スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際司法裁の提訴に合意から逃げる韓国!

「独島神話」が崩壊するから、真っ向勝負が出来ない韓国事情!負ける喧嘩は逃げるが勝ち・・・

竹島問題の平和的解決を=野田首相「提訴に堂々と応じよ」
時事通信 2012/08/17-21:19

・夲シ夲シ夲シ夊ィ倩€・シ夊ヲ九☆繧矩㍽逕ー菴ウ蠖ヲ鬥也嶌縲€plc12081100490000-p1_convert_20120814010741

 野田佳彦首相は17日、韓国の李明博大統領に親書を送り、大統領の竹島上陸や天皇陛下に謝罪要求した発言に遺憾の意を示すとともに、竹島の領有権問題について「近日中に韓国政府に対し、国際法にのっとり、冷静、公正かつ平和的に紛争を解決するための提案を行う」として、国際司法裁判所(ICJ)に提訴する方針を伝えた。

 その上で首相は「大局に立って、日韓関係の未来のため、韓国側が慎重な対応をするよう求める」と強調。大統領の竹島再上陸など、日韓対立をさらに先鋭化させかねない行動や発言を自制するよう促したものだ。

 また、首相は韓国政府が竹島問題のICJ共同提訴を拒否する立場を示したことについて、首相官邸で記者団に「堂々と応じてほしい」と述べた。韓国側は拒否の理由について「領土紛争自体が存在しない」と主張。日本は単独でも提訴する方針だが、韓国の同意がなければICJでの紛争解決手続きは行われない。 

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012081700733

--------------------------------------------------------------------

政府、竹島領有権問題の国際司法裁判所共同提訴を韓国側に提案へ
フジテレビ系(FNN) 8月17日(金)12時37分配信

 政府は17日、島根県の竹島に韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が上陸を強行したことへの対抗措置として、領有権問題について、国際司法裁判所に共同提訴するよう韓国側に提案することを表明した。
具体的には、韓国政府に対し、竹島に関する日本の主張をまとめ、領有権問題を国際司法裁判所に付託することを提案する内容の口上書を送る考え。

 玄葉外相は17日午前、外務省に韓国の申●秀(シン・カクス、●は王へんに玉)駐日大使を呼んだ。
日本政府の方針を伝えたものとみられる。
韓国に対する提訴の提案は、1962年以来50年ぶりで、韓国側が応じないかぎり、裁判は開かれないものの、日本として国際社会に問題を訴える狙いがある。.最終更新:8月17日(金)12時37分

動画ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120817-00000710-fnn-pol

--------------------------------------------------------------------

竹島、国際司法裁に提訴へ=韓国大使に伝達-玄葉外相
時事通信 2012/08/17-12:43

::::記者会見する藤村官房長官 plc12081010520009-n1

 藤村修官房長官は17日午前の記者会見で、韓国の李明博大統領が竹島(島根県)を訪問したことへの対抗措置として、近日中に国際司法裁判所(ICJ)への提訴手続きに入ると発表した。また、竹島に関する関係閣僚会議を近く開くことも明らかにした。

 玄葉光一郎外相は17日午前、外務省に申※(※=王ヘンに玉)秀駐日韓国大使を呼び、ICJへの提訴手続きに入ることを伝達した。

 申大使は会談後、記者団に対し「基本的立場は(韓国の外交通商省)本部で声明を発表するので、それを見てほしい」と述べるにとどめ、提訴への対応については明言しなかった。 

 日本政府の提訴方針に関し、韓国政府高官は「司法的解決の対象ではない」として応じない考えを表明。これに対し、藤村長官は「竹島領有権を正当だと考えるなら、提案に応じることを強く求める」と強調した。

記事元:http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2012081700311

--------------------------------------------------------------------

韓国政府、拒否の方針=「紛争地化」回避の姿勢-反発、関係悪化は必至・竹島提訴
時事通信 2012/08/17-12:25

 【ソウル時事】日本政府による竹島領有権問題の国際司法裁判所への提訴方針を受け、韓国政府高官は17日、「司法的解決の対象ではない」と述べ、応じない考えを示した。韓国政府は、国際社会に紛争地域だとみなされないよう抑制した姿勢を見せているが、内心では猛反発しているとみられ、日韓関係はさらに悪化しそうだ。 

 韓国人にとり、植民地支配直前に日本に編入された竹島は、歴史問題の象徴として特別の思いがあり、李明博大統領の訪問への支持も高かった。しかし、李大統領が訪問後、「日本の影響力も以前とは違う」「(天皇陛下は)韓国を訪問したいなら心から謝罪するのがよい」といった日本を刺激する発言を繰り返すと、「行き過ぎではないか」(東亜日報)として、極度の関係悪化回避を求める雰囲気が出ていた。

