スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を救うジャンヌダルク

稲田氏は日本を救うジャンヌダルクだ
産経新聞(2012/8/31)

:::::::日本を救うジャンヌダルク稲田朋美

河野・村山・菅談話の破棄を

今朝の朝日新聞が社説で河野談話の踏襲を主張するなか、産経新聞は稲田朋美議員の「正論」を掲載した。
まさに一字一句、非の打ちどころの無い正論である。

 弁護士としての観点から、「裁判では、当事者が争わない事実は真実として扱われる」として、河野談話・村山談話・菅談話の破棄を求め、間違った歴史認識に対しては正しい歴史認識で戦えと主張している。

 韓国の憲法裁判所は昨年8月、「慰安婦問題を解決しない韓国政府は憲法違反である」と判決を下した。
日本政府が日韓条約で決着済みだと繰り返すだけで、明確な反論をしなければ、日本は名誉を毀損するだけでなく、韓国の司法によって日本企業の在韓資産が全て没収される可能性もあるという。

「(談話否定は)枝を見て幹を見ていない」とか「日本は償い金を出したのだから韓国のひとたちも分かって欲しい」などと、朝日新聞の今日の社説のような馬鹿な事を言っていたら大変な事になる。

韓国は司法だけでなく立法上も、親日反民族的な行為は本人とその子孫の財産を没収するというとんでもない法律を盧武鉉政権時代に成立させた。国をあげての反日姿勢を取っている。

竹島を不法占拠していている韓国、北方領土を不法占拠しているロシア、尖閣諸島を狙う中国などの誤った歴史認識に対抗して、日本の政治家は正しい歴史認識で立ち向かえと言う。

 日本政府はいままでの「配慮外交」(Ponkoに言わせれば、「謝罪外交」、「土下座外交」)を止めて、日本の正当性を主張する「主張外交」に転ぜよと稲田女史は結語している。
これぞ正論である。

産経新聞(2012/8/31)
【正論】領土は歴史認識と二正面作戦で

------------------------------------------------------

弁護士、衆議院議員・稲田朋美 領土は歴史認識と二正面作戦で
2012.8.31 03:28 (1/4ページ)[歴史認識]

:::::::衆議院議員・稲田朋美

 ロシアのメドベージェフ首相の北方領土訪問、韓国の李明博大統領の竹島上陸、香港の活動家たちの尖閣諸島上陸と、相次いでいる隣国からの領土侵犯行為の根底には、歴史認識の問題がある。

 ≪河野、村山、菅談話の破棄を≫

 日本はこれまで、戦後レジームの中核を成す東京裁判史観に毒されてきているせいで、歴史認識について言うべきことを言わず、なすべきことをしてこなかった。むしろ、言うべきでないことを言い、すべきでないことをしてきた。その典型が河野談話、村山談話、そして菅談話である。

 領土と歴史認識を同じ土俵で論じることには違和感がある。が、相手側が歴史認識を論じる以上、それにも冷静に反論することが必要だ。その前段として、有害無益な談話類は受け継がないと宣言する新談話を即刻出すべきだ。

 李大統領は天皇陛下が訪韓する条件として独立運動家への謝罪を求め、日本国民を怒らせた。「光復節」演説では「慰安婦」問題の解決を求めた。韓国国会も「慰安婦」賠償要求決議を出した。

 韓国の憲法裁判所は昨年8月、韓国政府が「慰安婦」の基本的人権を侵害し、憲法に違反しているという驚くべき判決を下した。李大統領が昨秋以来、異常とも思える執拗さで、野田佳彦首相に「慰安婦」への謝罪と補償を求めている背景にはこの判決がある

 野田首相は、国際法上決着ずみだとする従来の日本の主張を繰り返している。だが、韓国にはもう通用しない。憲法裁判所は、「慰安婦」問題が昭和40年の日韓請求権協定の範囲外で、「慰安婦」の賠償請求権は消滅しておらず、それを解決できていない韓国政府の不作為が、憲法違反に当たると断じているからだ。事実関係を否定しない限り、謝罪と補償を要求され続けるということになる。

