スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次期政権は凛とした国体に・・・

民主党、一度の不信は永遠の運命を損なうことがある。

沖縄・尖閣諸島付近で中国海洋監視船6隻が領海内に入る
フジテレビ系(FNN) 9月14日(金)12時2分配信

・夲シ夲シ夲シ夲シ壻クュ蝗ス豬キ豢狗屮隕冶飴縲€img_1280790_56197401_0_convert_20120915013640

沖縄県の尖閣諸島周辺で14日、中国の海洋監視船あわせて6隻が領海内に入った。午前11時半現在も、3隻の船が領海内を航行している。
14日午前6時すぎ、尖閣諸島大正島の南南西24kmの海上で、中国の海洋監視船「海監51」と「海監66」2隻が、相次いで日本の領海内に入った。
また、午前7時すぎ、ほかの4隻の海洋監視船が、久場島の北の領海内に侵入した。
領海に入ったのは、あわせて6隻で、このうち3隻は接続水域へ、残る3隻は依然、領海内を航行している。
海上保安庁の警告に対し、中国の船は「魚釣島は中国の領土で、正当な業務を行っている。直ちに、この海域から離れてください」と回答してきたという。
中国の公船が領海内に入ったのは、政府が尖閣諸島を国有化してから初めてのことで、一度に6隻は過去最多。

FNN動画ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120914-00000494-fnn-pol

-------------------------------------------------------------------

中国当局船 尖閣諸島沖の領海に侵入
NHKニュース 9月14日 9時7分

:::::中国当局船 尖閣諸島沖の領海に侵入2012.9.14

沖縄県の尖閣諸島の周辺で14日朝、中国政府の船、合わせて8隻が航行しているのが確認され、このうち6隻が領海に入りました。
このうち4隻は今も領海内を航行しているということで、海上保安本部が領海の外に出るよう警告しています。

14日午前6時20分ごろ、尖閣諸島の大正島の北、およそ22キロで、中国・国家海洋局所属の「海監51」、「海監66」の2隻が日本の領海に入ったのを第11管区海上保安本部が確認しました。
尖閣諸島の周辺ではこのほかに中国政府の船6隻が航行し、このうちの4隻がさらに領海に入ったということです。
領海に入ったのは合わせて6隻でこのうち2隻はすでに領海を出ましたが、残りの4隻は今も領海内を航行しているということで、海上保安本部が領海の外に出るよう警告を続けています。
中国当局の船が日本の領海に侵入したのは、ことし7月以来です。
海上保安本部によりますと最初に領海への侵入が確認された2隻は警告に対して「定期的なパトロールを行っている。島は古くから中国の領土だ」と返答してきたということです。
尖閣諸島では、先月、香港の活動家らが魚釣島に上陸して14人が不法入国で逮捕され、強制送還されました。
その後、日本政府は今月11日、地権者側と契約書を取り交わし、国有化しています。

領海侵入の6隻は
沖縄県の尖閣諸島沖の領海に侵入した6隻は、いずれも中国の国家海洋局所属の船、「海監」です。
このうち「海監51」と「海監66」の2隻が大正島沖で、「海監15」、「海監26」、「海監27」、「海監50」が久場島沖で領海に入ったということです。
周辺海域では、さらに2隻が大正島の北東の沖合を航行していて、海上保安庁が監視を続けています。

外務省が抗議
外務省は、中国側に対して抗議の意思を伝えるため、午前9時前に、中国の程永華駐日大使を外務省に呼んで抗議しています。

中国のテレビも異例の早さで放送
これについて、国営の中国中央テレビは、国家海洋局所属の船が日本時間の7時すぎから「中国の主権を守るための巡視活動を始めた」と異例の早さで伝えました。
中央テレビは、「活動を始めたのは、海監50、海監15、海監26、海監27、それに、海監51と海監66の合わせて6隻だ」としています。
活動の目的については、尖閣諸島および周辺の島々を管轄し、中国の海洋権益を守るためだ、と伝えています。

NHK動画ニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120914/t10015013581000.html

