スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まもなく「日本は中国の自治区に成る」

◆中国軍兵士 img_1498310_61807236_0のコピー

日本は中国に屈服するカウントダウンは始まっている !

今、中国の防衛大臣であれば日本侵略が成功するという確信を持っている。「日中友好」と金儲けだけの「利権屋政治家」が、中国の侵略を助ける!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012年3月23日 以下ブログか転載
http://blogs.yahoo.co.jp/tamarin3580/archive/2012/3/23 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「日本解放 第二期工作要綱」 による 日本侵略計画とは・・・

この要綱は、大きく3部 「A 基本戦略・任務・手段」 「B 工作主点の行動要領」 「C 統括事項」に分かれ、そのすべてを貫く基本戦略は以下のとおりである。

■基本戦略

日本が現在保有している国力の全てを、我が党の支配下に置き、我が党の世界解放戦に奉仕せしめることにある。
この意味は…、
日本が現在もっている国力 (=技術力・経済力・軍事 を含むすべての国力) を中国共産党が支配し、中国の世界制覇計画に使わせる、という内容である。

⇒これはつまり、日本人が祖父母・父母の代より苦労して成し遂げた今の繁栄を、中国共産党のために捧げよ、という内容。子ども手当とか、外国人住民基本法(外国人に日本人と同じ年金をあげようという法案) など、まさに当てはまります。
中国は日本のすべての財産を支配下に置くことを計画している

日本侵略計画は全部で3段階
■解放工作組の任務
要綱では、日本の平和解放(=共産国家化)は、下の3段階を経て達成する、としている。

●第一工期の目標  
我が国との国交正常化   

●第二工期の目標  
民主連合政府の形成    

●最終工期
日本人民共和国の樹立・天皇を戦犯の首魁(=頭領)として処刑   

笳・クュ蝗ス縺ョ驥取悍縲€img_1498310_61807236_3縺ョ繧ウ繝斐・_convert_20121113141032

<中国人が見た日本>尖閣問題、
日本が中国に屈服するカウントダウンは始まっている

Record China 3月22日(木)7時21分配信

19日、香港の政治学者・林泉忠氏は「尖閣諸島をめぐる対立、日本が屈服するカウントダウンは始まっている」と題して、日中の国力逆転に従い、日本の屈服が近づいていると論じた。写真は12年3月、東シナ海を空から巡視する中国国家海洋局中国海洋監督総隊。

2012年3月19日、香港の政治学者・林泉忠(りん・せんちゅう)氏は「尖閣諸島をめぐる対立、日本が屈服するカウントダウンは始まっている」と題した記事で、日中の国力逆転が鮮明化するに従い、日本の屈服する日が近づいていると論じた。中国のブログサイト・鳳凰博報に掲載された。以下はその内容。

尖閣諸島(中国名:釣魚島)をめぐる中国と日本の対立は一触即発の事態となっており、もはや第2次大戦以来の軍事衝突がいつ起きてもおかしくない。両会(=中国の国会に相当)を終えたばかりの中国は、海洋監視船「海監50」と「海監66」を尖閣周辺に送り込み、初めて「釣魚島は中国の領土だ」と日本語で書かれた電光掲示板を掲げたほか、この“法の執行活動”をリアルタイムで報じるという異例の態勢を取った。

2010年の漁船衝突事件以降、中国は何度も尖閣周辺に漁業監視船を派遣してきたが、今回は“保釣(=尖閣諸島を守る)”活動をさらにエスカレートさせた形で、こうした活動の常態化を暗示したものとみられる。中国の海洋監視船は国家海洋局の所属で、日本の海上保安庁は国土交通省の管轄。双方とも海上警察の役割を担いながら、軍事的な機能も持ち合わせている。

では、両国が軍事衝突を起こす可能性はあるのだろうか?最近、両国とも一歩リードを狙い、相次いで新戦略を打ち出している。日本が尖閣諸島周辺の無名の39島に名称を付けると発表するなど実効支配を強める姿勢をとる一方で、中国は“保釣活動”を民間から政府主体へと徐々に移行させている。

こうした状態が続けば、両国は恐らく衝突を起こすだろう。それは単に日本政府が中国の民間に向けるといったものではなく、双方の“海上警察”が軍事的な機能を発動させ、直接対決することになる可能性が高い。中国の目的が日本の「尖閣諸島に領有権争いなど存在しない」という立場を撤回させ、話し合いの席に着かせることであることは間違いない。

日本がそう遠くない将来、これに応じる可能性はあまり高くないが、中国と日本の国力の逆転は日増しに鮮明化している。日本がこの問題において、中国に屈服するカウントダウンはすでに始まっているといってよいだろう。(翻訳・編集/NN)

