スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界を覆う「害虫華人」!

「国防動員法」が発令されるのも近いのか?

0d89bedd_convert_20120724231220.jpg

「中国『国防動員法』の脅威を認識せよ」櫻井よしこ
http://yoshiko-sakurai.jp/2010/06/24/1794

国防動員法(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%98%B2%E5%8B%95%E5%93%A1%E6%B3%95


「日本は釣魚島の歴史をあからさまに捏造」と主張(1)=米華人
2012/09/29(土) 12:16  

 米国世界抗日戦争史実擁護会副会長・丁元氏はこのほど、「日本は釣魚島(尖閣諸島の中国側呼称)の歴史をあからさまに捏造(ねつぞう)している」と論じた。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は丁元氏の発言より。

  アフリカから中東、さらにアジアへと、反アメリカの抗議デモがイスラム国家で次々に発生している。アメリカはすでに2度にわたる戦争で、数千人もの犠牲を払っている。そのうえ、連邦準備制度理事会(FRB)の財政赤字と政府債務残高は過去最高の水準だ。

  アメリカの貴重な資源をいかに活用し、自国の利益と価値観を守るかという問題に対し、われわれは慎重かつ厳粛に考えるべきであるが、これは極めて困難な選択だ。

  中国が釣魚島および付属島嶼(とうしょ)の発見および地理的特徴を詳細に記載した歴史文献は、1372年までさかのぼることができる。数百年の歳月のなか、かつては台湾の一部として管理されていた。

  しかし、1895年、日本が台湾を占領し、植民地統治を行ったことで、日本は釣魚島を「尖閣」という新たな名で呼び、これらの島嶼を沖縄県に合併した。第2次世界大戦後、日本は『ポツダム宣言』と『カイロ宣言』の規定に従わず、これらの島嶼を中国に返還することを拒否した。この2つの公文書は1951年の『サンフランシスコ平和条約』と1952年の『中華民国と日本国との間の和平条約』の法律基盤でもある。

  日本の「1884年に無人島だった釣魚島を発見した」との説は偽りであり、日本の自国の歴史資料とも矛盾している。著名な日本学者である林子平氏が1783年に出版した歴史文献の航海用海図がその矛盾した資料の1つである。

  この航海用海図には、釣魚島を含む地域が中国の一部であることが明確に記されている。また、海図の製作年数も日本が「発見した」としている1884年よりも101年も前のことだ。(つづく)(編集担当:米原裕子)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0929&f=politics_0929_008.shtml

-------------------------------------------------------------------

「日本は釣魚島の歴史をあからさまに捏造」と主張(2)=米華人
2012/09/29(土) 12:20

  米国世界抗日戦争史実擁護会副会長・丁元氏はこのほど、「日本は釣魚島(尖閣諸島の中国側呼称)の歴史をあからさまに捏造(ねつぞう)している」と論じた。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は丁元氏の発言より。

  米国の参議院にあたる上院の文献記録によると、日本の釣魚島(尖閣諸島の中国側呼称)に対する主権の主張を米国は一度も認めたことはない。われわれはこの争いのなかで、どんな役割も演じるべきではない。『日米安全保障条約』は、米国は日本本土を守る責任があるとしか規定していない。

  タカ派である日本の野田佳彦首相は、反論や検証に耐えられない穴だらけの証拠を国連総会で披露した。野田首相の暴走ぶりは、かつてのリビアの最高指導者・故カダフィ大佐が2009年の国連総会で独自の演説を繰り広げ、大暴れした、あのパフォーマンスをも上回るものだ。

  中日関係は崩壊寸前である。その後に待ち受けているのは、日本に対する経済制裁ひいては軍事的行動である。中日の衝突は米国などの地域へと広がり、国際貿易と世界の平和を混乱に陥れるだろう。このようなドミノ効果は破壊的な力を持っている。日本政府の釣魚島の歴史に対するあからさまな捏造は、1872年から何世紀にもわたって日本が行ってきた偽りと脅迫からくるものだ。

  日本は1872年、一方的に琉球王国を廃止し、「沖縄」という名で、その領土を日本の鹿児島県の管轄とした。ここに来て、日本帝国主義の欲が出て、日本は朝鮮半島に攻め込み、1910年の韓国併合によって、朝鮮の日本統治時代が始まった。続いて1931年には、中国東北地域に侵略し、満州(現中国東北部)全土を占領。1937年から1945年にかけ、第2次世界大戦で連合軍に敗北するまで、日本は中国のほかの地域およびアジア諸国への侵略を繰り返していた。