-------------------------------------------------------------------

“日本人に暴行” 上海で報告相次ぐ
9月13日 23時48分

:::::“日本人に暴行” 上海で報告相次ぐ

政府が沖縄県の尖閣諸島を国有化したことに、中国国内で反発が広がるなか、上海では飲食店で食事をとっていた日本人が、中国人に言いがかりをつけられて暴行を受け、けがをしたなどという報告が相次いでおり、日本総領事館が滞在する日本人に安全の確保に十分注意するよう呼びかけています。

これは、上海の日本総領事館が13日、ホームページ上に掲載したものです。
この中では、日本政府が尖閣諸島の国有化の方針を決めた今月10日以降、上海市内で、▽深夜に飲食店で食事をとっていた日本人のグループが、中国人に言いがかりをつけられたうえ暴行を受けてけがをしたことや、▽中国人から「日本人か」と声をかけられ、足を数回蹴られ、けがをしたなどという報告が相次いでいるとしています。
日本総領事館によりますと、これまでに少なくとも4人がけがをし、いずれも軽傷だとしています。
中国国内では、日本政府が尖閣諸島の国有化を決めたあと、主要都市では、毎日のように日本に対する抗議活動が続いているほか、主要なメディアは日本を強く非難し、国民の間に反日感情が高まっています。
このため上海の日本総領事館は、滞在する日本人に対し、抗議集会やデモに近づかないことや、日本人どうしで目立った行動をしないことなど、十分注意するよう、呼びかけています。

NHK動画ニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120913/k10015009941000.html

-------------------------------------------------------------------

中国 日本人社会に不安広がる
9月14日 5時56分

・夲シ夲シ夲シ夲シ壻クュ蝗ス+譌・譛ャ莠コ遉セ莨壹↓荳榊ョ牙コ・′繧九€€_convert_20120915014014

中国・北京の日本大使館前で連日続いている抗議活動は、13日は、日本人の経営する店が集まった近くの通りにまで広がり、大きな混乱はなかったものの、日本人の間に不安が広がっています。

北京の日本大使館の前で行われている抗議活動は、13日は、午後8時(日本時間の午後9時)まで続き、参加者は一時はおよそ300人にまで増えました。
その後、参加者の一部は日本人の経営するレストランなどが多い大使館の近くにある通りを行進し、時々立ち止まっては抗議のスローガンを叫ぶなどしていました。
これに対して、日本食レストランの多くは、抗議活動による被害を避けるために一時的に営業を停止したり中国の国旗を掲げたりしていました。
また、抗議活動の対象にならないように入り口に、「中国の立場を支持する」とか「島は中国のものだ」などと書いた紙を貼るなどして対応していました。
一方、中国人が経営するレストランの中には、店の人が窓から乗り出して中国の国旗を振って抗議活動に賛成する姿勢を示すところもありました。
レストランを経営する日本人の1人は「不安だが自己防衛策を講じながら抗議活動が収まるのを待つしかない」と話していました。
日本食レストランの中には、地元の管理組合からしばらく営業を停止するよう促された店もあるということで、13日の抗議活動では大きな混乱はなかったものの、日本人の間に不安が広がっています。

NHK動画ニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120914/k10015013051000.html

-------------------------------------------------------------------
[関連ニュース]

尖閣上陸事件、ビデオ公開・海保=巡視船で挟み込み
http://www.youtube.com/watch?v=TNty3Ee8eU8&feature=player_embedded

2012年8月27日
 沖縄県・尖閣諸島の魚釣島に香港の活動家らが不法上陸した事件で、海上保安庁は27日、巡視船から撮影したビデオ映像を報道各社などに公開した。抗議船を2隻の巡視船が挟み込む様子や、活動家らが、れんがを投げる場面が写っている。
 海保によると、約7時間の攻防のうち公開したのは約30分間で、「業務に支障が出ない範囲で編集した」としている。
 映像では、巡視船「みずき」と「のばる」が2隻で抗議船を挟み込み、停船させる様子が写っており、撮影者の海保職員が「海上保安官により船橋を制圧した」と声を上げる場面も記録されていた。
 また抗議船に乗っている活動家らが、追い掛ける巡視船に向け、れんがやコンクリート片を投げる場面も確認できた。【海上保安庁提供】

時事コム動画ニュース
http://www.jiji.com/jc/movie?p=top530-movie02&s=550&rel=y

-------------------------------------------------------------------

未確認情報ですが、石原都知事も定例記者会見で触れていた。これが事実ならば日本政府はなぜ公表しないのか・・・?

