スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正当化は自己主張の何ものでもない。

韓国も中国と同じ論法、やはり小中華思想の自己主張

::::島根県の竹島 kor12081012500006-n1

「未来志向」と言っておきながら竹島広告を行うのは「だまし討ち」?
2012年09月13日
以下、「政治学に関係するものらしきもの」から転記

『環球時報』は、日本政府が竹島の広告を新聞に掲載したことについて、韓国は反発を強めてるという韓国の新聞記事の翻訳を掲載しており(「日刊登争议岛屿广告点燃战火 韩国称将以牙还牙」)、いろいろ思うところがあったので、これについて少し。

1 記事の紹介

 最初にいつものとおり、記事を翻訳したものを簡単に紹介させていただきます。

◆日本政府が竹島の広告を新聞に掲載した ph1116b

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本政府は11日から『読売新聞』、『東京新聞』など70社の新聞に「竹島は日本の領土」という広告を1週間掲載する。これは日本政府の初めての試みだ。これに対し、韓国の世論は強烈に反発している。

 『中央日報』は、日本政府の行為は、再度韓日間の対立に火を付けるとしている。

 日本の竹島広告に対し、韓国では「騙された」という意見も強い。『朝鮮日報』は、日本の野田首相は9日APECの会議で能動的に韓国の大統領に話しかけ、「未来志向」と言っておきながら、2日後にこのようなことをしたと批判している。

 『中央日報』は、韓国は今後二度と野田の外交講話を信じることができないという社説を掲載している。『京郷新聞』は、今回の独島の広告は外務省のした国家行為で、「日本は壊れたテープ・レコーダーのようだ」としてる。つまり、1日とあけず独島の主権を繰り返し述べ、毎年の防衛白書にも記載する。

 日本政府の行動に対し、韓国政府は「目には目を」だと述べている。『韓聯社』の報道によると、韓国外交通商部の金星焕長官は「韓国がこの機に日本語の資料を編纂して配布」し、日本人に独島のことを知ってもらおうと公言している。

 『韓国日報』は韓国政府は日本の新聞に広告を掲載する準備をしているが、日本メディアとの接触は容易ではなく、広告が掲載されるかどうかわからないとしている。また、韓国政府はまた国際法の専門家や歴史学者を動員し、国際社会での発言を強化しようとしている。

 しかし『朝鮮日報』は、もし国際社会で独島の主権争いを宣伝するならば、日本を利するのではないかと心配している。つまり、諸外国が独島に主権問題があるということを知り、独島が主権の争いのある地域と見なされてしまうのではないか。

 『毎日経済』は「もう二度と野田にだまされない」としている。冷静に対策を検討しなければならず、韓国政府は恐らく今年秋の国連総会で慰安婦問題を提出しなくてはならないと述べている。

 『朝鮮日報』は青瓦台の関係者からのニュースとして、李明博はAPEC会議でアメリカのヒラリー国務長官と会談し、「日本は極右主義に向かっている」と述べた。これはアメリカに韓日関係の仲裁を望むだけでなく、積極的に日本の誤りを指摘する意図があった。

 『中央日報』は社説で、日本は北東アジアの構造がすでに変わっていることを理解していない。韓国がは殴られたままでいる弱小国家でなく、すでに発展し強国となった中国は実力で報復できる。日本は周辺国家から孤立化してしまう。日本は理性で、危険な賭けをすべきだ、としてる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2 個人的感想

 これを見て思ったのは、中途半端(いきあたりばったり)の外交は最悪の結果を生むということです。野田総理は領土問題で「不退転の覚悟で臨む」とし、今回の新聞広告などを掲載することを決めていた以上、韓国大統領に対し曖昧なメッセージは送るべきではなかったと考えます。

 民主党政権は基本的に中国に対しても同じような失敗をしております。鳩山内閣はアメリカ依存をやめ、アジア重視を打ち出したと思ったら、菅内閣に代わったとたん、尖閣諸島沖の衝突事件が起こるや、急に手のひらを返した様に、新防衛大綱を出したり、アメリカと史上最大規模の演習を行っております。
(徐敦信前駐日大使インタビュー http://blog.livedoor.jp/amuro001/archives/2252356.html )

 これでは、中国政府も、日本政府は対中外交をどのようにしていこうとしているのか、全く想定できず、一体何を考えているのか、よくわからないとなっても何の不思議もないと思います。