 しかし、今回、日本が強い対応に踏み切ったことで、竹島の自然公園指定などによる実効支配の強化や、慰安婦問題の第三国を含めた仲裁による解決の推進など対抗措置に出るとみられる。日本側もさらなる対抗措置を検討中で、東亜日報は「チキンゲームの様相だ」と伝えている。

 自治体や民間の交流中断の動きも出始めており、2005年の島根県の「竹島の日」条例制定後のような広範囲の関係冷却化に至る可能性もある。

記事元:http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012081700417

--------------------------------------------------------------------

国際司法裁判所

・夲シ夲シ夲シ壼嵜髫帛昇豕戊」∝愛謇€縲€127065579965_convert_20120811231942

 国際司法裁判所(ICJ) 国際紛争の平和的解決のため、1945年に開設された国連の司法機関。所在地はオランダのハーグで、国連の総会と安保理における選挙で選ばれた裁判官15人で構成される。最近では、08年2月のコソボによるセルビアからの独立宣言を合法と判断。11年にはタイ・カンボジアの国境紛争で両国部隊に即時撤退を命じるなど実績を重ねている。

 ただ、ICJが裁判を行うには、裁判の当事者になることについての関係国の同意が前提となる。そのため、一方が「紛争や領土問題は存在しない」という立場を取る場合などは、審理に入ることができない。(時事)(2012/08/17-19:10)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012081700815

--------------------------------------------------------------------------------

竹島、「中国の罠」にはまった韓国 東南アジア諸国から「結束して対処を」の声相次ぐ
2012.8.17 19:40 (1/2ページ)[アジア・オセアニア]

 【シンガポール=青木伸行】沖縄県・尖閣諸島と、島根県・竹島をめぐる情勢は、南シナ海の領有権を中国と争う東南アジア諸国にとり「対岸の火事」ではなく、国際司法裁判所(ICJ)への日本の提訴の動きなどを注視している。元外交官らは、韓国が「中国の罠(わな)」にはまっており、東・南シナ海を問わず、中国と領有権を争う関係当事国が、結束し対処することが必要だ、と指摘している。

 「韓国は日本との争いを過熱させていることで、中国の罠にはまっている。韓国は中国と、黄海の入り口にある離於島(中国名・蘇岩礁)をめぐり係争していることを想起すべきだ」。こう語るのは、ベトナムの元駐広州(中国)総領事のズオン・ザイン・ジ氏だ。

 つまり「中国は今は、韓国との係争を見ぬふりをし、中国とともに韓国を日本との争いに集中させている」という。だが「中国は日本との問題が小康状態になれば、矛先を韓国へ向けるだろう。そのことに韓国も早晩、気づき、日本との関係維持に動く」とみる。

 個別の領有権問題は関係当事国以外、介入しがたい。同氏はしかし、「日本とベトナムは中国を相手に似た状況に直面しており、情報の交換、共有など協力すべきだ」と提起する。

 フィリピン政府筋も「南シナ海の関係当事国と日本などが結束、協力し中国に対処すれば、中国の海洋覇権拡大を阻止する『鉄拳』になり得る」としている。

 領有権問題をめぐる国際環境について、フィリピン政治暴力テロ研究所のロンメル・バンロイ所長は「領有権問題を規定、統制する包括・絶対的な裁定権限は欠如し、無政府主義的な状況下にある」と憂慮する。

 フィリピンの元駐マレーシア大使で、東南アジア諸国連合(ASEAN)の元事務局長、ロドルフォ・セベリーノ氏も「領有権問題は、ICJなどで直ちに解決されない。法律上の権利を超えた、国益に関する問題だからだ」と指摘する。

 それでもフィリピン政府筋は「日本の提訴方針は理解できる」と評価する。フィリピンも中国を提訴することを検討してきており、「日本の動きに後押しされる可能性もある」と言う。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120817/kor12081719420008-n1.htm

--------------------------------------------------------------------

ICJ提訴提案 「一考の価値もない」=韓国政府
2012/08/17 15:39 KST

【ソウル聯合ニュース】独島の領有権をめぐり日本が提案した国際司法裁判所(ICJ)への提訴と関連し、韓国の外交通商部報道官は17日の論評で、「独島をICJに回付しようとする日本政府の提案計画などは一考の価値もないことを明確にする」と述べた。

 独島は歴史的、地理的、国際法的に明白な韓国の固有領土で領土紛争自体が存在しないと強調した。

 また、韓国政府は独島に対する日本のいかなる挑発にも断固に対処するとし、これにより発生する事態の責任は全て日本が取るべきだと指摘した。

 日本の玄葉光一郎外相はこの日、申ガク秀(シン・ガクス)駐日韓国大使を外務省に呼び、独島問題をICJに提訴することを正式に提案した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2012/08/17/0400000000AJP20120817003000882.HTML

--------------------------------------------------------------------

韓国にICJ提訴提案 拒否なら調停手続きへ=日本
2012/08/17 15:11 KST

【東京聯合ニュース】独島問題めぐる国際司法裁判所(ICJ)への提訴に韓国が同意しない場合、日本は1965年の韓日請求権協定と交換公文に基づく調停手続きを踏む方針を決めた。

