スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配慮のリスク!日米/日中

岡田氏、中国に配慮「決定は駄目だ」 離島奪還訓練 
断念の舞台裏

産経新聞  2012年11月03日08時02分

◆岡田副総理

 ■首相も追認/米は強い不快感

 日米両政府は5日から日米共同統合演習を行い、沖縄県の周辺海域を島に見立てて離島奪還の模擬訓練を実施する。当初は無人島を使った奪還訓練が予定されていたが、岡田克也副総理がこの方針を撤回させていたことが2日、複数の政府高官の証言で判明した。尖閣諸島の国有化に対する批判を強める中国への配慮があったとされる。野田佳彦首相も岡田氏の判断を追認しただけで、方針を覆した日本政府の対応に米側は不信感を高めている。混乱の舞台裏を検証した。

 「よし、それでいい」

 10月上旬の首相官邸。外務・防衛両省の説明を聞いた岡田氏は、11月中旬に無人島の入砂島(いりすなじま)(沖縄県渡名喜村(となきそん))で日米共同奪還訓練を行うことを了承した。首相も10月9日に説明を受け、異を唱えなかった。

 防衛省は「ゴーサインが出た」と米国防総省に連絡した。

 同じ頃、両省内には岡田氏の了承をいぶかる情報が駆け巡った。ある政府高官は「岡田氏は本音では奪還訓練をやらせたくないようだ。まだ安心はできない」と指摘していた。

 10月中旬になり、この高官の危惧は的中する。奪還訓練の正式決定に向け両省が再び説明に出向くと、岡田氏は「決定は駄目だ」と翻したのだ。

 それと前後し、16日には集団強姦(ごうかん)致傷容疑で米兵2人が沖縄で逮捕され、県民感情が悪化した。地元の渡名喜村も訓練に反対する考えを伝えてきた。これらも踏まえ22日、日本側は訓練断念を決定した。

 別の高官は断念に至る経緯について「最終的に岡田氏が決め、首相もそれを受け入れた」と明言した。岡田氏が重視したのは「中国への刺激を避けることだった」という。実際、中国外務省は16日に訓練計画を批判している。

 「一度決めた訓練をひっくり返すのはおかしい」

 中止決定から3日後の25日に来日したキャンベル米国務次官補は外務省幹部に強い不快感を伝えた。「政府最高首脳の決定であれば仕方ない」とも漏らし、岡田氏が断念させたと把握していることも示唆した。首相周辺はこれをキャンベル氏の「警告」とみる。

 外相当時、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で嘉手納基地(同県嘉手納町など)への統合案を唱え、迷走させた元凶の一人-。キャンベル氏は岡田氏をこう評価しているという。その存在は日米同盟の障害にもなりかねない。

記事元:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121103/plc12110309020008-n1.htm
------------------------------------------------------

離島奪還訓練を断念 日米、沖縄近海で模擬訓練
産経新聞 2012.10.23 01:18 [日米関係]

◆沖縄離島で奪還訓練②

 日米両政府は22日、沖縄県の無人島で予定していた島嶼防衛訓練を中止する方針を固めた。島嶼防衛訓練は事実上の離島奪還訓練で、渡名喜村の入砂島で行う予定だったが、沖縄県・尖閣諸島の国有化をめぐる中国の反発や、米兵による女性集団強姦致傷事件などによる沖縄県側の抵抗感を受け中止を決めた。防衛省は沖縄周辺の海域を訓練区域に定め、海上自衛隊の艦艇で訓練海域に陸上戦力を接近させる訓練にとどめる方針。

◆中国に配慮「決定は駄目だ」 

 防衛省は当初、那覇の西北約55キロにある無人島の入砂島を舞台に奪還訓練を行う予定だった。米軍は島を「出(いで)砂(すな)島(じま)射爆撃場」と呼称し、戦闘機やヘリによる爆弾投下訓練などに使っている。

