スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国では「独島」問題となると正論、常識はもはや通用しない。狂気そのもの!

韓国は『独島は我が領土』の歌詞を変更!狙いは対馬の略奪だ!

竹島だけじゃない!対馬もヤバイ!韓国のブザマな侵略を許すな!
http://www.youtube.com/watch?v=i20hr_39zYI
bl0v0ly さんが 2012/05/24 に公開

『独島は我が領土』というこの曲は1980年代から、韓国では幼稚園から中学校まで広く歌われてきた国民的な歌です。
韓国人が竹島の領有権に尋常でない熱狂的な主張をしますが、そのパワーの源泉は、まさにこの曲によって韓国政府が国民に洗脳教育をしてきた賜物です。

ところが!この韓国人にとって非常に意味の深い国民的な曲の歌詞が変更になりました。その変更内容は・・・

変更前は、「ハワイはアメリカ、対馬は日本、独島は我が領土」でしたが、最近は、「ハワイはアメリカ、対馬は知らない、独島は我が領土」とか、中国に気を使ってか「尖閣は中国、千島はロシア、独島は我が領土」と歌ってみたり、
「ハワイはアメリカ、対馬も韓国、独島は我が領土」と略奪根性丸出しになりました。

国民的な曲の歌詞をコロコロ変更し...非常に幼稚で...ブザマな韓国です。
日本人には信じ難いアホな話ですが、韓国は対馬の領有権をマジで狙っているわけです。

◆中華思想の中国は尖閣諸島も琉球沖縄も中国固有の領土と言い出し、小中華思想の韓国は、同じように竹島(独島)も対馬までも固有の領土と主張ほっておけば、韓国は居直り強盗だから、九州までも韓国の固有の領土と言い出すかも知れない。


竹島問題 五輪で世界が韓国の異常さを感じている今こそ好機
2012.08.18 16:00

::::独島はわれわれの領土」サッカー o0329045012129054401

 歴史を繙けば、竹島が日本固有の領土であることに疑いの余地はない。1905年に日本領土編入を正式に閣議決定。1910年に韓国を併合したときも、併合以前からの日本領として朝鮮総督府の管轄には入らなかった。

 人気の竹島観光の玄関口でもある韓国領の鬱陵島(ウルルンド)には「独島博物館」が建てられているが、博物館の展示物には意図的に改竄された資料もある。江戸時代に鬱陵島で起きた日本人と朝鮮人との争奪戦も、あたかも竹島で起きた史実のごとくジオラマで再現しているのだ。

 こうした捏造された史実を多くの韓国国民が信じ込んでしまっているのだから始末が悪い。

「作文教育といって、小学校では『独島は韓国のもの』という題で作文を書かせる。独島は愛国のシンボルだから、日本がどんな主張をしようが関係ない。老若男女すべてが関心を持っている話題であり、韓国人にとって元気が出る、闘争心を湧かせる話でもある」と話すのは産経新聞ソウル駐在特別記者の黒田勝弘氏だ。

 李大統領の竹島訪問を受け、日本政府は国際司法裁判所への付託を呼びかけているが、韓国側は応じようとはしない。その理由について、東海大学海洋学部教授の山田吉彦氏が解説する。

「韓国政府が応じないのは、竹島問題が解決しては困るからです。韓国にとって竹島は国内問題で、反日の象徴である竹島を持ち出すことで国内の不平不満を日本に向けさせることができる。

 例えば、私が4年前に釜山と対馬を結ぶ民間のフェリーに乗ったとき、全座席のヘッドレストのカバー部分に竹島の写真とともに韓国語で『独島はわが父』の文字がありました。ハングルですから日本人には読めません。最初から日本人にわからせようという気はなくて、国内向けのパフォーマンスなんです」

 繰り返すが、こういった行為を繰り返すことは、韓国が自らの主張に自信の無いことの証左でもある。だが放置しておけば、嘘が既成事実化されてしまいかねない。日本も国際世論に強く訴えるなどの対応が必要だろう。ロンドン五輪を通じて、世界が韓国の異常さを感じ始めている今こそ、その好機かもしれない。

※週刊ポスト2012年8月31日号
記事元:http://www.news-postseven.com/archives/20120818_137843.html

--------------------------------------------------------------------------------

「竹島は日本の領土」を証明する動かぬ証拠が鬱陵島にあった
2012.08.17 07:00

:::::韓国主張の矛盾(韓国の古地図) takeshima-map

 8月10日の李明博大統領の竹島(韓国名・独島)上陸にはじまり、翌日のロンドン五輪の男子サッカー日韓戦では韓国代表選手が「独島は我が領土」とメッセージを掲げ、さらに13日には韓流スターたちが、領有権主張運動として「独島まで220km」のリレー水泳を敢行。かようにエスカレートする韓国の独島パフォーマンスだが、国際社会からは、「平和の祭典」である五輪の空気を読めないのかと大ヒンシュクを買っている。