●林泉忠(りん・せんちゅう)
香港出身の政治学者。ハーバード大学フルブライト学者・客員研究員。1964年中国アモイ生まれ。1978年に香港へ移住。1989年来日。1994年、桜美林大学国際学部卒業。2002年、東京大学より博士号(法学)取得。日本、台湾、香港などで数多くの論評を発表している。

記事元:http://blogs.yahoo.co.jp/tamarin3580/archive/2012/3/23
------------------------------------------------------

日本の領土“尖閣”を武力で強奪、中国軍幹部が衝撃発言。平和ボケ日本人は「なぜ戦争が出てくるのか」理解できない。日本人は現実を直視すべき時代を迎えている。

羅援少将:尖閣諸島を演習地区に設定(2012-03-07)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=4g68cWNv_zY

羅援少将:日本の上陸に反撃するため、尖閣諸島を演習地区に設定する必要がある。

「また、軍事的に、私は軍事行動の必要性を要求します。」
「それは、我らの島礁であるからには、我らは我らの主権を行使します。」
「私たちの主権とは何ですか」
「我々は釣魚島(主権)を宣言することができるのです。」
「我らは軍事演習を行う必要があります。ここは、我々の一つの軍事演習区なのです。」
「誰かが上陸する場合、悪い結果を引き起こしたとしても、それは彼自身の責任です。」
「私はこれは一つの才能を体現していると感じる。」
「我々の真の主権は私に属している」
「また、我々の軍用機、軍艦については適切なタイミングで魚釣島附近へ到着する必要がある。」
「パトロールを行う。」
「だから、この点において私たちは知恵をたくさん持っていると思う」


------------------------------------------------------

大中華圏時代の到来は、世界の法律は中国が法律だと言わんばかり。何でもありの愛国無罪。

羅援少将が発表「尖閣を中国の行政区に」(字幕付)
http://www.youtube.com/watch?v=V6QJwpfmbXg&feature=related

2012年7月2日、香港のフェニックスTV(鳳凰衛視)に出演した、中国人民解放軍の羅援少将は、尖閣諸島(釣魚島)を中国の行政区「釣魚島町(釣魚町)」とし、ミサイ­­ル実験を行う軍事演習区とすると、発表しました。

中国は世界の精神病患者(気狂い!)
◆正に中国共産党は、ナチスドイツと同じ軍国主義国家である。
時期が熟せば一気に侵略戦争を仕掛けるだろうと予測されます。
現在の世の中(日本人の感覚)で、日本固有の領土と言われる尖閣諸島を、勝手に中国の行政区にして釣魚島を中国台湾伊蘭県「釣魚島町」と宣言した。法律で「釣魚島町」の領海を制定すると宣言した。
そしてミサイル基地と射的場をつくり国家潰瘍警備隊を設置し、釣魚島近海の警護にあたり、人民解放軍の軍艦を出動させる。と宣言!


次は沖縄(琉球)本島も中国の領土と宣言するだろう???
戦艦k書等問題は韓国の「竹島」実行支配した李承晩から学んだのでしょう。

------------------------------------------------------

<尖閣問題>
中国は強大な武力で日本を屈服させようとしている―韓国紙

Record China2012年11月06日03時14分

◆中国の空母「遼寧」

2日、台頭を続ける中国が強大な武力を用いて日本を屈服させ、米国の覇権をも脅かそうとしていると韓国紙が論じた。写真は中国の空母「遼寧」。

2012年11月2日、韓国紙・世界日報は、台頭を続ける中国が強大な武力を用いて日本を屈服させ、米国の覇権をも脅かそうとしていると論じた。5日付で環球網が伝えた。以下はその概要。

アヘン戦争の屈辱を乗り越え、21世紀の最強国になろうとしている中国。今年9月には初の空母「遼寧」を就航させ、続いて次世代ステルス戦闘機「殲-31」の試験飛行も成功させるなど、軍備増強に余念がない。

中国は遠洋作戦能力の向上を優先事項としており、1年3カ月以内には実践に投入可能な初の国産空母を建造するとみられている。アジアにおける領土紛争でもさらに強硬な態度をとり、米国が君臨する世界唯一の覇権国という地位を脅かすようになるだろう。

こうした中国の野心は、日本との尖閣諸島(中国名・釣魚島)紛争でも片りんをのぞかせている。中国国家海洋局は10月30日、「中国の海洋監視船が釣魚島海域で日本の巡視船を駆逐した」と発表、中国外交部の洪磊(ホン・レイ)報道官も「釣魚島情勢に変化が生じた」とアピールした。

