スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国は「日本は尖閣を盗んだ」と言う、次は沖縄(琉球)ということか?

<尖閣>中国外相、日本を名指し非難 国連演説「盗んだ」
毎日新聞 9月28日(金)11時12分配信

::::::国連総会で、演説する中国の楊潔篪外相 

 【ワシントン白戸圭一】中国の楊潔?外相は27日夜(日本時間28日午前)、ニューヨークの国連総会(193カ国)で一般討論演説を行い、日本政府の沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化を中国の主権に対する「重大な侵害」として、日本を名指しで非難した。楊外相は、日本が1895年の日清戦争で尖閣諸島を「盗んだ」とも述べ、中国固有の領土であるとの主張を国際社会に向けて強調した。

【「後退する妥協はあり得ない」】野田首相 尖閣で譲歩しない考えを強調 国連での演説

 楊外相は演説で、尖閣諸島は戦後、連合国による「カイロ宣言」や「ポツダム宣言」に基づいて中国側に返還されたとする独自の考えを強調した。その上で、日本政府による国有化は「世界の反ファシズム戦争の勝利に対する公然たる否定であり、戦後の国際秩序と国連憲章に対する重大な挑戦だ」との主張を展開。国有化は「違法であり無効だ」と述べ、中国の正当性を強調した。

 さらに、楊外相は「中国の領有権を損なうあらゆる行為をただちに停止し、実際の行動で過ちを正すこと」を日本側に要求。尖閣をめぐる摩擦を「争い」と表現、領土問題の存在を印象づける一方、「交渉で解決する軌道に戻るよう強く促す」と日本政府との対話の余地があることを示唆した。

 尖閣諸島を巡る日中間の対立を巡っては、野田佳彦首相が26日の国連総会での演説で、中国を名指しすることを避けながら、領土・領海問題の国際法にのっとった平和的解決を訴えていた。楊外相の演説は日本を名指しした上で、日本が同諸島を「盗んだ」との強い表現を用いるなど、中国側の対決姿勢が際立っている。

 野田首相の演説に対して中国外務省は27日、「自らを欺き、人もだますやり方」などと非難する報道局長談話を発表していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120928-00000029-mai-cn

-------------------------------------------------------------------

中国・楊外相、国連総会一般討論演説で日本を名指しで強く非難
フジテレビ系(FNN) 9月28日(金)13時42分配信

中国の楊潔チ外相は日本時間28日午前、国連総会で一般討論演説を行い、尖閣諸島について、「日本が即刻、間違いを正し、対話による解決への道筋に戻るよう求める」と述べ、日本を名指しして強く非難した。
楊外相は「中国は、日本が即刻、対話による解決への道筋に戻るよう求める」と述べた。
楊外相は、演説で「尖閣諸島は歴史的にも古くから中国の領土で、日本が日清戦争で奪った」との主張を展開。
日本政府による国有化について、「中国の主権を侵害する違法な行動」と、強い表現で非難し、演説を締めくくった。
この演説を受け、日本は答弁権を行使して反論する予定。
一方、演説に先立ち、楊外相は、アメリカのクリントン国務長官と会談した。
クリントン長官は、尖閣諸島問題について話を切り出し、「頭を冷やし、対話によって事態を収拾してほしい。その自制力が日中両国にはあると信じている」と、冷静な対応を促した。.最終更新:9月28日(金)13時42分

フジテレビ系(FNN) 動画ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120928-00000438-fnn-int

-------------------------------------------------------------------

中国、「日本の共通認識打破の企みが関係悪化の根源」
2012年09月29日16時59分
提供:サーチナ

 日中国交正常化40周年の記念日にあたる29日を前に、中国外交部の洪磊報道官は28日、日本に対して「中国の領土主権を侵犯するすべての行動を停止し、日中関係を健全な発展の軌道に戻すよう」求めた。中国国際放送局が報じた。

 洪磊報道官は「今年は中日国交正常化40周年で、両国関係の発展のきっかけになるはずだった。しかし、多くの計画は日本の釣魚島(尖閣諸島の中国側呼称)の不法購入により破壊され、われわれの望まない事態になった。日本は間違いを正し、中国の領土主権を侵犯するすべての行動を取り消し、中日関係を健全な発展の軌道に戻すよう期待する」と述べた。

 さらに、「中国は釣魚島問題の棚上げという立場を引き続き堅持していくか」という記者からの質問に対して、洪磊報道官は「深刻化した中日関係は日本側の『国有化』行動によるもので、その責任はすべて日本にある。今回の問題の根源は、中日双方の既存の共通認識と了解を日本が打ち破ろうとしたことにある」と主張した。