◆沖縄離島で奪還訓練①

 奪還訓練では島嶼防衛の中核である陸自西部方面科連隊(長崎)と、在沖縄の主力戦闘部隊の第31海兵遠征部隊(31MEU)が中心になることを想定していた。

 だが、22日、防衛省は沖縄の離島を使い訓練を行うことは中国を過度に刺激すると判断し、入砂島を使った離島奪還訓練の中止を決めた。

記事元:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121023/plc12102301190001-n1.htm
------------------------------------------------------

◆岡田副総理は、日米合同の離島奪還訓練を中止にした背景には、中国の圧力があったと思われるが、それはアメリカに対して不信感を抱かすリスクを追ってしまった。

岡田副首相はイオンの御曹司、中国の反日デモでイオンは酷くやられました。中国政府から脅迫じみた圧力があったものと推察できます。
中華思想は、相手を屈服させる方法の1つで、身内を人質に「イオンを中国で商売できないようにさせるぞ」と脅したのだろう。中国ならやりそうなこと。それで、中止せざるを得なくなり中国に配慮した形になったと言えるが、中国の脅しに屈服したことになる。
しかし、日本政府の副総理たる者が公私混同は許されることではない。

歴代の首相も、ある意味では国民を人質にされて、脅しに屈服せざるを得ないことがしばしばあったように思いますが、今回は国を守るか身内を守るか?であった。

中国の連日の領海侵犯の挑発に対して、何らかの対抗処置を取らなければ、当然中国は挑発を続けるだろうし、日本政府の対応次第でアメリカとの同盟関係を崩す狙いの中国の罠に自ら飛び込むことになるだろう。

------------------------------------------------------
<関連記事>

【欠陥憲法 新しい国づくりへ】
(上)行き詰まった理想 「公船」に放水もできず
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121103/plc12110310310009-n1.htm

【欠陥憲法 新しい国づくりへ】
(中)在留邦人救えない国… 世界常識通じぬ「平和ボケ」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121104/plc12110409220002-n1.htm

【主張】
憲法公布66年 平和主義条項は破綻した 警察権による対応は限界だ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121103/plc12110303370003-n1.htm
------------------------------------------------------

【私と憲法】
(6)戦後問題ジャーナリスト・佐波優子氏
産経新聞 2012.9.14 16:52 (1/2ページ)[憲法改正]

先人の思いを引き継いで

 短大在学中から遺骨収集に取り組み、先の大戦について勉強していくうちに憲法に関心を持つようになった。インパール作戦で戦った元兵士は「私は戦争で死ぬなんて嫌だと考えていたが、実際に戦地で弾が飛んできたときに、急に銃後の家族を意識した。自分が弾を受け止めることで家族が救われるのなら、ここで死んでも構わないと思った」と話しておられた。そして「死んだ戦友たちの国を護(まも)る気持ちを若い人に受け継いでほしい」とも。その言葉が予備自衛官を目指すきっかけになった。任用後、訓練で銃を持ったとき私も背後に守らねばならない多くの人の存在を感じた。

 以前、海外派遣の自衛隊員を乗せた船が出港する際、大勢のご家族が見送る場所で反対派がデモをした。横断幕には「憲法違反」「自衛隊は人殺し」といった言葉があった。自衛隊員はそうした言葉に慣れているかもしれない。しかし見送りに来た両親はどんな気持ちになったか。わが子に「お父さんは人殺しなの?」と思われてしまった父親の自衛官はどんなに悲しかっただろう。

 多くの消防団員が、仕事を持ちながらも消防活動に従事する理由を「自分の街を自分で護るため」と答える。それを憲法違反という人はいない。そういった意識が地域レベルから国へと広がればいいと思う。

 9条によって日本の国防力がそがれてしまうことが一番の問題。現状では、万が一の国難の際に自衛隊は手も足も出ない可能性がある。

 対外的に「日本を攻めることはリスクが高い」と見せつけることが大事で、きちんとした国防力を身につけられるよう、改憲は必須だ。また、かつて教育勅語(ちょくご)にあった「一旦緩急あれば国のために駆けつけて自分の力を尽くす」という精神を現代的な形で憲法に盛り込むことが大事だろう。

