スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日中戦争】中国軍が暴走寸前!

「中国は好戦的な暴漢のよう」尖閣危機、米国議会は日本より切迫感

::::::日中戦争】中国軍が暴走寸前! 519a6c6f

【尖閣】「開戦の準備を」「世界5000万の華人が支援」-上海で学術シンポジウム

【尖閣】中国海軍のフリゲート艦2隻を確認4

::::::日中戦争開戦】尖閣に中国海軍フ..

尖閣諸島、米紙が「19世紀末まで中国の領土、日本は日清戦争後に占領」と報道―中国メディア
Record China2012年10月01日12時04分

2012年9月27日、米紙ロサンゼルス・タイムズは尖閣諸島の歴史について報じた。新華社通信傘下の参考消息ネットが伝えた。

::::::米紙ロサンゼルス・タイムズ

月27日、米紙ロサンゼルス・タイムズは尖閣諸島の歴史について報じた。報道は、明代から現代にいたるまでの同諸島の主権の移り変わりに焦点が当てられており、怨恨が渦巻いている島だと伝えている。資料写真。

 同紙の報道では、1895年日清戦争終戦後、日本政府は台湾や尖閣諸島を占領し、古賀辰四郎に貸与したと伝えている。その後の第2次世界大戦時に米国が尖閣諸島を占領していたが、戦後日本に行政管轄権を返還したとしている。しかし19世紀末前まで尖閣諸島の主権は中国が持っており、その歴史は13世紀にまでさかのぼることができるという。

 明代の文献には尖閣諸島は中国と琉球王国を行き来する際に、水や木材を補給するために利用されていたという。一方日本の尖閣諸島に関する文献の中で最も古いのが16世紀ごろ同諸島は海賊の基地だったという記述だそうだ。米紙の報道は、明代から現代にいたるまでの同諸島の主権の移り変わりに焦点が当てられており、怨恨が渦巻いている島だと伝えている。(翻訳・編集/内山)

http://news.livedoor.com/article/detail/7002918/

-------------------------------------------------------------------

石垣市は世界の新聞に尖閣広告を 
~中国、米有力3紙で尖閣領有主張~
【2012.9.28 サーチナニュース】

・夲シ夲シ夲シ夲シ夲シ夂アウ譛牙鴨・鍋エ吶〒蟆夜魅鬆俶怏荳サ蠑オ縲€7f6b79f9縺ョ繧ウ繝斐・_convert_20121003020653

中国英字メディア、米有力3紙に尖閣領有の「特集記事」掲載

 中国新聞社は9月30日、中国の英字メディア、チャイナ・デイリーが米国時間同28日付のニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、ロサンゼルス・タイムズの3紙上に同時に尖閣諸島の中国領有をアピールする「特集記事」を寄稿したことを伝え、関係者のコメントを紹介した。

  いずれの「特集記事」もほぼ紙面2面分を使い、尖閣諸島の歴史記述や写真、地図が盛り込まれた。チャイナ・デイリーの関係者によると、その内容は中国政府が先日発表した「釣魚島(魚釣島の中国名称)は中国領土」白書の英語版から抜粋したものだという。

  チャイナ・デイリーの米国本部担当者は自身のミニブログ上で「今回の記事は、米国内の200万人の読者に読まれることになる」とコメントした。また、ある担当者は「これは広告ではなく『特集記事』だ」と語り、「事実や法的根拠を用いて米国の読者に中国の立場を説明するものだ」と掲載の目的を説明した。

  中国新聞社は、記事掲載後に在米日本大使館が「一方的な見解の過剰な吹聴によって生じる誤解を座視することはできない」として各社に対して抗議を行ったとする日本メディアの報道も合わせて紹介した。(編集担当:柳川俊之)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1001&f=national_1001_020.shtml

-------------------------------------------------------------------

中国英字メディア、米有力3紙に尖閣領有の「特集記事」掲載
2012/10/01(月) 10:28

  中国新聞社は9月30日、中国の英字メディア、チャイナ・デイリーが米国時間同28日付のニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、ロサンゼルス・タイムズの3紙上に同時に尖閣諸島の中国領有をアピールする「特集記事」を寄稿したことを伝え、関係者のコメントを紹介した。

  いずれの「特集記事」もほぼ紙面2面分を使い、尖閣諸島の歴史記述や写真、地図が盛り込まれた。チャイナ・デイリーの関係者によると、その内容は中国政府が先日発表した「釣魚島(魚釣島の中国名称)は中国領土」白書の英語版から抜粋したものだという。

  チャイナ・デイリーの米国本部担当者は自身のミニブログ上で「今回の記事は、米国内の200万人の読者に読まれることになる」とコメントした。また、ある担当者は「これは広告ではなく『特集記事』だ」と語り、「事実や法的根拠を用いて米国の読者に中国の立場を説明するものだ」と掲載の目的を説明した。