 洪磊報道官はまた、「中国は釣魚島問題における立場が変わっておらず、一貫して対話による問題解決を主張している」と強調した。(編集担当:村山健二)

http://news.livedoor.com/article/detail/6999296/

-------------------------------------------------------------------

尖閣諸島「中国が日本の領土と認めていたことは明白」と識者
NEWSポストセブン2012年09月29日16時00分

 尖閣諸島の領有権をめぐって、中国ではテロにも等しい半日暴動を起こすなど、大きな外交問題となっている。

 中国は、日本が「日清戦争後に自国領土とした台湾と尖閣諸島」を“我が領土”と主張している。しかし、中国の「尖閣諸島は日本が清から略奪したもの」という主張は荒唐無稽といっていい。というのも歴史上、清が尖閣諸島を領有したことは一度もないのだ。国の体制が清から中国に変わっても、1970年代に至るまで、尖閣諸島の領有権を主張することはなかった。しかし――東海大学海洋学部教授で、東京都の尖閣諸島担当として尖閣諸島の調査にも参加した山田吉彦さんが解説する。

「1968年に国連の極東アジア経済委員会が、東シナ海に中東に匹敵するほどの石油資源が埋蔵されている可能性があるとの調査結果を報告しました。すると1971年に台湾と中国が突如、領有権を主張し始めたのです。要するに油田獲得が目的なのです」
 実際、尖閣諸島の領有権が日本にあるのは明らかで、その証拠も複数ある。『日本人が行けない日本領土』(小社刊)の著書があるフォトジャーナリストの山本皓一さんの話。

「1919年、中国・福建省の漁船が難破して31人が魚釣島に漂着。島に住んでいた日本人が彼らを救助しました。この時、中華民国の長崎領事は島民に感謝状を送りましたが、その宛名には『大日本帝国沖縄県八重山郡尖閣諸島』と記されていました。つまり、当時の中華民国は尖閣諸島が日本の領土だと明確に認めていたことがわかります」

::::::中華民国から感謝状 20120920-443104-1-L

 さらに中国や台湾が1970年以前に発行していた中国の地図でも、尖閣諸島は日本の領土とされていた。

『ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実』(PHP研究所)の著書があるジャーナリストの水間政憲さんが語る。

「例えば1960年4月に北京市地図出版社が発行した『世界地図集』では、尖閣諸島が日本の領土として『魚釣島』『尖閣群島』と日本名で表記されています。中国の地図は皆国定ですから、中国が日本の領土だと認めていたことは明々白々です」

・夲シ夲シ夲シ夲シ夲シ壼ー夜魅縺ッ譌・譛ャ縺ョ鬆伜悄・壼虚縺九〓險シ諡縲€_convert_20121002011916

 それが1970年以降の地図になると国境線が勝手に移動され、国境は尖閣諸島の東側へと、都合よく書き換えられていく。

::::::尖閣の地図

 それは台湾の地図でも同じ。1965年に発行された『世界地図集 第一冊 東亜諸国』のなかの、琉球群島と題された図版を見てわかるように、1965年の段階では明らかに日本領だと認識していた。


では、日清戦争後に日本の領土になったという指摘は正しいのか。

実はそれも事実とは異なる。尖閣諸島に日本人が最初に足を踏み入れたのは、1884年のこと。福岡の実業家・古賀辰四郎氏が探検隊を派遣し、無人島であることを確認。1895年に日本が領有を決定したが、日清戦争以前にそもそも日本人が上陸していたもので、日清戦争とは無関係。

 その後、古賀氏が日本政府から島を借り受けて開発を進め、カツオブシ工場と鳥の剥製工場を作った。最盛期には最大248人が島に住んでいたという。1932年には島は国から古賀氏に払い下げとなり、以降、島は個人の所有地になっていた。

※女性セブン2012年10月11日号

記事元:http://news.livedoor.com/article/detail/6999470/

-------------------------------------------------------------------

中国の暴力がまかり通ってもいいのか?

