が遠のく気配はないという。「わざと話題に出さない感じ。気を使ってくれているのが分かる」と話す。

訪日中国人観光客を扱う旅行会社を経営する王(ワン)さんは数日前、ツアー団を引き連れて大阪城を観光した。「たくさんの人に『中国人?』と聞かれたが、みな親切だった。誰1人として『中国人は帰れ!』などと言わなかった。それどころか、『早く日中関係が良くなればいいね』と言ってくれた」と振り返る。

だが、王さんの会社でも訪日旅行の予約キャンセルが相次いでいる。「10月の国慶節連休は予約がいっぱいだったが、あっという間にゼロに。中国人ガイドたちも国に帰ってしまった。あと3カ月、いや半年はこの状態が続くかもしれない」と肩を落としている。(翻訳・編集/NN)

記事元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120922-00000004-rcdc-cn
-------------------------------------------------------------------

「反日、常識通じない」邦人消えた日本料理店街
読売新聞 9月23日(日)8時57分配信

【蘇州(中国江蘇省)=関泰晴】反日デモが暴徒化し、多くの被害が出た江蘇省蘇州では22日、暴動の発生から1週間が過ぎ、日系スーパーや一部の日本料理店が営業を再開した。

 市街地は平静を取り戻しつつあるが、反日デモの再発を懸念する声も出ている。

 「日本人を襲撃しようと狙う中国人が出没しているようだ。日本料理店が集中する場所に行かないように指示を出した」

 日系企業500社以上が集まる蘇州高新区で22日、日本人駐在員が打ち明けた。立ち入りを禁じる現場となっているのは、飲食店など計50店余が並ぶ蘇州高新区の「商業街」。15日の暴動以降、日本人の姿は消えた。

 目立つのは、入り口周辺にベニヤ板を張り巡らせて補修中の店舗。ほとんどが中国国旗や毛沢東の肖像を掲げ、今後も断続的に予測される反日抗議の標的となるのを避けようとしている。

 商業街では若者ら1万人が襲撃に参加したとみられる。日本料理店の日本人経営者は暴徒が店内に乱入したのを見て、即座にトイレに身を隠して難を逃れた。

 蘇州の地元当局者によると、襲撃を受けた日系百貨店では、被害総額が800万元(約1億円)に達する見込み。日系工場の3か所でも製造機器が壊されるなどの被害が出ており、操業の再開に遅れも出ている。

 柳条湖事件(1931年)の発生日にあたる18日には、一部の日系工場で反日デモに便乗し、待遇改善を強硬に求めるストライキも発生。従業員が反日スローガンを叫び、これまで順調だったという労使関係に影響も出ている。

 「蘇州は、進出した日系企業が地元経済を支え、対日感情は比較的良好だった」(日中関係筋)。だが、日系メーカーの駐在員は「これまでの常識は通じず、どこであっても中国では反日感情が暴発する危険がある」と警戒を強めている。
.最終更新:9月23日(日)8時57分

記事元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120923-00000162-yom-int
------------------------------------------------------------------

野中さん、中国メディアに何んちゅうこと言うねん!

 日本人は10の内1つでも悪いことがあれば心から謝る。中国人は10の内9つ悪いことをしても、1つの良いことを強調して謝ることはしない。
中国人は相手に対しては、1つでも9つでも同じことである。

 野中さんは生きている内に中国で謝っておきたかったと言っている。その気持ちは同じ日本人としては判らんでもないが、日本人が中国人に謝れば、悪いと認めたから、反日教育は正しいんだ、南京大虐殺も間違いはないと思うだろう。野中さんの本当の気持ちは中国人には伝わらないだろう。
野中さんは積年の罪を相手に伝えることで解消したと思われるかも知れないが、しかし日本の英霊に対して屈辱を与えた罪は何十倍も背負うことになるだろう。