 ≪個人賠償請求権で不当判断≫

 こうした考え方は戦後補償全般に及ぶ。韓国最高裁はこの5月、戦時中の日本企業による朝鮮人強制労働に関する裁判で、日韓基本条約にもかかわらず個人賠償請求権は消滅していないという、国際法の常識に照らせば不当というほかない判決を言い渡している。

 これで、日本での戦後補償裁判では法的に解決ずみという理由で勝訴してきた日本企業が、韓国国内で再度裁判を起こされれば、敗訴することになった。在韓資産を持つ日本企業は、敗訴判決に基づいて差し押さえを受け、資産を合法的に収奪されることになる。

 しかも、日本政府は戦後補償、「慰安婦」裁判では、事実関係を争わない方針を採るので、日本での判決には証拠のない嘘が書き込まれている。裁判では、当事者が争わない事実は真実として扱われる。韓国の裁判でそんな日本の判決書が証拠として提出されれば、日本側に勝ち目はない。日本企業の財産を守る責務は国にある。政府は、戦後補償裁判でも事実関係を争う方針に転換すべきだ。

 「慰安婦」問題については、日本の政府や軍が強制連行した事実はない、と明確に主張しなければならない。問題の核心にある「強制連行」がなかったのだから、謝罪も補償も必要ではない。当時は「慰安婦」業は合法だった。

 それにもかかわらず「強制性」を認めて謝った河野談話を否定し、韓国や米国で宣伝されているような、朝鮮半島の若い女性を多数、強制連行して慰安所で性奴隷にしたといった嘘でわが国の名誉を毀損することはやめていただきたいと断固、抗議すべきである。

 ≪配慮外交から主張外交へ≫

 司法だけではない。韓国は立法においても、盧武鉉前政権時代に親日反民族行為者財産調査委員会を設け、親日であった反民族行為者およびその子孫の財産を没収する法律を作っている。要するに、韓国では、歴史認識を背景に、日本に対しては何をやっても許されるという特殊な価値観で司法も立法も行政も動いているのだ。

 であるからして、韓国に向き合って日本のなすべきことは、今までのような抽象的な贖罪(しょくざい)意識に基づいた、あるいは、日本特有の寛容の精神で相手と接してきた、「配慮外交」を改め、戦後補償であれ「慰安婦」であれ、言うべきことを勇気をもって主張する外交へと方向を転換することである。そうしないと、日本の名誉も韓国国内の日本企業の財産も守れないし領土侵犯も続くのである。

 北方領土問題をめぐっても、プーチン大統領とメドベージェフ首相が「第二次世界大戦の結果であり譲歩する必要はない」と述べていることに、きちんと日本の立場を発信しなければならない。

 日ソ中立条約を一方的に破棄して、日本に原爆が投下された後に旧満州に侵攻し、わが国同胞を60万人もシベリアに強制連行し、日本が武器を置いた後に、北方四島を奪取した旧ソ連(ロシア)の行為には、一片の正義もない。

 今、求められるのは、こうした歴史認識をリーダー自らが堂々と語ることである。領土侵犯の理由に歴史認識を持ち出されれば、政治家が歴史認識をもって対抗しなければならない時代がきた。(いなだ ともみ)

記事元:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120831/plc12083103290002-n1.htm

-------------------------------------------------------------------

稲田朋美 歴史に残る名演説

稲田朋美 歴史に残る名演説 主権国家とは 1
http://www.youtube.com/watch?v=xQp6cBqX8gM&feature=BFa&list=PLE92B403544569531


稲田朋美 歴史に残る名演説 主権国家とは 2
http://www.youtube.com/watch?v=0XdXPfCdqSU&feature=BFa&list=PLE92B403544569531


稲田朋美 歴史に残る名演説 主権国家とは 3
http://www.youtube.com/watch?v=Pb3oBVnCUFY&feature=BFa&list=PLE92B403544569531




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。