  釣魚島をめぐる争いは、そうした帝国主義の歴史が息を吹き返したことの現れである。すべての国が、日本の帝国主義の野心こそが、アジア地域において大量の犠牲を出し、3500万人もの人が虐殺された悪の根源であることを覚えている。拡張という日本の愚かな行為において、米国はいかなる役割も演じるべきではない。(完結)(編集担当:米原裕子)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0929&f=politics_0929_009.shtml

-------------------------------------------------------------------


反日デモ 米首都でも反日デモ、中国系団体
配信元:産経新聞
2012/09/17 09:59

::::::ワシントンでも反日デモ 509761_c185

 【ワシントン=柿内公輔】米首都ワシントンの日本大使館前で16日、日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に抗議する反日デモが開かれた。

 デモを呼びかけたのは中国系団体で約200人が参加。中国の国旗のほか、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国のものだ」、「尖閣諸島から日本は出て行け」などと書かれた横断幕やプラカードを正面入り口付近で掲げ、気勢を上げた。現場には中国国旗のほか台湾の旗も並んだ。

 デモに参加した中国系米国人の若い女性は「釣魚島の領有を主張する権利が中国にあるのは、歴史的にも明らかだ」と興奮気味に話し、「米社会の反応が気になる。米国でももっと反日運動が盛り上がってほしい」などとまくし立てた。

 各国の大使館が並ぶ一帯はふだんは閑静だが、車道にあふれ出して気勢を上げるデモ隊に、行き交う通行人や車の運転手が驚いた様子で見入っていた。

 ただ、米警備当局は通常よりも厳しい警戒態勢を敷き、デモも実質1時間ほどで終了。参加者は記念撮影をするなどした後に解散し、大使館側への被害や大きな混乱はなかった。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/591906/

-------------------------------------------------------------------

反日デモ NYでも反日デモ、約千人が参加
配信元:産経新聞
2012/09/17 10:00更新

::::::ニューヨークも反日デモ 509796_c185

 【ニューヨーク=黒沢潤】米ニューヨークの日本総領事館前で16日、日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に抗議する中国系米国人ら約千人のデモが行われた。

 デモ参加者は「日本軍国主義を打倒せよ」などと書かれたプラカードを掲げたり、「中国人は団結せよ」などとシュプレヒコールを上げた。総領事館は日曜日のため休館で、目立った混乱はなかった。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/591876/

-------------------------------------------------------------------

中国系住民、チェコでも反日デモ 日本国旗踏みつけも
配信元:産経新聞
2012/10/04 11:37更新
このニュース記事のカテゴリは世界からです。

この記事に関連するフォト・情報記事本文 チェコの首都プラハ中心部にある日本大使館前で3日、現地の中国系住民ら約100人が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化に抗議するデモをした。チェコ警察が大使館を警備し、大きな混乱はなかった。

 大使館によると、デモ隊は「釣魚島は中国の領土だ」と書かれたプラカードや中国国旗を持ち、約2時間にわたってシュプレヒコールを上げた。日本国旗を踏みつける参加者もいたという。

 欧州では、英国やイタリア、ハンガリーでも中国系住民らによる反日デモが行われた。(共同)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/596232/

-------------------------------------------------------------------

ハンガリーでも反日デモ 中国系住民が大使館敷地に卵投げ込み
配信元:産経新聞
2012/09/25 20:46更新
このニュース記事のカテゴリは世界からです。

この記事に関連するフォト・情報記事本文 在ハンガリー日本大使館は25日、同大使館前で24日に沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化に抗議する中国系住民らによるデモがあったと明らかにした。約180人が参加したとみられ、大使館の敷地には複数の卵が投げ込まれた。地元警察はデモ隊の一人を一時拘束した。

 大使館によると、デモ隊は「釣魚島は中国の領土だ」と書かれた横断幕や中国国旗を持ち、ゲート前で1時間以上にわたってシュプレヒコールを上げた。

 欧州では、ロンドンやローマでも中国系住民らによる反日デモが行われた。(共同)


