スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来を考えれば、原発は全廃しよう。

ニュースの深層3/17(木)「福島原発事故」原発の真相3/3(3) 広瀬隆ニュースの真相

http://www.youtube.com/watch?v=YWZuoVPT7-E&feature=related

この中で広瀬隆さんがお話されている一部の内容を書き起ししてみました。
その中で京都大学の小出裕章さんのお名前がありましたので、合わせてご覧下さい。

*以下は音声からの書き起しです。

私はこれは国民の問題だと思う。国民が基本的に、
この危険性を理解するかにかかっていると思うんです。
悲しいかな、ここ一週間ほどテレビを見ていて、
まともなことをしゃべる人が一人も出ていないんです。
京都大学の小林啓二さん、小出裕章さん、慶応大学の広田ゆうこうさん、
原子炉設計者の田中三彦さんとか、こういう人達がでてしゃべってくれたらいいんです。
そうすれば国民はどんどん事実を分かっていくんです。一人も出ないじゃないですか?

原発を造った人ですが自分が会社にいるとき、原子炉のお釜に圧力容器を製造しているときに、
日立が不正をしたことを、自分が見ているんです、ですからたまらなくなって、
原発チェリノブィリの事故のあとに内部告発したんです。
それで柏崎の原発を全部止めたいということを・・・

そう言う方が、全部止めてくれと言ってるんです。それは日本中の54機の全てなんです。
本当に怖いことを言わしていただくと、若狭湾に14機のの原発があるんです。
モンジュを含めて、それから青森県6箇所村に日本中の死の灰を集めているのですから・・・
私なんか怖くてしょうがない。6箇所村が逝ったら日本が終わりという話じゃないでしょう。
チェリノブィリの何百倍の話になるんです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

2011 年 4 月 10 日
原発を止めても電力は足りる 具体的に説明 京都大学原子炉実験所 小出裕章氏に聞く
http://www.ustream.tv/recorded/13897618



*原発を止めても電力は足りる。具体的に説明についての映像は、長時間にわたります。
全部見られると良いのですが、時間のない方は、中盤からでも見てください。私たち日本人にとって大変重要な内容です。


【福島原発】2011/4/12/火★最悪の「レベル7」引き上げの意味
福島原発事故の現状について 京都大学原子炉実験所小出裕章先生に聞く

http://www.youtube.com/watch?v=ruTVbPCGAxw&feature=player_embedded

vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

7つの習慣のDVDが登場!期間限定キャンペーン中

世界で最も読まれているビジネス書
『7つの習慣』のDVDが発売されています!


そして今、キャンペーンで、
かなり大幅な割引価格で買う事ができるそうです。
http://123direct.info/tracking/af/249309/vyJJZf0a-S5niK8xv/


既に何度も読んでいる人、
一度読んだけど、半分くらいしか理解できなかった人
読みかけたけど、ページが多くて途中で挫折した人
まだ読んでない人
「7つの習慣」を知らなかった人

2008年のプレジデント誌の
『どの本&著者が一番役立つか』という特集の1位にも
選出された『7つの習慣』のDVDは、
どんな人にとっても、素晴らしい学びを
もたらしてくれます。

本当に、分かりやすく作られているので、
かなりオススメです。

ぜひ、キャンペーン特別割引期間中の今、
ここからDVDをゲットしてください。
http://123direct.info/tracking/af/249309/vyJJZf0a-S5niK8xv/

PS.
こちらは東日本大震災 復興支援チャリティ対象商品となっています。
あなたの売上から5000円が災害復興寄付金となります。
※被災された県へ直接、災害復興寄附金として振り込まれます。

http://123direct.info/tracking/af/249309/vyJJZf0a-S5niK8xv/




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。