野中さんのした行為は自分勝手で日本民族に対する貶めにしか過ぎず大罪を背負うことになる。



野中広務氏、中国の尖閣番組で謝罪 「不幸な事件、大変申し訳ない」
J-CASTニュースニュース社会 2012/9/22 13:45

◆野中広務氏、中国の尖閣番組で謝罪

尖閣問題をめぐり日中の緊張が高まる中、元内閣官房長官の野中広務氏(86)が中国の国営テレビ局「中国中央電子台(CCTV)」の取材に応え、「こんな不幸な事件が起きたのは、まったく日本の人間として恥ずかしい。中国の皆さんに大変申し訳ない」と謝罪していたことが明らかになった。

野中氏は自民党幹事長などを歴任、2003年に政界を引退している。インタビューは2012年9月21日、「日本政府の不法な『尖閣購入』による中日関係亀裂 日本の元官房長官が中国にお詫び」との見出しで放映された。

 「歴史を知らない若い人たち、間違ってます」

野中氏はまたインタビューの中で、現在の民主党政権、そしてかつて所属していた自民党に対して、「国のためにどうするか、国民のためにどうするか」という国家観、そして「そのために周辺国とどのように平和を守っていくか」という大局観を欠いていると批判し、「情けない、悲しい思いです」と嘆いた。日本側の歴史認識についても、

 「長い間戦争で多くの犠牲を残し、今なお傷跡が癒えていないその中国に対して、歴史を知らない若い人たちはそういうことを抜きにしてひとつの対等の国としてやっているんです。それは間違っています」と懸念を示した。

「日本政界の元老による理性ある声」と紹介

このインタビュー動画が掲載されているCCTVのウェブサイトでは野中氏を、「内閣官房長官を務めた日本政界の『元老』」と説明し、「日本政府による『尖閣購入』強行で中国関係が悪化し続ける中、日本側にも理性ある声がある」として、その「お詫び」を肯定的に紹介している。動画を見ると、野中氏が日本語で回答している内容を聞き取ることができ、字幕で意図的な意訳をしている、というわけではない。

中国の動画サイト「騰訊視頻」にも番組の動画は投稿されており、22日昼現在で再生数は140万回以上、また3000人以上が動画に「賛意」を表明する。もっともコメント欄には中国人ユーザーのものと見られる、「釣魚島を我々に返して、それから謝罪するのが本当だろう」
「もし中国にもこういうことをする人がいたら、即売国奴扱いかな」
といった冷ややかな反応が目立った。日本のネット上でも、「勝手に何やってんだよww」「媚びてんなー」などと批判の声が多数を占めている

記事元:http://www.j-cast.com/2012/09/22147334.html?p=all


野中広務氏、日本人として中国人へ心から謝罪
http://www.youtube.com/watch?v=FidzXn2-ZSI

中国メディアになんちゅうこと言うねん!野中さんは、感情でモノを言う。野中氏の心情はわからないでもないが、これでは韓国、中国人が言う日本の軍隊の蛮行を認めたことになる。野中氏は一方的に日本人が謝罪し罪を認めれば済むと思っている。では韓国、中国は日本に謝罪することは一切ないのだろうか?戦時中も終戦後も彼らは無抵抗の民間人を襲い略奪、強姦、虐殺の限りを尽くした。野中氏のように、日本人として戦争の責任を一方的に謝れば良いと言うことではないと思う。

 戦争は一方だけが悪いと言うものではない。日本の侵略戦争というが、ひとたび戦争になれば、どちらかが侵略することになる。もし日本が島国のままであったら、日本は欧米列強の植民地になっていたであろう。弱肉強食の覇権主義の時代だから・・・
韓国、中国は欧米の武力による植民地支配に対して侵略とは言わない。ただ日本に対してだけ、侵略戦争と叫んでいる。
ただ勝敗により、被害者と加害者になる。

 大東亜戦争は一方的に日本が悪く、加害者だったのだろうか?
ちょっと角度をかえれば、アメリカ、イギリス、オランダなどの植民地支配国の権益を守るための戦争で、日本が目の上のたんこぶの存在であったことから、無理難題を仕掛けて戦争に引っ張り出されたのが真相だろう。それを野中氏のように日本人として一方的に謝ることはない。
戦争とは悲惨がつきもの、中国だけではなく日本人も多くの犠牲を払って、結果は欧米諸国の植民地支配からアジアを開放したことである。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。