スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「女性宮家」創設問題、政府が論点整理

:::::::天皇家ご一家①

皇室典範改正を断念 女性宮家創設に慎重論
産経新聞 10月4日(木)7時55分配信

 ■政府、月内「最終報告」

 政府は3日、皇族の減少を防ぐため検討してきた「女性宮家」創設に関する皇室典範など関連法の改正を断念する方針を固めた。「女系天皇」に道を開きかねない女性宮家創設には有識者ヒアリングでも異論が相次いだうえ、民主党や自民党内でも慎重論が根強いためだ。女性皇族がご結婚後も「内親王」などの尊称を保持する案についても法案化を見送る。

 政府は今年2~7月に計6回、女性宮家創設の可否などについて12人の有識者にヒアリングした。当初は10、11月ごろに意見公募(パブリックコメント)を行い、来年1月に召集される通常国会への関連法改正案の提出を目指していた。

 だが、ヒアリングでは「民間人とのご結婚を前提とした女性宮家創設は、皇室の本質を根本から変える女系天皇につながりかねない」(ジャーナリストの櫻井よしこ氏)などの反対論が出た。百地章・日本大教授も「女性宮家の創設は女系天皇への道を開く危険性があり、その場合、違憲の疑いさえある」と拙速な議論を慎むよう求めた。

 このため、政府は有識者ヒアリングの結果を月内に「論点整理」として公表し、これを事実上の最終報告とする方針に転換した。意見公募も行わず検討作業を終える。論点整理では女性宮家創設案に加え、女性皇族が結婚により皇籍を離れた後も「内親王」などの尊称を使って皇室活動を続けられるようにする「尊称保持案」も併記する。

 宮家創設案では、女性皇族のうち天皇の子や孫にあたる内親王が、ご本人の意思により一代限りで宮家を創設できる制度を提示。宮家の当主が民間人と結婚された場合、夫と子を皇族としない案も併記する。

 尊称保持案は「女性皇族がご結婚後も皇室活動に関与してもらうべきだ」として、宮家創設の反対派からも賛成意見が多い。ただ、民間人となった元皇族に特別の「身分」を与えれば、法の下の平等を定めた憲法に抵触する恐れがあるとして、国家公務員のような公的な役職を設け、皇室活動に参加できる制度を代替案として示す。

記事元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121004-00000089-san-pol

-------------------------------------------------------------------

「女性宮家」創設問題、政府が論点整理
TBS系(JNN) 10月5日(金)12時44分配信
TBS系(JNN)動画ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20121005-00000023-jnn-pol

-------------------------------------------------------------------

「女性宮家」「女系天皇」の賛否で、愛国か非愛国かが見えてくる。
日本が日本で有り続けるのは反対論者に耳を傾けることだと思う。


「女性宮家」に賛成論 ヒアリング始まる
< 2012年3月1日 1:21 >

 政府は先月29日、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」の創設をめぐり、有識者から1回目のヒアリングを行った。

 出席したのは日本中世史が専門の帝京大学・今谷明特任教授と、ジャーナリスト・田原総一朗氏で、ともに「女性宮家」の創設について賛成の意見を述べた。

 その上で、今谷氏は、宮家創設を認める対象について、皇太子ご夫妻の長女・愛子さま、秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまと二女・佳子さまの内親王3人と、天皇・皇后両陛下の長女・黒田清子さんも含めるべきとの考えを示した。男性配偶者については「1代限りの準皇族」とするのが適当だと述べた。

 田原氏は「女性宮家を1代限りとするのがいいとは思えない」と語った他、旧宮家の皇族復帰も検討課題に挙げた。

 政府は今後、月に1~2回のペースでヒアリングを続け、来年の通常国会に皇室典範の改正案を提出する方針。

日テレ(NNN)動画ニュース
http://www.news24.jp/articles/2012/03/01/07201080.html#

-------------------------------------------------------------------

“女性宮家”3回目ヒアリングで反対論
< 2012年4月10日 21:39 >

 政府は10日、女性皇族が結婚した後も皇室にとどまる「女性宮家」創設について、3回目の有識者ヒアリングを行った。これまでは賛成派からのヒアリングだったが、今回は反対派から意見を聴いた。

 出席したのはジャーナリスト・櫻井よしこ氏と日本大学・百地章教授で、共に「女性宮家」創設について「女系天皇につながりかねない」などとして反対の立場を強調した。

 その上で、櫻井氏は、一定の数の皇族を維持するために養子を可能にすることや、旧宮家の皇族復帰などを検討すべきだと述べた。一方、百地教授は、女性皇族が皇室を離れた後も「御用掛」などとして皇室の活動をサポートしていく制度の創設を提言した。