::尖閣沖で海上保安庁の巡視船「みずき」に体当たりする中国漁船

尖閣で海上保安庁職員がモリやこん棒で死亡

BBCの中国版の報道によると、9月7日の尖閣諸島の密漁・当て逃げ逃亡中国漁船の船員を逮捕する祭に、日本の海上保安庁の職員に死傷者が出たと報道されている。
ネット上に流出している情報を集めてみると海上保安庁の職員4名が中国人船員らの抵抗でこん棒で殴られたりして4名が水中に転落し、転落した職員にめがけモリを投げ1名に刺さり死亡。
こん棒で殴られた職員は重症であったが、その後死亡したと情報。


もし、これが事実なら重大な問題ですし、国民や世界の人に知らせるべき事を知らせないで、真実を知らせようとした国民的英雄をまるで犯罪者の様に犯人探しをさせ、隠蔽した政権の問題をすり替えてしまっているのではないだろうか。

いずれにしても、国民に事実を知らせない菅民主党政権は大変危険だと思いますし、日本もこのままでは中国の様に中継中にテレビの画面が暗転したり、ネットの規制が厳しくなり恐怖政治が行なわれる危険があります。

真実を国民が知らなければ国民主権の民主主義国家として国民が正しい判断をする事が出来ず、間違った方向に進んでしまう。全て情報公開すべ
2010/11/8(月) 午後 10:03 [ 尖閣諸島をシナから護れ ]
http://blogs.yahoo.co.jp/teisitu/50952746.html


・夲シ夲シ夲シ夲シ壼ー夜魅隲ク蟲カ繧貞ョ医k莨壹€€img_1074901_52707295_26_convert_20120915014225

尖閣諸島の領有権についての基本見解

 尖閣諸島は、1885年以降政府が沖縄県当局を通ずる等の方法により再三にわたり現地調査を行ない、単にこれが無人島であるのみならず、清国の支配が及んでいる痕跡がないことを慎重確認の上、1895年1月14日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定を行なって正式にわが国の領土に編入することとしたものです。

 同諸島は爾来歴史的に一貫してわが国の領土たる南西諸島の一部を構成しており、1895年5月発効の下関条約第2条に基づきわが国が清国より割譲を受けた台湾及び澎湖諸島には含まれていません。

 従って、サン・フランシスコ平和条約においても、尖閣諸島は、同条約第2条に基づきわが国が放棄した領土のうちには含まれず、第3条に基づき南西諸島の一部としてアメリカ合衆国の施政下に置かれ、1971年6月17日署名の琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定(沖縄返還協定)によりわが国に施政権が返還された地域の中に含まれています。以上の事実は、わが国の領土としての尖閣諸島の地位を何よりも明瞭に示すものです。

 なお、中国が尖閣諸島を台湾の一部と考えていなかったことは、サン・フランシスコ平和条約第3条に基づき米国の施政下に置かれた地域に同諸島が含まれている事実に対し従来何等異議を唱えなかったことからも明らかであり、中華人民共和国政府の場合も台湾当局の場合も1970年後半東シナ海大陸棚の石油開発の動きが表面化するに及びはじめて尖閣諸島の領有権を問題とするに至ったものです。

 また、従来中華人民共和国政府及び台湾当局がいわゆる歴史的、地理的ないし地質的根拠等として挙げている諸点はいずれも尖閣諸島に対する中国の領有権の主張を裏付けるに足る国際法上有効な論拠とはいえません。

記事元:http://blogs.yahoo.co.jp/oosakabayatc



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。