【プロフィル】佐波優子
◆佐波優子 plc12093016540010-n1

 さなみ・ゆうこ 埼玉県生まれ。桐朋学園芸術短期大卒。平成13年以降、ミャンマー、ロシア、硫黄島などで遺骨収集活動に参加してきた。「祖父たちの戦争体験をお聞きする孫の会」および「シベリア抑留の真実を学ぶ会」の代表。日本文化チャンネル桜のキャスターも務める。予備陸士長。33歳。

記事元:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120930/plc12093016540010-n1.htm
------------------------------------------------------

【私と憲法】
(2)憲法学者・竹田恒泰氏 天皇を戴く意味考えよう
産経新聞 2012.9.6 08:13 (1/2ページ)[憲法改正]

 9年前に戦争を回避させるべくイラクを訪問したことがある。イラクは米国に挑んだ日本の勇気をたたえる大変な親日国だ。特に若者の「天皇」への関心は高く、「いつから存在するのか」などと質問が相次いだのには驚いた。

 憲法で最も重要なのは第1章で、どこの国も憲法の冒頭部分に国家、民族、国民にとって一番大切な要素を簡潔に記している。しかし、中東の若者に比べて日本人の天皇に対する関心は高いだろうか。第1章に天皇が記載されている“重み”を伝えるべく、憲法学者の道を歩もうと考えた。

 日本の若者は「憲法を知らなくても生活はできる」と考えがちだが、私は「国の根幹について書かれた憲法を知ることは日本を知ることにつながる」と信じており、憲法を学ぶ大切さを学生に訴えている。

 とはいっても現行憲法には天皇に関して欠陥が少なからずある。何より宮中祭祀(さいし)が明記されていないことは問題だ。

 天皇は古(いにしえ)より国民を大御宝(おおみたから)と位置付け、その安寧を祈ってきた。宮中祭祀は天皇の「本質」だ。憲法にしっかり規定し、後世まで守るべきだ。

 天皇を国家元首と明記することも大切だ。憲法のどこにも規定がないために、「天皇は元首ではない」といった主張も生まれる。自民党が憲法改正草案で天皇を「国家元首」と明記したのは大賛成だ。

皇位継承の在り方も書くべきだ。時の首相の方針でルールが変わってはいけない。歴史的事実を踏まえ「男系」とすべきだろう。

 ただし、単純に「憲法を変えればいい」とは考えない。憲法改正を決める政治は「妥協の産物」と言われるが、絶対に譲ってはいけない一線もある。そこを誤ると、国体が失われる。正しく改正することが肝要だ。

【プロフィル】竹田恒泰
◆竹田恒泰 plc12090608150007-n1

 たけだ・つねやす 旧皇族・竹田家に生まれ、明治天皇の玄孫。慶応大卒。作家、慶応大講師(憲法学)。研究分野は「天皇と憲法」。著書に「語られなかった皇族たちの真実」「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」など。36歳。

記事元:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120906/plc12090608150007-n1.htm
------------------------------------------------------

【金曜討論】
「憲法9条」 櫻井よしこ氏、福島瑞穂氏
産経新聞  2012.8.31 07:40 (1/3ページ)[憲法・法律]

 北方領土、尖閣諸島、そして竹島…。近隣諸国がわが物顔で日本固有の領土を侵食するなか、改めてクローズアップされているのが憲法9条の存在だ。“平和憲法”の名の下に、戦力の不保持を明記した条文を抱えたまま祖国を守れるのだろうか。ジャーナリストの櫻井よしこ氏と、社民党党首の福島瑞穂氏に考えを聞いた。(内藤慎二)

つづき
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120831/plc12083107450007-n1.htm




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。