 政府は今後も月に1~2回のペースでヒアリングを続け、来年の通常国会に皇室典範の改正案を提出する方針。

日テレ(NNN)動画ニュース
http://www.news24.jp/articles/2012/04/10/07203578.html#

-------------------------------------------------------------------

女系天皇、懸念根強く 皇室典範改正断念
配信元:産経新聞
2012/10/04 11:31更新

 「女性宮家」創設に関する政府の検討作業は、有識者の意見を論点整理として提示するだけで、皇室典範など関連法の改正を断念する結果に終わった。女性宮家創設が女系天皇を生み出す下地づくりにつながるとの懸念が根強く、それを払拭するだけの妙案を見いだせなかったからだ。

 女性宮家の創設は昨年秋、宮内庁の羽毛田信吾長官(当時)が野田佳彦首相に検討を要請した。現在の皇室典範では、女性皇族がご結婚すれば皇室を離れる。若い男性の皇族が少なくなっている中、皇室の活動に支障が生じるという理由だ。首相もその「緊急性」を認め、改正への着手を約束した。

 だが、「皇位継承問題とは切り離す」という検討の前提自体に無理があり、有識者ヒアリングを行っても慎重論が相次ぎ、明確な方向性を打ち出すことはできなかった。

 意見集約の困難さに加えて、消費税増税法をめぐる民主党分裂で政権基盤が弱体化したことも見送りの一因となった。民主党内でも保守系を中心に女性宮家創設には反対する議員は多い。首相としても衆院での過半数割れが迫るなかで、党内の対立を激化させるような法案の取りまとめは避けたかったようだ。

 さらに、先月26日の自民党総裁選で安倍晋三元首相が総裁に返り咲いたこともブレーキとして働いた。安倍氏は女性宮家創設に反対の立場で、「男系で紡いできた皇室の長い歴史と伝統の根本原理が崩れる」と慎重な議論を求めてきた。

 皇室典範改正に向けた手続きを強行すれば、自民党がさらに対決姿勢を強めるのは確実だ。参院で野党が多数を占めるなか、仮に法案をまとめても成立の見通しはない。首相に残された道は棚上げしかなかった。(力武崇樹)

記事元:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/596231/

-------------------------------------------------------------------

寛仁さま 女系天皇に反対、男系継承の方法を提案"
配信元:産経新聞
2012/06/07 16:12

::::::寛仁親王殿下

 三笠宮家長男の寛仁(ともひと)親王殿下は、小泉純一郎内閣で検討された女系天皇容認を含む皇室典範改正に関する議論で、皇族のなかで唯一、女系天皇に反対する考えを明らかにされた。政治にまつわる問題に皇族が意見を表明するのは異例のことだった。

 「世界に類を見ない我が国固有の歴史と伝統を平成の御世(みよ)でいとも簡単に変更して良いのかどうか」

 寛仁さまは、平成17年に首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が、女性・女系天皇を容認し、性別にかかわらない長子相続などを盛り込んだ最終報告書を提出したことについて、会長を務める福祉団体「柏朋会」の会報に批判の文書を掲載された。

 「天子様の皇統が貴重な理由は、神話の時代の初代・神武天皇から連綿として一度の例外も無く、『男系』で今上陛下まで続いてきているという厳然たる事実です」と述べ、元皇族の皇籍復帰や、女性皇族に養子を元皇族(男系)から取ることができるようにするなどの具体的な方法をあげて男系相続の道を探ることを提案された。

 こうした発言に、皇室典範は日本国憲法における法律の一つとの立場から、改正議論は「内閣の責任で対応し、国会で決議されるもの」との立場を貫いてきた宮内庁は、幹部が寛仁さまに直接会い、ご発言を控えるように要請する事態にも発展した。

 女系天皇議論は、秋篠宮家に41年ぶりの男子皇族となる悠仁(ひさひと)さまが誕生されたことで事実上、白紙に戻されたが、宮内庁関係者の中からは、寛仁さまの発言を「自分が言わねばと、お立場からやむにやまれぬお気持ちでおっしゃったもの」と受け止める声もきかれた。

 寛仁さまは、18年2月にも産経新聞の単独インタビューで、有識者会議が旧宮家の皇籍復帰を「国民の理解と支持を得ることは難しい」としたことに対し、皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまが皇位継承者となり「女性天皇の配偶者」が陛下と呼ばれることのほうが違和感があるとご批判。「あらゆる手を尽くした上でも次の世代が女性ばかりだったという状況になれば、そのときに女帝・女系の議論に入ればいい」と述べられていた。

 野田佳彦内閣は、昨秋から女性皇族が結婚後も皇室に残る「女性宮家」創設を議論しているが、ご病状もあり、寛仁さまが公の場でお考えを表明されることはなかった。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/koushitsu/567262/

-------------------------------------------------------------------

旧皇族の竹田氏ら、男系維持へ「一族として応える」
配信元:産経新聞
2012/02/29 10:31

 終戦直後に皇籍離脱した旧皇族の多くが、皇位の男系継承を維持するために皇籍復帰を要請されれば、「一族として応えるべきだ」とする意向を固めていることが分かった。主に現在の宮家と養子縁組することで、男系を継承することを想定している。