これらの主張は日本の尖閣諸島に対する実効支配の終わりを告げるものだといえる。韓国の戦略分析の専門家は「尖閣問題で中国は強大な武力を用いて日本を屈服させるつもりだ。これに続きフィリピン、ベトナムだけでなく、韓国も中国の脅威に直面することになるだろう」と指摘している。(翻訳・編集/NN)

http://news.livedoor.com/article/detail/7113474/
------------------------------------------------------

中国人民解放軍の正体 『尖閣は必ず占領される』1/2
[桜H22_7_1]
http://www.youtube.com/watch?v=F17RHNWCrbs&feature=related

転載】中国情勢に精通しておられる鳴霞氏の新著『中国人民解放軍の正体―平和ボケ日本人への警告!!』を御紹介頂きながら、「国防動員法」の施行や「尖閣包囲構想」など­、着々と「日中有事」に備えている中国の本音についてお聞きしていきます。


月刊「中国」の鳴霞氏が語る中国の正体!
http://www.youtube.com/watch?v=wAkH1_0gyEo&feature=related
------------------------------------------------------

「日本は中国の属国として生きていけばいいのです」

先の戦争は全て日本の帝国主義がもたらした侵略戦争であると、思い込んでいる人たちがいるが、必ずしもそうでないことが今の日本に対する中国の挑発や圧力をみれば、太平洋戦争開戦は連合国による日本を挑発し経済封鎖の圧力をかけた背景があった。
連合国側であった中国は、その卑劣な策略で得た勝利の体験をしているがゆえ、歴史を再現をしようとしているに違いない。

中国のように体験に学んで同じ戦略で日本侵略をしようとしている。
日本は「歴史に学ぶ」ことをしなければ、同じ体験を繰り返すことになるだろう。

日本の大和精神は、相手の弱みに付け込む事はしないと思うが、大陸諸国は常に喰うか喰われるかの戦いの場であったがためか、弱みを突いて攻撃するのは当たり前の日常的な習慣だと思う。
韓国、中国が領土問題で更に拍車を掛けたのは、東日本大震災の後更に挑発が激しさを増してきた。正に野獣の本能丸出しである。野獣の世界には卑怯や恥は関係ない。

中国はいろんな場面で、その野望を漏らしているのだが、日本人は全く「有り難し」である。日本人は「お友達作戦」「日中や日韓友好」「友愛」と平和ボケしている。隣国は反日教育、反日デモをしていると言うのに・・・。日本人だけは彼らと融和できると思い込んでいる。ている。
飼育と野生、養殖と天然は環境である。環境が違えば正反対の思考になり融和は難しいと考えられる。
永住在日韓国、朝鮮人が、67年経っても融和できない人達が多いことでも分かる。

中国は、孫子の兵法「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」を熟知し、徹底的に日本を屈服させるための研究をしたと言われている。

人間社会では我欲がある限り戦争は亡くならない。
日本のように戦争を放棄し、国を守ることを諦めたのだから、後は「中国の属国」か「中国自治区」に成る以外にはないだろう。

作家の深田祐介氏によれば、前中国大使「丹羽宇一郎」は、こうインタビューに答えている

「将来は大中華圏の時代が到来します」「日本は中国の属国として生きていけばいいのです」「それが日本が幸福かつ安全に生きる道です」

しかし、ここまで極端な表現をとらないとしても、こうした丹羽氏の発言と内心同じようなことを思っている人々は、実は日本の政界、経済界、マスコミを中心に結構多いと言う。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ブライアン・トレーシーが明かす成功の科学


ブライアン・トレーシーのたった3つの成功の科学
知られたくない秘密!

起業家の多くは、
学校の成績が悪くて、
いわゆる

「注意欠陥障害」

のような症状を持っていることが多いそうです。

一つのことに集中するのが苦手。
思いがあちこちに飛んで、
何か他のことを考えたり、注意がそれたり、、、

学校ではとくに学習能力がないと、
評価を下げられるようなタイプの子です。


そんな学校では評価されない子ほど、
ビジネスの世界では成功する確率が高い、
という信じがたい話をしているのが、

世界No.1のコンサルタントで、
ベストセラー作家のブライアン・トレーシーです。

そんな、彼がついに
成功の秘密を公開しました!
http://123direct.info/tracking/af/249309/13Nf3Ahi/

あなたの過去や現在の状況に関係なく、
ビジネスやセールスで成功して、
お金の悩みから永遠に
解放される方法が明かされていますので、

収入を増やしたいと思っているのに、
なかなか増やせないと言う人にはオススメです。

今なら、30日間無料で試聴出来ます。
http://123direct.info/tracking/af/249309/13Nf3Ahi/

PS.
先着1000名のみのキャンペーンで、
なくなり次第終了してしまうので、
先延ばしにはしないでください。

http://123direct.info/tracking/af/249309/13Nf3Ahi/



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。