 「1968年に国連の極東アジア経済委員会が、東シナ海に中東に匹敵するほどの石油資源が埋蔵されている可能性があるとの調査結果を報告をきっかけに始まった尖閣領有権問題。

 以後この地域を奪い取ろうとする中国は、尖閣諸島を「核心的利益」と表明した。以降数々の問題を引き起こし、油田調査から油田掘削、領海侵犯を繰り返した挑発行為である。そして先般の尖閣漁船衝突事件に発展ししたが、中国の脅しに屈した日本政府は船長を早々と釈放した。明らかな中共によるであり属国扱いである。

 中国共産党の東アジア侵略構想実現のための力による第一歩である。その原因は民主党国会議員100名と総勢600名の中国詣でである。これで民主党政権は中国の属国表明をしたのと同じ。

 その結果何が起こったか・・・3.11のアメリカの報復である。(これは自然に起こった地震、津波ではないと言う考えから・・・)
そして野田政権は親中から親米へと方向転換を余儀なくされてしまったと言うことだろう。

そこで報復として挑発行為を仕掛けてきたのは明らかに中国側であるにも関わらず、日本政府が尖閣を国有化したと、原因をすり替えている。
戦争や紛争を仕向けた中国の陰謀に日本政府や国民が乗せられたと見るべきだろう。

その点は、欧米やロシアと同じ大陸型の狩猟民族の手前勝手で姑息(こそく)な陰謀でしかない。日本みたいな「世界平和を考える民族」は、憲法9条に安住し攻撃の術を忘れ、守りに徹するのみで、その間中国は攻撃のための戦略を着々と進めてきた。日本人は戦争は終わったと思っているが、中国、韓国、北朝鮮は戦争は集結ではなく停戦だとの認識である。
常に経済戦争、諜報、情報戦争の目に見えない戦争は激化しているのが現実です。

中国に「飲水忘掘井水」ということわざがある。

意味は、「水を飲む人は、井戸を掘った人の恩を忘れない」ということらしいが、実際に中国人は先人に対して恩を感じているのだろうか。

今起こっている日本国に対する挑発行為は「1968年に国連の極東アジア経済委員会が、東シナ海に中東に匹敵するほどの石油資源が埋蔵されている可能性があるとの調査結果報告があってから、1971年に台湾と中国が突如、領有権を主張し始めた。要するに油田獲得が目的なのです。

戦後日本は中国に対して発展途上国へのODA(政府開発援助)を行い、
1979年に始まった対中ODAは累計で3兆6千億円を超える。そのODAは未だに続けられているのには、呆れ返って声も出ない。

また日中平和友好条約で初来日した鄧小平氏は、
「私共は偉大な日本人民に学びたいと思っています」と述べ

パナソニック(当時松下電器)が中国に進出することになったのは、
鄧小平氏が34年前に三顧の礼を尽くして松下幸之助氏にお願いしたことがきっかけだった。
鄧小平氏は松下幸之助氏にこう切り出した。
「中国の近代化を手伝ってくれませんか」
松下氏:なんぼでもね・・・お手伝いしたします。と答えた。

後に胡錦涛国家主席は、「幸之助氏の支持は永遠に忘れない」と話している。
要は「水を飲む人は、井戸を掘った人の恩を忘れない」ということになる。
しかし、中国は言葉と行動は伴っていない。
井戸を掘った人の恩を忘れない国民がなぜ反日暴動で、日本人や日本製品や日本企業への暴力、略奪、放火、破壊等の暴力行動を起こしたのか?
どうも建前のようにしか思えない。なぜならば中国人は先人賢者のことわざを、都合に合わせて自己防衛に使っているではないか?

中国人の立場であれば、日本に対して一歩も二歩も下がって心の広さを見せてもいいのではないのか、それが「恩を忘れない」大人の対応と言うものだろう。
中国が経済発展を成し遂げられたのも日本政府や企業の並々並ならぬ努力があったことを中国は忘れてはいけないと思う。

捏造した歴史認識を外交カードにする中国、韓国

中国や韓国は、直ぐに戦争中のことを持ち出して内政干渉し国際社会で非難するが、現在とは次元が違うし、また事実に反した話である。戦争責任を問うのであれば、どちらが戦争を仕掛けたのかと言うことになる。
そして勝った方は正義で多勢に無勢で負ければ悪人にされてしまうのは世の常である。だからといって負けたほうが悪とは限らない。
勝った方が加害者で或ことの方が多い。
第二次大戦の覇者であるアメリカ大統領ルーズベルトは「私は宣戦はしない、私は戦争を造るのだ」・・・と言っている、有名な言葉である。

領土問題に関しても、中国は100年〜600年遡った論議になってしまう。韓国に至っては2000年遡る領土問題も主張し始めている。

俺のものは俺のもの、勿論お前のものも俺のもの・・・は中国共産党の思考のようだが、中国のことわざをもちだすと苦笑する。

しかし国際社会では、事実不実に関わらず、発信力のある方が勝つ!
その点については、日本は劣勢といえよう。


【反日デモ】暴動と恫喝、それが中国の外交カード
[桜H24/9/17]
http://www.youtube.com/watch?v=SJ9XE7bnh2g





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。