  中国新聞社は、記事掲載後に在米日本大使館が「一方的な見解の過剰な吹聴によって生じる誤解を座視することはできない」として各社に対して抗議を行ったとする日本メディアの報道も合わせて紹介した。(編集担当:柳川俊之)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1001&f=national_1001_020.shtml

-------------------------------------------------------------------

国連総会で支離滅裂な論理を展開した中国外相

中国の尖閣領有権主張は周辺地域の石油埋蔵報告を受け、米国から日本へ沖縄と同時に尖閣諸島が返還される直前の1970年に突然始まったもので、中国が尖閣諸島を領有してきた証拠とするいずれの史実、史料にも根拠がない。
それどころか、CIAの調査により1966年の中国軍用地図(毛沢東直属の紅衛兵向け地図)に尖閣諸島が日本領として記述されていることが明らかになっている。

中国の主張に正当性がないことは、はからずも2012.9.27国連総会での中国ヨウ・ケッチ外相の支離滅裂な主張が世界中にアピールし、かえって日本の正当性を強調してしまった。

「カイロ宣言」で自爆した中国外相

〔中国外相の主張〕
日清戦争後の1985年、日本が尖閣諸島を中国から得た(下関条約のことを言っている)。その後、1943年のカイロ宣言により第二次大戦後、中国に返還された。

〔歴史の事実〕
1.日清戦争後の下関条約で中国から合法的に割譲された台湾などに尖閣諸島は含まれていない。
2.尖閣諸島は古来からの本の領土であったので、そもそも中国から割譲されたことはない。日清戦争前も日清戦争後も常に日本領土。
3.したがって「日清戦争で中国が奪われた領土を日本に返還する」というカイロ宣言の対象に尖閣諸島は含まれていない。
4.さらに、カイロ宣言はF.ルーズベルト、チャーチル、蒋介石ら三首脳の署名がなく公文書として効力がない「報告レベル」という説が有力。

〔結論〕
尖閣諸島とカイロ宣言はまったく無関係(=世界中の常識)

 いまこそ日本は世界中に尖閣問題をアピールすべきとはいえ、世界中の人々は自国以外の領土問題には関心が薄いのも事実。
アメリカでは従軍慰安婦、竹島韓国領など韓国系移民や韓国系議員の「努力」で日本に対する謝ったイメージが展開され、浸透している。

 特に世界的に有名な有力誌(ニューズウイーク、タイムズなど)での広告はインパクトが大きい。
中国の論理が破たんしているのは明かだが、世界中の人々に「なんとなく中国のものなのでは?」というイメージを定着させてはならない。

日本としても、世界の有力誌に尖閣問題における日本の正当性、中国の不正をアピールしなければならない。

では、どこが寄稿するか?

 ここで問題になってくるのが「どこが世界の新聞に寄稿するのか?」ということだ。もちろん本来であれば政府が行うべきである。
だが、現政府に(民主党ではいつものことだが)その動きがない以上、別の方法を考えなければならない。

 かといって、中国側は半国営の中国メディアが寄稿したのだから、日本側も公的な機関がアピールしなければならないだろう。
維新の会あるいは自民党が「党としての意見」を述べたのでは、受け手の印象がまったく違うからだ。
とすれば、直接的な利害関係者として国以外で最も打倒なのは沖縄県あるいは石垣市だ。

記事元:http://plaza.rakuten.co.jp/da110011/diary/20121001/

-------------------------------------------------------------------

敗戦国が戦勝国・中国の領土を盗むのか=日本の弱みをついた中国の新論理―香港メディア
Record China2012年10月02日13時21分

2012年9月28日、香港・中央通訊社は、尖閣問題について中国が示した新たな発想は日本の急所をついたと評している。

26日、野田佳彦首相は国連大会及びその後の記者会見で領土問題について発言した。翌27日、中国外交部の秦剛(チン・ガン)報道官は「敗戦国が戦勝国の領土を占領しようとは、一体どういう道理だろうか?」と発言した。

秦報道官の発言はまさに日本の弱みをつくものだろう。中国は、日本が第二次世界大戦、すなわち反ファシズム戦争の結果をくつがえそうとするものであることを国際社会に訴え、支持を獲得するべきだ。同時に、日本の尖閣諸島実効支配を打ち砕く実質的行動も推進するべきだ。この二つの方法を通じて尖閣諸島を取り戻すべきだろう。(翻訳・編集/KT)

http://news.livedoor.com/article/detail/7007013/

-------------------------------------------------------------------

【尖閣】「開戦の準備を」「世界5000万の華人が支援」-上海で学術シンポジウム

::::::学術シンポジウム 201209290100000thumb

2012年9月26日、上海市で尖閣防衛をテーマにした学術シンポジウムが開催された。27日、環球網が伝えた。

シンポジウムは上海国際問題研究院と方夏文化交流協会、全国台湾研究会の共催。
「両岸四地及び海外華人による釣魚島主権の共同防衛」をテーマに開催され、 中国本土、香港、マカオ、台湾、米国、日本などから計60人以上の研究者が参加した。