 日本の玄葉光一郎外相は17日、申ガク秀(シン・ガクス)駐日韓国大使を外務省に呼び、独島問題をICJに提訴することを正式に提案した。独島問題の共同提訴提案は50年ぶりで、1954年、1962年に次ぎ3度目。

 玄葉外相は1965年の交換公文に基づき、調停に入ると述べた。

 1965年の交換公文は韓日両国が国交正常化の過程で交換した紛争解決に関する公文。両国は当時、両国間の紛争は、まず外交上の経路を通じて解決し、解決できなかった場合は両国政府が合意する手続に従い調停によって解決を図ると規定している。

 藤村修官房長官も記者会見で独島問題と関連し、韓国政府にICJ提訴を提案すると明らかにした。これは李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島訪問と天皇への謝罪要求発言に対する対抗措置だ。

 これに対し、韓国政府は独島をめぐる紛争は存在せず、司法的な解決対象ではないとの立場を堅持しながら、日本の提案に応じないとしている。また、日本の今回の提案に強く抗議し、直ちに撤回するよう求めることが予想される。

 日本は韓国がICJへの共同提訴提案に応じない場合、単独で提訴する方針。政府全体の態勢強化のため、関係閣僚会議も開くとしている。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/08/17/0200000000AJP20120817002500882.HTML

--------------------------------------------------------------------

【社説】日本の「独島ICJ提訴」は策動だ
2012年08月18日11時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

日本政府が独島(ドクト、日本名・竹島)問題を国際司法裁判所(ICJ)の仲裁に回付しようと、韓国政府に公式的に提案してきた。しかし韓国政府は直ちに「独島は紛争の対象でない韓国領土」という立場を明らかにし、これを拒否した。

政府は日本の提案自体を挑発と受け止める雰囲気だ。日本の提案は50年ぶりで、今回が3度目となる。1954年と62年にも当時の韓国政府が一蹴したが、日本がこれをまた持ち出したのだ。李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島訪問に対抗する性格のものだ。日本政府は韓国政府の一蹴にもかかわらず、韓日協定に基づく調停も要求し、ICJに独自提訴する予定という。これにも韓国政府は応じないという立場だ。

日本政府は自国の提案が実質的に意味がないことをよく知っている。それでも攻勢に出ているのは、まず国内の政治的な理由が大きい。11月に総選挙を控え、現民主党政権が底まで落ちた支持率をばん回しようという試みだ。また外交的には「ICJ仲裁に韓国が応じないのは負けることを予想しているため」という印象を広めるための手段だ。

しかしこれも成果を出す可能性はない。独島は歴史的・地理的・国際法的に、また実効的に韓国領土であることがあまりにも明白であるからだ。

日本は自らの行為が、過去の日本の帝国主義的侵略性が相変わらず存在していることを確認させるという点に気づかなければならない。日本は1905年、韓国の外交権を剥奪する渦中に、こっそりと独島を自国の領土に組み入れる措置を取った。厳格に主がいる土地を盗んだのだ。そうしておきながら、今まで自国の領土だと言い張っている。

韓国に対する植民地支配が正当だと主張するのと同じ妄動だ。実際、日本の右翼の中には、帝国主義時代の過ちを反省するどころか、むしろ美化する姿が見られるのが事実だ。

‘手のひらで空を隠そうとする’日本政府の姿が気の毒だ。そのような行動をする度に日本の国際的地位が墜落するだけだ。 .


*いかにも朝鮮人らしい思考だ!
このようにして韓国国民を騙し、先導するマスコミ!
こんな歴史の嘘を信じさせられている韓国国民が気の毒である。
真実の歴史(韓国のみの歴史認識だけでなく、日本や中国の歴史を参考に)を学び、朝鮮民族の思考回路を検証すべきである。
韓国の歴史は捏造の歴史である。日本で活躍されている韓国人の歴史研究家や、ソウル大学の歴史研究学者の著書を学ぶことは歪曲した韓国教育を検証する意味でも価値があると思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こころの想いブログ
2011年12月22日投稿分
韓国人として、本当の歴史を伝えたい
http://osakacocorosan.seesaa.net/article/242004446.html?1345298963

日韓併合と朝鮮人の歴史を語る・・・
韓国、伽耶大学客員教授 崔基鍋(チェ・ケイホ)

朝鮮人が認めたがらない朝鮮人の歴史(其の壱)
http://www.youtube.com/watch?v=UqslXNQOVx4


朝鮮人が認めたがらない朝鮮人の歴史(其の弐)
http://www.youtube.com/watch?v=b5IYJwb4J08&feature=related


朝鮮人が認めたがらない朝鮮人の歴史(其の参)
http://www.youtube.com/watch?v=1SdHl3R3Kfs&feature=related




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。