 旧皇族の慶応大講師、竹田恒泰氏(36)が、3月1日発売の月刊「正論」4月号に寄せた論文で明らかにした。皇統問題で旧皇族の意向が文書で公表されるのは初めて。女系天皇容認につながると懸念される「女性宮家」創設を念頭に、政府が検討する皇室典範改正作業への影響は必至だ。

 論文によると、竹田氏は昨年11月~2月中旬、皇位継承問題について旧皇族20人以上と意見交換。大多数が男系の皇統は維持されるべきだと考えており、女性・女系天皇を積極的に容認する人はいなかった。男系維持のため皇籍復帰を要請されれば、「一族として要望に応える覚悟を決めておかなければならない」と考える人が大半を占めたという。

 論文は、寛仁親王殿下の長女、彬子さまが今年1月7日付の毎日新聞のインタビューで、女性宮家創設だけが議論される現状に「違和感」を表明、「男系で続いている旧皇族にお戻りいただくとか、現在ある宮家をご養子として継承していただくとか、他に選択肢もあるのではないかと思います」と発言されたことを紹介。このうち養子継承案が注目されているとし、旧皇族一族には少なくとも9人の未婚男子と、ここ数年内に結婚した5組の男系夫婦がいて、通常の養子や婿養子、夫婦養子となることが可能だと指摘している。

関連記事・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
野田首相、旧皇族復帰も検討
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/koushitsu/545679/

皇室典範ヒアリング 「中立性」を強調
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/546607/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記事本文の続き 
竹田氏は「皇室から、そして国民から求められた場合には、責任を果たしていかなくてはいけないと(すでに)覚悟している者が複数いて、その数が増えつつある」としている。竹田氏が意向を確認した旧皇族は、占領政策で皇室が経済的に圧迫され、昭和22年に皇籍離脱を余儀なくされた旧11宮家(うち4家は廃絶)の男系子孫たち。

記事元:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/koushitsu/547611/


【大道無門】皇位継承問題、竹田恒泰氏と語る
[桜H22/3/19]
http://www.youtube.com/watch?v=knER54jbpXI


【竹田恒泰】女性宮家問題と旧皇族復帰について
[桜H24/1/30]
http://www.youtube.com/watch?v=q56Kj5JpgdM&feature=relmfu

-------------------------------------------------------------------

櫻井よしこ氏「皇室問題 順序が逆」
配信元:産経新聞
2012/04/12 10:13更新

【櫻井よしこ 野田首相に申す】

 野田佳彦首相が「緊急を要する」として設けた「皇室制度に関する有識者ヒアリング」に10日、出席した。問いは大別して2点、ご高齢の天皇陛下のご公務をどう捉え、どう支えるか、悠仁さま成人の頃には女性皇族が結婚で民間人となり、宮家がなくなる可能性もある中で、婚姻後の女性皇族をどう位置づけるかである。

 たしかに天皇陛下のご公務は膨大で、ご負担は大きいが、ご負担軽減のために女性宮家創設という問題提起自体、順序が逆である。

 日本の歴史上、天皇は一貫して最高位の祭主であった。歴代天皇は朝に夕に神々を敬い、徳を積まれ、国家・国民を守ってこられた。歴史のほとんどの期間を権力から遠い存在としてすごされた大祭主としての天皇を中心に、日本人は穏やかな文明を育んだ。

 ところが戦後、祭祀(さいし)は皇室の私的行為と見なされ、さらに近年、ご公務の負担軽減を理由として祭祀が簡略化されつつある。これは本末転倒で、日本の国柄を否定するものだ。

 女性宮家創設の前にご公務の再定義が必要である。まず歴史と伝統を大切にする意味で祭祀を最重要のご公務と位置づけ、そのうえで国事行為や象徴行為を優先度によって整理する。天皇陛下でなければ務まらない事柄を除いて、皇太子さまや秋篠宮さまに担っていただき、その余の役割を女性皇族方に分担していただくのが本来の順序であろう。

続きあり、全体記事
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/koushitsu/556022/

関連記事・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
櫻井よしこ氏「隙作った日本が悪い」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/591051/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【百地章】小林よしのり氏の女系論を検証する Part1
[桜H22/4/1]
http://www.youtube.com/watch?v=oZ4aMhpIUAo&feature=relmfu


新田均】小林よしのりの「皇室論」を検証する
[桜H22/7/8]
http://www.youtube.com/watch?v=01sEQoJ76YQ&feature=relmfu

皇位継承問題をめぐり、「ゴー宣道場チャンネル」や「ゴーマニズム宣言スペシャル『天皇論』追撃編」「本家ゴーマニズム宣言」等で展開されている論旨が、昨年刊行されたば­かりの「ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論」における主張とも撞着を起こしている件などについて検証していただきます。


1/9【討論!】皇位継承問題を考える
[桜H22/3/6]
http://www.youtube.com/watch?v=2wiTXE3qCEE&feature=list_other&playnext=1&list=SP6298EBCCD04F6806

youtubeから直接見て頂ければ、1〜9まで連続で見ることができます。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。