スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本政府は先ず竹島領有権確保に集中せよ!

韓国人は例え嘘でも、親から子へ語り継ぐのが韓国人気質!

韓国大統領選最有力候補、竹島問題で「日本が認めれば解決」
フジテレビ系(FNN) 8月20日(月)21時27分配信

 2012年12月の韓国大統領選挙の最有力候補とみられている、与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クンヘ)氏が、竹島問題について、「日本が認めれば、簡単に解決できる」と述べた。
朴氏は「独島(竹島)は韓国の領土だ。日本がそれを認めれば、簡単に解決する」と述べた。
朴氏は20日、与党セヌリ党の大統領候補として選出され、その後の記者会見で、竹島問題に言及した。
朴氏は「日本が正しい歴史認識を持つよう、努力を促さなければならない。外交攻勢に備えるためには、私たちも徹底的に備えなければならない」と述べ、日本を強くけん制した。
朴氏は、会見に先立つ党大会での演説でも、領有権問題に触れた流れで、主権侵害は容認しないとの趣旨の発言をして「安定した指導者が必要だ」と訴えた。.最終更新:8月20日(月)21時27分

◆動画ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120820-00000902-fnn-int

*韓国政治家のふざけた発言!独島(竹島)は韓国のものだ!日本がそれを認めれば簡単に解決できる?泥棒が居直ったのか?
「日本が正しい歴史認識を持つよう努力を促さなければならない」?
正しい歴史認識を持たなければならないのはお前さんだろう!
大統領候補がこれでは、何ともお粗末。


--------------------------------------------------------------------

【佐藤優の眼光紙背】李明博韓国大統領の暴言を封じ込める現実的方策を外務省は考えよ
2012年08月15日 07:00

佐藤優の眼光紙背:第136回
 8月14日、韓国の李明博大統領が、日本に対して天皇陛下の訪韓条件として謝罪を求めた事実があるという情報を韓国大統領府が流布した。不愉快きわまりない話だ。朝日新聞の報道を引用しておく。

・夲シ夲シ夲シ夲シ壼、ゥ逧・嚊蜷惹ク。髯帑ク九r險ェ蝠上☆繧区搦譏主忽螟ァ邨ア鬆倥€ゑシ・008蟷エ縲€ref_l_convert_20120822000343

「天皇訪韓、謝罪するなら来なさい」 韓国の李大統領

 韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は14日、「(天皇は)韓国を訪問したがっているが、独立運動で亡くなった方々を訪ね、心から謝るなら来なさいと(日本側に)言った」と述べた。大統領府によると、現職の大統領が公の場で天皇の訪韓条件として謝罪を求めるのは初めて。

 李大統領は10日に韓国大統領として初めて、日韓がともに領有権を主張する竹島(韓国名・独島=トクト)を訪問し、その後も対日批判発言を続けている。だが、天皇の謝罪にまで言及したことで、日本側の反発は一層強まるのは必至だ。

 大統領府によると、忠清北道・清原で開かれた教員を対象としたセミナーで、出席者から竹島訪問の所感を尋ねられ、語った。

 李大統領は、1990年に当時の盧泰愚大統領が来日した際、天皇が述べた「わが国によってもたらされたこの不幸な時期に、貴国の人々が味わわれた苦しみを思い、私は痛惜の念を禁じえません」との「お言葉」にも触れ、「『痛惜の念』なんて言葉一つ持って来るなら(韓国に)来る必要はない」と語った。

 竹島への上陸や一連の日本批判を続ける理由について「日本が加害者と被害者の立場をよく理解できていないから、わかるようにする」と語った。

 また、竹島訪問は「2、3年前から考えていた。即興的ではなく、深く配慮し、副作用があることも(検討した)」と述べ、日本との関係悪化を覚悟した上での言動であることを明らかにした。(ソウル=箱田哲也)(8月14日付、朝日新聞デジタル)


--------------------------------------------------------------------

 日本政府が韓国政府にお願いしてまで、天皇陛下の訪韓を実施する必要はない。天皇陛下は日本国家と日本国民を統合する象徴だ。李明博大統領の「『痛惜の念』なんて言葉一つ持って来るなら(韓国に)来る必要はない」という発言が事実ならば、日本国家と日本国民に対する侮辱だ。断じて受け入れることができない。李明博大統領は、8月10日の竹島上陸、14日の天皇陛下に対する暴言、さらに本15日に行うであろう反日演説で、日本との関係を決定的に悪化させた。李明博大統領は、もはや現実的に対日外交を行うという発想を捨てている。日本に対し厳しい態度を貫いた反日民族主義者として、韓国の歴史に名前を残すことが李明博大統領の目的なのであろう。

