スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「邪悪な狼」と手を組んだのか?「白い女狐」

慰安婦問題で日本は謝る筋合いなどない。日本人は10の内1つでも非があれば反省の意味で謝罪する。世界では「謝罪する・・・」とは、全て罪を認めることである。歴代の首相が謝罪し続けて来たために、日本の人権意識も地に落ちている。だから関係の無いアメリカにまでも「強制的な性的奴隷」とまでも馬鹿にされるのだ。まあアメリカ人の次元の低さもあるだろうが・・・
これからも韓国、中国はその都度謝罪しろと言うだろう。日本政府は未来永劫韓国と中国に対して謝り続けなければならないだろう。この濡れ衣を晴らすまでは・・・・

韓国ドラマで拷問のシーンが必ずある。大半が無実の罪を着せられるのだが、韓国のこれら慰安婦問題は日本に自白しろと拷問にかけているのです。策を仕掛ける韓国側は、策略だから真実はどうでもいいのだ。
韓国人とその同胞は、策略に従い嘘を言い続ければ、嘘も本当になることを信じて親から子へと語り継がれていくだろう。だから韓国人は先天的に嘘つきなのだ。


慰安婦:クリントン長官「性的奴隷と表現すべき」
2012/07/09 09:48

:::クリントン長官 2012070900718_thumb

旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐり、クリントン米国務長官(写真)が「慰安婦(comfort women)」という言葉の代わりに「強制的な性的奴隷(enforced sex slaves)」という表現を使うよう部下に指示していたことが、8日までに分かった。

 ソウルの外交筋によると、クリントン長官は先ごろ、米国務省の高官から韓日の歴史問題について報告を受けた席で、同高官が「日本軍慰安婦」という表現を使うと「慰安婦という言い方は間違っている。(日本により動員された)彼女たちは『強制的な性奴隷』だった」と述べたという。この高官はその後、性奴隷という表現を使って報告を続けたとのことだ。

 米国はこれまで、韓日の歴史問題に介入しない姿勢を貫いてきた。非公式の場で出たものとはいえ、クリントン長官の今回の発言は、日本政府は慰安婦問題に対する姿勢を変えるべきだという考えの表れとみられる。

李河遠(イ・ハウォン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/07/09/2012070900718.html

--------------------------------------------------------------------------------

クリントン長官に問いたい・・・
何故、そのように確定するのか?
韓国側の意見しか聞いていないのではないか、それとも政治的判断なのか?ここのところアメリカでは、国連事務総長が韓国人であり、オバマ大統領も世界銀行総裁候補を韓国系アメリカ人を推薦、日本も同調している。また全米にコリアンタウンや市の半数を韓国系で占めるの市が誕生し、韓国人に有利な法案を可決さえできる。そのたびに日本が標的にされているのが現状である。いわばその地区は汚染地区と言うことになる。
なぜアメリカ社会に朝鮮の民族意識を持ち出さなければいけないのか?
アメリカも所詮「敵国」、数十年後には韓国系アメリカ人の大統領が誕生する日が来るかも知れないのである。

日本も在日外国人地方参政権付与はこのように、市や町が在日優位な汚染地区になる・・・・もう既に地方自治体は汚染されている。

アメリカは、フェアーな国と思っていたが、クリントン長官の発言で、そうではないのだと言うことを確信する。
アメリカ人は日本の真珠湾奇襲攻撃をアンフェアーの代名詞にしているが、むしろ戦前戦後にかけてアンフェアーだったのはアメリカの方だろう。

--------------------------------------------------------------------------------

クリントン長官、公文書での「慰安婦」表記禁止を指示
記事入力 : 2012/07/11 11:09

日本側「性的奴隷というのは誤った表現」
米国の『ネルソン・レポート』は9日「ヒラリー・クリントン国務長官が最近、米国のあらゆる文書・声明で、日本語の“慰安婦”(comfort women)をそのまま翻訳した単語を使ってはならないと指示した」と報じた。ネルソン・レポートは、ワシントンの政界関係者が主に購読しているオンラインニュースメディアだ。

 クリントン長官は最近、国務省の高官から報告を受けた際「日本軍の慰安婦」ではなく「強制的な性的奴隷(eonforced sex slaves)」という表現を使うべきだと指示(9日付本紙既報)。これに対し日本側は、玄葉光一郎外相が直接反論に乗り出した。

■最も強硬なのはクリントン長官自身
 ネルソン・レポートは「クリントン長官のこの発言は日本側に衝撃を与えており、米国が韓国はもちろん、(性的奴隷被害を受けた)中国・インドネシア・フィリピン・オーストラリア・ニュージーランド・オランダの肩を持ち、公式に日本と対決する、と分析されている」と報じた。米国務省のパトリック・ベントレル副報道官も、9日(現地時間)の定例ブリーフィングで「第2次世界大戦当時、これらの女性が強いられた行為は悲惨だった。本件に対する米国政府の公式の立場は“深刻な人権違反”というもの」と発表した。