-------------------------------------------------------------------

島を乗っ取る厄介な集団…卑劣な中国への対処法は
配信元:産経新聞
2012/09/19 10:44更新

【湯浅博の世界読解】

 中国当局は東シナ海で漁期に入ったのをテコに、人々の関心を反日デモから直接、尖閣諸島に向けている。中国の零細漁民は近年、尖閣諸島周辺海域にまで漁船をこぎ出す能力をもってきた。

 その兆候は、中国国営新華社通信発行の時事雑誌「瞭望新聞週刊」が昨年2月に掲載した記事にあった。

 「漁船をレベルアップするための改造を推奨し、争いのある海域での漁業活動を保障している」

 海洋境界の防衛には一致協力してことにあたる必要があるという趣旨の記事の中で、中国当局が漁民を紛争海域に送り込むことを奨励し、そのためにエンジンの改造に補助金を出すなどの支援を行うことを明らかにしていた。

 胡錦濤国家主席、温家宝首相のコンビが、国内保守派から親日派とみられないよう強硬策をとっている、などと考える必要はない。2010年7月に彼らは「国防動員法」を施行し、軍国主義ばりの国家総動員体制を強いている。

 この法律の第9条は、法律の主語が温首相の国務院と胡主席の中央軍事委員会であることを明記する。第48条の「国防勤務」では、動員された民間人が軍の作戦支援を行うことを義務づけている。今回の漁船でいえば、一部は偽装された海上民兵だろう。文字色

関連記事・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
反日デモ「千円もらって参加」中国、組織的に動員か?
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/592613/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


海上民兵は海軍が実施する演習に定期的に参加している厄介な集団だ。1974年にベトナムが領有していた南シナ海の西沙諸島の永楽島を漁民を装って占領している。90年代にフィリピンが領有を主張していたミスチーフ環礁も乗っ取った。

 海上民兵は外見が漁船だから識別が難しいうえ、攻撃を受けると「敵は無実の漁船を攻撃した」と国際世論に訴える。この陰険、卑劣な相手を駆逐する方法はあるのだろうか。

 近年でみると、強硬策としては太平洋の島国パラオ付近の海域で3月、違法操業を取り締まっていたパラオ当局が中国漁船に発砲し、漁船に乗船していた中国人1人を死亡させたケースがある。パラオ当局は漁船に残っていた中国人25人を拘束しており、侮った中国側の大失敗だった。

 粘り勝ちを狙ったのは、南シナ海のスカボロー礁で中国の艦船とにらみ合ったフィリピンの例だ。この4月から、中国の監視船が大漁船団をタテに環礁周辺海域に現れ、フィリピンが艦船を送り込んで対峙(たいじ)した。フィリピンは日米両国を後ろ盾に、にらみ合ったまま一歩も引かなかった。

 96年の台湾初の総統選挙のさいに、中国が台湾海峡でミサイル発射実験により圧力をかけ、米国が2つの空母打撃群を派遣したことがあった。中国が民主主義と軍事力に敗北した例である。以上は中国の圧力に敢然と立ち向かったケースだ。

 尖閣周辺の領海内で起きた中国漁船の体当たり事件で、わが民主党政権がヤワな対処法をとったのは周知の通りだ。那覇地検にこの船長を不起訴処分にさせた。しかし実際には、クリントン米国務長官による日米安保条約の尖閣適用発言や、レアアース(希土類)輸出の全面差し止めに対する国際的な非難が、中国に圧力をかけることになった。

 中国は相手国の徹底した抵抗と、国際社会の非難には敏感に反応する。日本はこれら「対中対処法」を組み合わせ、柔軟にくり出すべきだろう。尖閣諸島の「国有化」は、中国の理不尽さを際立たせ、逆に日本人に防衛意識を目覚めさせた。(東京特派員)

-------------------------------------------------------------------

日中対立、各国どう見る…韓国「日本の無節制な行動」
配信元:産経新聞
2012/09/18 12:45更新

::::::尖閣へ向かう中国漁民団 1927497

 日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に抗議する中国の反日デモは、17日で1週間連続となった。日本や中国との間で領有権問題を抱える近隣諸国は、デモの動向や日中の深まる対立を注視している。

 ■韓国「日本の無節制な行動」

 【ソウル=加藤達也】韓国紙の朝鮮日報は17日付の社説で、「総選挙を控えた日本の政治家が国内政争に領土問題を引き込むという無節制な行動と、中国の尖閣に対する領有権の主張に変化がないかぎり、事態は拡大、悪化する恐れがある」と指摘した。