 李明博政権下の韓国とは、日本国家の名誉と尊厳を賭して、対決を辞さないという基本方針を外務省は組み立てるべきだ。しかし、以下の朝日新聞の報道を見る限り、外務官僚が玄葉光一郎外相を真剣に支えているとは思えない。

--------------------------------------------------------------------

玄葉光一郎外相は14日、韓国の李明博大統領の発言について「報道は承知しているが、私は(報告を)一切聞いていない」と述べるにとどめた。

 外務省幹部は「個人的な思いを言ってしまったのではないか」と不快感を示し、大統領の竹島上陸で一気に悪化した日韓関係への影響を懸念。首相周辺は「日韓で天皇陛下の訪韓についてやりとりしたことがないので唐突な感じだ。非難の応酬にはしたくない」と戸惑いをみせた。(8月14日付、朝日新聞デジタル)


--------------------------------------------------------------------

 玄葉外相が述べた「報道は承知しているが、私は(報告を)一切聞いていない」という内容が事実ならば、外務省の情報収集能力に深刻な欠陥があるということだ。玄葉外相は、過去の日韓首脳会談の記録を読んでいるはずだ。筆者が、日韓首脳会談の内容を知る立場にいる政府高官から聴取したところでは、李明博大統領が野田佳彦首相に対して「(天皇は)韓国を訪問したがっているが、独立運動で亡くなった方々を訪ね、心から謝るなら来なさいと(日本側に)言った」という事実はないということだ。なぜ外務官僚は、玄葉外相に対して、「われわれはマスメディアを通じた外交はしない。しかし、日韓首脳会談で李明博大統領が報道されたような内容の要請を行った事実はない。一般論として、事実無根の話しをする人と外交交渉はできない」という反論をすべきだとアドバイスしないのか。理解に苦しむ。

 外務官僚は、9月、ロシアのウラジオストクで行われるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合の際に予定されていた日韓首脳会談を延期することを考えているようだが、大きな間違いだ。日韓首脳会談の席で、野田佳彦首相が李明博大統領に対し、竹島が日本の領土であるというわが国の立場、並びに李明博大統領の一連の反日発言が、一方的な歴史観に基づく侮辱的なトーンで日本として受け入れることはできないと毅然と伝えるべきだ。また、両首脳の合同記者会見を行い、その席で、野田首相が李明博大統領に対して「竹島は日韓の紛争になっているので、外交交渉によって解決しよう」と呼びかければよい。そうすれば、国際社会に竹島を巡る紛争が日韓に存在するという印象を強く植え付けることができる。

 嫌な大統領に指導されていても韓国は隣国だ。お互いに引っ越すことはできない。外務官僚は、日韓首脳会談を延期し、逃げるという姿勢を改め、李明博大統領の暴言を封じ込める現実的方策を考えるべきだ。筆者の考えでは、「李明博大統領の感情的発言の結果、国際的に独島(竹島に対する韓国側の呼称)問題が領土問題と認識されてしまった。その結果、韓国は日本との交渉を余儀なくされた。李明博大統領は、独島問題で日本にとってつけ込む隙を与え、韓国の国益を毀損した」という状況を、9月のウラジオストクAPECサミットでつくり出すことが、李明博大統領と韓国外交に対する最大の打撃になる。(2012年8月15日脱稿)

記事元:http://blogos.com/article/44907/

--------------------------------------------------------------------

【佐藤優の眼光紙背】竹島問題の対話と国際法による解決を韓国と国際社会に毅然と主張すれば、状況は日本にとって有利になる
2012年08月10日 14:17

・夲シ夲シ夲シ夲シ壽律譛ャ螟ァ菴ソ鬢ィ蜑阪・繝・Δ髫翫€よ覧縺ォ縺ッ縲檎峡蟲カ縺ッ髻灘嵜鬆伜悄縲阪・譁・ュ励€・convert_20120822000421

日本大使館前のデモ隊。旗には「独島は韓国領土」の文字。(8月2日、AP/アフロ) 写真一覧

佐藤優の眼光紙背:第135回
 8月10日14時05分のMSN産経ニュースが、<韓国の李明博大統領が10日午後2時ごろ、日本固有の領土で韓国が不法占拠している島根県の竹島(韓国名・独島)を訪問した。これまで韓国の首相や閣僚の訪問はあったが、大統領の竹島入りは初めてで、日韓関係の悪化は必至だ。>と報じた。