 クリントン長官のこの表現は、米国政府や政界に、日本軍の慰安婦問題について新たな認識をもって取り組むべきという雰囲気が形成されたことを示している。米国連邦議会下院は、2007年に慰安婦決議を採択した。この決議は「性的奴隷活動(sex slavery)」という表現を用いることで、日本政府の責任を明示した。当時、連邦下院外交委のトム・ラントス委員長は「日本政府はアジアや太平洋の若い女性たちを性的奴隷として強制動員したことに対する責任を認めるべきだ」と主張した。

■日本による米国国内の慰安婦追悼碑撤去の動きが逆効果に
 ソウルの外交消息筋は「クリントン長官は、韓国系米国人が独自に米国国内に設置した“慰安婦追悼碑”に対し、日本政府や政界が撤去を要求していることを批判的に受け止めている。クリントン長官が最近、公式文書に“慰安婦”ではなく“性的奴隷”と表記することを指示したのは、反省する意思があるかどうか分からない日本に対する警告の意味もある」と語った。

■外相が直接乗り出して反論する日本
 玄葉光一郎外相は10日、国会で「クリントン国務長官が日本軍の慰安婦を性的奴隷と表現したという報道について、事実かどうかを確認するよう指示した」「もし、米国務長官が性的奴隷という表現を使用したのなら、これまでの首相の謝罪表明、慰安婦支援のためのアジア女性基金創設などの措置を説明し、これは誤った表現だと言いたい」と反論した。

 日本は、2007年の米国議会下院の決議に続き、米国の公文書に「性的奴隷」という表現が登場した場合、この表現が公式表記となる可能性を非常に恐れている。そうなった場合、米国はもちろん、ほかの全ての国に、性的奴隷という表現が拡散する可能性が高いからだ。

 一方、今回の事案に対し、韓国政府は公式な反応を示していない。韓国政府は、公式に「従軍慰安婦」という表現を使用しているのに加え、韓国が直接米国に「性的奴隷という表現を使ってほしい」とは要求しづらいからだ。

東京=車学峰(チャ・ハクポン)特派員 , 李河遠(イ・ハウォン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

記事元:http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/07/11/2012071101093.html
--------------------------------------------------------------------------------

「日本はドイツのこういう姿を見習うべき」ニューヨークで慰安婦ビラ配布
2012年07月06日15時30分
[ⓒ 中央日報日本語版]

‘韓国広報専門家’ソ・ギョンドク誠信(ソンシン)女子大客員教授(38)が米ニューヨークの真ん中で慰安婦ビラを配布したと6日、明らかにした。

5月にニューヨークタイムズ紙に日本軍慰安婦関連の全面広告を掲載したソ教授は、7月3、4日、留学生8人とともに大勢の外国人観光客が集まるタイムズスクエア、ユニオンスクエア、ワシントンスクエア、セントラルパークなどで約2500枚のビラを配布した。

ビラは5月にニューヨークタイムズに掲載された広告と同じデザインで、ドイツのヴィリー・ブラント首相が謝罪する写真とともに、「日本はドイツのこういう姿を見習うべき」という内容が書かれている。

またソ教授はビラの配布のほか、世界の若者が多いソーホー、チャイナタウンなどにビラ500枚を貼り、国連駐在各国大使に日本軍慰安婦関連広告と英文資料を発送した。

一方、ソ教授は世界にいる各国の留学生とともに、日本軍慰安婦関連ポスターを世界の主要都市に付着するパフォーマンスを現在準備している。

記事元:http://japanese.joins.com/article/085/155085.html?servcode=A00§code=A10

--------------------------------------------------------------------------------
中央日報 latest news
在米日本人がホワイトハウスに米慰安婦決議案廃止を請願
2012年06月27日10時40分 [ⓒ 中央日報日本語版

一部の在米日本人が2007年7月に米国議会が採択した「慰安婦決議案」を廃止させるためホワイトハウスのウェブサイトで請願運動を行っていることが明らかになった。

ワシントンDCに居住している「Yoko」というネットユーザーが最近ホワイトハウスのインターネット請願サイト「We the People」に、「米下院決議案121号の廃止請願」を提出した。

この請願は、「2007年に採択された米下院決議案は操作に基づいたもの。これは韓国が第2次世界大戦当時の日本の行動を非難できる道を開き、自分たちの殺人と拉致、竹島(独島の日本表記)侵略などを正当化する口実となる」と主張した。

この請願にはこの日までに2800人余りが署名した。ホワイトハウスは「30日以内に署名人2万5000人以上」を満たせば公式に回答する。

これに先立ち在米日本人は最近ニュージャージー州に建てられた「第2従軍慰安婦記念碑」の撤去を要求する請願も同じウェブサイトに上げたことがある。このほかにホワイトハウスが昨年9月に開設した請願サイトには東海(トンヘ、日本名・日本海)表記と慰安婦記念碑費などと関連した請願だけで5件が上がっており、これら請願に署名した人も合わせて16万人を超えた。米国内の韓国人・日本人社会の葛藤は激しくなる様相だ。

記事元:http://japanese.joins.com/article/440/154440.html





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。