 野田総理が決定的な韓国との決定的な関係悪化を望んでいなかったという気持ちはわからないではありません。しかし、男女の仲でもよくありますが、関係がこじれたときは、誤解は誤解しか生まず、関係改善を図ろうとすればするほどおかしくなることはよくあります。

 その最たる理由は、相手は相手の論理で行動しているわけですが、頭に血が上っているときは相手の論理は全く理解できなくなることが挙げられます。

 今回のことにしても日本にしてみれば、「仲良くしようよ」といつものよくわからない「友好外交」をしようとしたところ、韓国はだまし討ちととらえたわけで、既に「友好外交」などというわけのわからないものは時代遅れになっていることを表しているのはないかとも考えます。

記事元:http://blog.livedoor.jp/amuro001/archives/4185119.html

-------------------------------------------------------------------

こころの独り言

些細なことも、誇張して表現する韓国人気質。
自分の過失を相手の性にする、泥棒の居直り。
戦略にも「善と悪」がある。
正当化は自己主張の何ものでもない。


「未来志向」と言ったのは李韓国大統領だが・・・先に仕掛けてきたのは韓国側、国内だけには飽き足らず、アメリカ、ヨーロッパにも「独島は我が領土」や「性奴隷の慰安婦」と意見広告やポスター・看板による宣伝戦略を行なった。
李大統領の竹島上陸や天皇訪韓発言問題で隠忍自重もこれまでと、日本政府は国民にたいして「竹島は日本固有の領土です」の広告を新聞に掲載した。
その日本政府の行動に対し、韓国政府は「目には目を」だと述べている。

「目には目を」と言うのは、日本側の言い分であって、韓国側の言い分ではない。韓国や中国はこう言った論法を多く使う。
報復の源すら認識できていない。いくら日本人が忍耐強いと言っても、限度をこえる、執拗な卑怯な仕打ちには我慢できない。

それに、韓国では当たり前の国内向けの新聞広告である。卑怯な韓国のように海外で広告したわけでもないのに、内政干渉はいい加減にして欲しいものだ。韓国の属国ではあるまい。

韓国政府の「目には目を」発言は言語道断である。
他の東南アジアの国々と比較すれば、民度の差は歴然で傲慢度は中国と肩を並べるだろう。

韓国は100年前・・・いや1000年前から現在に至るまで物質文化は発達しても、精神文化は進化していない。化石のような民族だと言えるかもしてない、これも精神文化、物質文化の両面を備えた日本に対する劣等感が根底にあるように思える。

元々韓国、朝鮮民族の歴史的背景にあるのは、劣悪感 敗北感 下位感 引け目 僻(ひが)み コンプレックスがあるから、逆に相手を卑下し見下す言葉や態度を示すことで優越感を覚えいるようにも感じる。
そして、少し力が付けば立場もわきまえず「恩を仇で返す」といった傲慢な態度で相手を見下し、好き勝手な振る舞いをし、恩人に刃を向ける無頼漢。

劣等感は、日韓併合時代を見れば容易に分かる。国家の体をなさない韓国を併合により近代化し、身分制度の廃止、奴隷制度の廃止、女性開放、教育制度の改革、そのた近代化のためのインフラ整備や工場の建設等々を行なった。

しかし日本の敗戦とと同時に親日だった韓国は寝返った。朝鮮戦争後アメリカの食料支援はあったものの、日本の支えを失っ韓国は、自力で国家体勢を整えるなければならず、過去の歴史の、この精神文化、物質文化を覆い隠すために「歴史の捏造」をしなければ成らなかったのだと思う。

そのご日刊基本条約の戦後処理の精算で5億ドルという莫大な日本支援を得て、韓国国民に対する戦後保証は微々たるもので、物質文化を最優先して、日本の支援を受けながら、その一方で、日本を心の底から恨む反日教育が徹底して行われた。その恨みの底力(パワー)を利用するたことで、現在の韓国が出来上がったといえよう。
一番大きな要因は、やはり日本の復興支援(無償、有償の援助)だろう。
多くの韓国人は、知らないのだろうか?反日教育でするはずがないだろうね。だから歪んだ歴史認識が正しいと思い込んでいる。韓国人に取って真実を知ることは勇気のいることなのだろう。

韓国人にとって、恨み、憎しみは最強のパワーとなる。

スポーツの世界でも見られるように、相手に恨み憎しみを持たせることで、言わば死にものぐるいに戦う。勝つためにはルールも無視することもある。韓国の選手にはこう言った反則する場面が多くあるのも事実だ!
特に日韓戦は顕著に現れている。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。