 だが、そもそも韓国が声高に主張する領有権も歴史を辿れば、その主張に根拠のないことが分かる。

 例えば、140年前の世界がどう見ていたか。1872年にドイツで作製された地図では、竹島と朝鮮半島の間に日韓の境界線が引かれ、竹島は日本領と認識されていたことがはっきりと分かる。

 その他にも、19世紀末~20世紀初頭のヨーロッパ諸国が作成した地図では竹島が日本領と記載されている例が複数確認されている。

 さらに、決定的な物証がある。現在韓国には、竹島の西側に位置する韓国領・鬱陵島に「独島(竹島)」に関する資料を展示する独島博物館がある。そしてここに「竹島は日本の領土」を証明する動かぬ証拠があったのだ。

 博物館屋外に韓国の古地図を彫った石碑がある。それは15世紀末に李朝皇帝の命で作られた朝鮮全図「八道総図」だ(写真)。

 そこに記載される「于山島」こそ現在の竹島だと、韓国は領有権を主張してきた。ところが、位置を確認するとおかしな事実が浮かび上がる。

 本来、竹島は鬱陵島の東に位置するはずだが、この石碑地図では、正反対の西に位置しているのだ。到底、于山島が竹島とはいえないのである。

 この博物館を取材したフォトジャーナリストの山本皓一氏はいう。

「博物館内には同じ八道総図をもとにしたはずの立体地図が展示されていますが、石碑の地図と逆の東に于山島の位置が変わっている。于山島と鬱陵島の位置関係が逆なのは都合が悪く、地図を改ざんした証拠です。同じ博物館の内外でまったく異なる地図を展示する矛盾を平然と続けているわけです」

 この立体地図、一度は“撤去する”と発表されたにもかかわらずいまだ展示されたままだという。

撮影■山本皓一

※週刊ポスト2012年8月31日号
記事元:http://www.news-postseven.com/archives/20120817_137820.html

--------------------------------------------------------------------------------

国後島に韓国人多数常駐 竹島問題に絡んだ嫌がらせとの見方
2012.07.05 16:00

:::::北方領土に5郡6村があるという事 hoppou_vill6

:::::国後島 

 日韓両国が領有権を主張する竹島をめぐって、韓国が北方領土まで飛び火して牽制を仕掛けてきているという。韓国情勢に詳しい産経新聞ソウル駐在特別記者・黒田勝弘氏がレポートする。

 * * *
 韓国政府は昨年8月、竹島問題に関心を持つ日本の自民党国会議員3人の入国を拒否した。竹島に近い鬱陵島に出かけ「独島博物館」の見学などを計画していたが、金浦空港で入国を拒否されそのまま日本に追い返された。

 一方、これに先立ち昨年5月、韓国の国会議員がロシアのビザで日本の北方領土の国後島を訪れている。韓日議員連盟の有力メンバーで歴史学者の姜昌一議員で、ロシアとの領土問題で日本の立場を無視、ロシアを支持する行動だった。

 日本政府は当然、韓国側に強く抗議した。知日派を称する彼はその後、日本訪問を控えているようだが、彼が日本訪問を求めてきた場合、日本政府は“警告”あるいは“報復(?)”として入国拒否するのか、関係者はひそかに注目している。

 ところが北方領土の国後島には最近、韓国企業が建設事業で進出し、韓国人が多数、駐在していることが分かった。いずれも竹島問題にからんだ韓国の日本への嫌がらせと見ることもできる。おとなしくしていると、平気でこんなことまでやられる。

※SAPIO2012年7月18日号

記事元:http://www.news-postseven.com/archives/20120705_125487.html

*盗っ人国家の民族同士は、すぐに和合し協力し合う。
北方領土(北方4島、千島列島、南樺太)、竹島(単国名:独島)、尖閣諸島は日本固有の領土の事実は動かすことはできない。


--------------------------------------------------------------------------------

韓国では「独島」問題となると正論、常識はもはや通用しない
週刊ポスト 2011.09.27 16:00

「竹島・独島問題」は常に韓国メディアをアツくさせい、国民をアツくさせるが、今年の“竹島・独島・夏の陣”では、韓国メディアの中に変化が見られたと、産経新聞ソウル支局長の黒田勝弘氏は指摘する。

* * *
 韓国における対日問題はいつも反日愛国競争になる。強硬論ほどカッコよく世論の支持を得る。そしてマスコミが先頭になって強硬論を煽動する。

 韓国では「反日愛国無罪」といって、反日愛国のためなら何を言っても、何をやってもいいのだ。

 ただ今回は、反日が得意の韓国マスコミの中で、中央日報が当初から「入国拒否などと興奮する必要はない」「(竹島に近い)鬱陵島に行くというのならこちらが案内してはどうか」などと自信と余裕(?)を示し異彩を放った。

 しかし結果は入国拒否で大騒ぎになり、孤軍奮闘の中央日報は多数派になれなかった。韓国では「独島」となると正論、常識は通用しないのだ。

※SAPIO2011年10月5日号
http://www.news-postseven.com/archives/20110927_31317.html





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。