 竹島はわが国固有の領土であるにもかかわらず、韓国によって不法占拠されている。李明博大統領だけでなく韓国の職業外交官は、日本政府には実効性のある対抗措置が取れないと、わが国家と国民を軽く見ている。

 愛国感情において、われわれ日本人が韓国人に劣るところはない。われわれにとって日本の名誉と尊厳は重要だ。ただし、近視眼的なポピュリズムに訴えることでは、日本の名誉と尊厳は保全されず、国益も増進されないと、事態を現実的かつ冷静に見ている。

 今後の1~2日間で、日本と韓国のいずれが国際世論を味方に付けることができるかということが鍵になる。筆者ならば首相官邸に対して、以下の提言を行う。

1.本件は外務官僚によって扱うことが出来る範囲を超えている。領土は国家の礎だ。日本の国家主権に関わる問題なので、首相官邸の政治主導で対処する。

2.通常の外交的な抗議に加え、本10日中に、官邸主導で武藤正敏在韓国大使を東京に呼び戻す。武藤大使は、空港から直接首相官邸に向かう。そして、野田佳彦首相と玄葉光一郎外相に、事情を報告する。

3.本日から、2週間、日本政府職員は、韓国の航空機の利用を差し控える。公務員が特定国の航空機の利用を差し控えることは、外交的に強い不快の念を示すことになる。

4.日本政府が、竹島問題を「対話と国際法」によって解決する意向を有していることを、野田首相、玄葉外相が公の場で国際社会に向けて発信する。ここで重要なのは、国際社会に竹島をめぐる紛争が、日韓両国間に客観的に存在させることを認知させることだ。日本政府は、「竹島をめぐる紛争が存在する」と主張しているのに対し、韓国はこれまで「独島(竹島に対する韓国側の呼称)をめぐる領土問題や紛争は一切存在しない」という姿勢をとっている。ここで、紛争であることを認めると韓国にとって都合が悪い状況が生じる。


 日本外務省は、その存在を強調しないが、1965年6月22日、日本と韓国の外務大臣間で交換された「紛争の解決に関する交換公文」という名の重要な外交文書がある。少し長くなるが、全文を引用しておく。

--------------------------------------------------------------------
(韓国側書簡)
(訳文)
 書簡をもつて啓上いたします。本長官は、両国政府の代表の間で到達された次の了解を確認する光栄を有します。
 両国政府は、別段の合意がある場合を除くほか、両国間の紛争は、まず、外交上の経路を通じて解決するものとし、これにより解決することができなかつた場合は、両国政府が合意する手続に従い、調停によつて解決を図るものとする。
 本長官は、さらに、閣下が前記の了解を日本国政府に代わつて確認されることを希望する光栄を有します。
 以上を申し進めるに際し、本長官は、ここに重ねて閣下に向かつて敬意を表します。

千九百六十五年六月二十二日
外務部長官 李東元
日本国外務大臣 椎名悦三郎閣下


(日本側書簡)
 書簡をもつて啓上いたします。本大臣は、本日付けの閣下の次の書簡を受領したことを確認する光栄を有します。
 本長官は、両国政府の代表の間で到達された次の了解を確認する光栄を有します。
 両国政府は、別段の合意がある場合を除くほか、両国間の紛争は、まず、外交上の経路を通じて解決するものとし、これにより解決することができなかつた場合は、両国政府が合意する手続に従い、調停によつて解決を図るものとする。
 本長官は、さらに、閣下が前記の了解を日本国政府に代わつて確認されることを希望する光栄を有します。
 本大臣は、さらに、前記の了解を日本国政府に代わつて確認する光栄を有します。
 以上を申し進めるに際し、本大臣は、ここに重ねて閣下に向かつて敬意を表します。

千九百六十五年六月二十二日
日本国外務大臣 椎名悦三郎
大韓民国外務部長官 李東元閣下>

([出典] 日本外交主要文書・年表(2),606‐607頁.外務省条約局「条約集・昭和40年(二国間条約)」)


--------------------------------------------------------------------

 竹島問題が紛争であることが国際的に認められれば、韓国は外交交渉から逃げられなくなり、日本に有利な情勢が生まれる。李明博大統領のポピュリズム的冒険が、どれだけ韓国外交にマイナスになるかを、日本政府、国会、マスメディア、有識者、国民の力を結集して、韓国に思い知らせる必要がある。(2012年8月10日脱稿)

記事元:http://blogos.com/article/44706/









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。