 シンポジウムでは理性的な発言から感情的な発言までさまざまな意見が飛び出した。米ロサンゼルス華夏政略研究会の王中平(ワン・ジョンピン)会長は開戦に意見が傾いているという。

 ひとたび戦争になれば世界5000万人の中国系移民は動員され大きな力になると語った。王会長は武力行使が可能であることがすべての前提であり、できなければすべてが空論で終わってしまうと指摘


 日本にはハードパワー、米国にはソフトパワーで対応するべきと語り、幻想を捨て戦闘の準備をするべきだと結論づけた。(翻訳・編集/KT)

Record China 9月29日(土)12時20分配信
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=65060

------------------------------------------------------------------

「中国は好戦的な暴漢のよう」尖閣危機、米国議会は日本より切迫感
産経新聞 9月20日(木)12時45分配信

 「中国は海洋紛争の関係諸国に対し好戦的な暴漢のようにふるまい、とくに日本に向かって官営メディアやブログが国内の反日感情をあおり、各都市で反日暴動まで起こしているが、米国はあくまで同盟国としての日本を支援します」

 日本側としては、ほっとさせられる言明だった。米国連邦議会の下院外交委員会がつい先週、開いた南シナ海などでの中国パワー拡張についての公聴会だった。その冒頭で委員長のイリアナ・ロスレイティネン議員が中国の南シナ海から西太平洋での行動を無法だと非難し、その軍事の攻撃や威嚇には米国海軍を使っても日本やフィリピンを守るとまで明言したのだ。
 オバマ政権の高官たちの「尖閣には日米安保条約が適用される」という無機質な言明にちょっと息を吹きこむと、こうなるのか。伝統的に同盟の絆を重視し、しかもいまは野党の共和党の議員だから、こうした日本擁護の強い言葉が出るのか。

 だがオバマ政権と同じ民主党の同外交委筆頭メンバーのハワード・バーマン議員からも意外に強い見解が表明された。

 「南シナ海などでの今回の緊迫は中国側が一方的に火をつけました。中国の領有権主張はいつも膨張的で根拠が不明確なのに、いままたさらに攻撃的、挑発的となった。オバマ政権は中国のアジア海域での覇権の拡張を許さないでしょう」

 中国側の反日の部分にも鋭い批判がぶつけられた。中国政府の人権弾圧を長年、糾弾してきた共和党のクリス・スミス議員の発言だった。

 「中国の独裁政権は反日をあおるために、インターネットの検索でも『拷問』というと、戦時の日本軍の残虐行動の事例だけが山のように出るようにしています。古い出来事を昨日のことのように提示し、自分たちの現在の拷問はすべて隠す。日本はこうした動きに真剣な懸念を抱くべきです」

 米国側はこの種の領有権紛争にはもちろん超党派で平和的な解決を求めるが、この公聴会は尖閣を含む中国がらみの海洋紛争をすでに軍事課題に近い位置づけをしていることが明白だった。ロスレイティネン委員長も冒頭の声明で「中国の西太平洋までもの覇権の追求のために海洋での軍事衝突の可能性が確実に高まってきました」と述べていたのだ。だから南シナ海、東シナ海での米軍の戦力強化もしきりに論じられた。

 その過程でロバート・ターナー(共和党)、ジェラルド・コナリー(民主党)、ブラッド・シャーマン(同)の3議員からはっきり日本の名をあげての「防衛費の増額」「米国との共同防衛の強化」そして「尖閣諸島の独自の防衛」の要請がなされた。

 証人として発言したトシ・ヨシハラ米海軍大学教授は「尖閣防衛の主責任は当然、日本にあり、万が一の中国の尖閣攻撃には日本が最初に自力で対処して、反撃しなければ、日米共同防衛も機能しないでしょう」と述べた。こうして最悪の事態の軍事衝突を想定して、その対処への能力の強化を語るのは、軍事の強固な備えがあれば、軍事攻撃が防げるという抑止の思考からだろう。

 こうした米国議会での尖閣に触れる議論は政権の公式言明よりはずっと米側全体の本音に近いだろう。その本音は尖閣紛争を日本側よりもはるかに深刻に、切迫した危機としてみているように思えるのだった。(ワシントン駐在編集特別委員・古森義久)

記事元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120920-00000534-san-int


【日中戦争】中国軍が暴走寸前!アメリカ政府・米軍が尖閣問題で日本を支援!背後のユダヤCIAが第三次世界大戦勃発のタイミングを伺う!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。