 社説は尖閣問題や竹島問題が中国、韓国で日本に対する反発を招いている情勢を「異常」だと指摘。こうした状況が生まれた背景には、「日本政府や政権獲得を目指す勢力などによる矛盾した領土問題への対応と、歴史に対する意識の欠如がある」と日本を批判している。

 その上で、「日本は韓国が実効支配している独島(竹島の韓国名)の状況を変えるために露骨な行動を取り、逆に日本が実効支配している尖閣に対する中国の動きについては論理的な名分を失った」と述べて竹島問題に言及している。

 また社説は、日本政府が尖閣国有化に踏み切った時期が、満州事変のきっかけとなった、柳条湖事件の発生日(今月18日)の直前となったことについても、「日本の歴史に対する無神経」と論評した。

関連記事・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パナソニック襲撃 「井戸掘った人」への恩を忘れた中国
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/manufacturer/592364/

尖閣だけはない!中国の「沖縄工作」の狙い
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/other/591016/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ■ベトナム/フィリピン “沈黙”も脅威認識新た

 【シンガポール=青木伸行】中国と南シナ海で領有権を争うベトナム、フィリピン両政府は、「第三者」として表向き“沈黙”を守りつつ、尖閣諸島をめぐる中国政府の出方と国内の動向を凝視し、脅威認識を高めている。

 ベトナムの元駐広州(中国)総領事、ズオン・ザイン・ジ氏は、領有権問題における中国の基本パターンとして「強い態度の国に対しては強硬に、下手に出る国にはソフトに対応する。南シナ海の領有権問題の当事国でありながら、おとなしいマレーシアやブルネイにはソフトで、日本、ベトナム、フィリピンに対しては挑発的だ」と指摘する。

 領有権問題の当事者ではない他の東南アジア諸国も、尖閣諸島をめぐる事態を注視している。17日付のシンガポール紙ストレーツ・タイムズによると、東南アジア研究所の客員研究員のマイケル・リチャードソン氏は「中国、日本、米国が計算を誤れば、爆発しかねない時限爆弾だ」と懸念する。

 とりわけ、「中国は、経済・軍事力を強化し続ければ、日本と米国は尖閣諸島を『防衛』する手を緩めるだろう、と自信をもっているようだ」と、危険性を指摘している。

 ■ロシア 冷静報道 「便乗」抑制か

 【モスクワ=遠藤良介】北方領土問題を抱えるロシアでは今のところ、反日デモを冷静に報じている。プーチン政権は自国の極東・東シベリア開発をにらんでアジア諸国との関係拡大を重視しており、露骨に中国寄りの立場を取ることを抑制しているとみられる。

 国営テレビ「ロシア24」は17日、デモの模様を現地から詳しく報道。「領土問題では譲れない。戦争あるのみだ」とする中国人のコメントに加え、「略奪や放火は何の解決にもつながらない。これは愛国的行動でなく暴動だ」という現地の生の声も伝えた。

 ロシアは今月、極東ウラジオストクでアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を初めて主催した。17日付の有力経済紙コメルサントはこれを踏まえ、「アジア太平洋地域の協力を活性化させるとの合意が台無しになる恐れがある」と懸念を示した。

 ■米国 好戦路線 権力闘争証し

 【ニューヨーク=松浦肇】反日デモに関連して、16日付の米ニューヨーク・タイムズ紙が「(中国共産党の)権力闘争が内部で続いているサイン」と分析し、「緊張を高めるために中国が日本に対して好戦的な対応をしている」とする識者の見解を伝えた。

 同紙は、「胡錦濤国家主席が権力を完全に移譲する用意ができていない」との識者の見方を伝えた上で、軍トップである中央軍事委員会主席のポストに胡氏がとどまることが必要だ-という雰囲気をつくるため、「(日本などとの)海洋紛争を拡大させている」との見解を示した。江沢民前国家主席から胡氏への権力移譲のさい、中央軍事委主席ポストの交代が2年遅れた例も紹介した。

 中東での反米デモなど米国も多くの外交問題を抱えているため、米メディアによる米国内の反日デモへの報道は活発ではない。

記事元:
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/592103/




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。