スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一度の不信は、永遠の運命を損なうことがある。

:::石原都知事、丹羽中国大使を批判 

石原知事 丹羽中国大使を批判
6月8日 17時43分 NHKニュース

丹羽中国大使が、東京都による尖閣諸島の購入が実行されれば、日中関係に重大な危機をもたらすという見解を示したことについて、石原知事は「少なくとも日本を代表して北京にいるべき人物ではない」と述べ、強く批判しました。

丹羽中国大使は、イギリスの新聞「フィナンシャル・タイムズ」の7日付けの紙面に掲載されたインタビューで、東京都の石原知事が尖閣諸島を都で購入したいという考えを示していることについて、「実行されれば、日中関係に重大な危機をもたらすことになる」などと述べ、反対する立場を明らかにしました。
これについて石原知事は、8日の会見で「少なくとも日本を代表して北京にいるべき人物ではない。もう少し自分の国のことを勉強をしてものを言うべきで、そうでなければ大使の資格はない」と述べ、丹羽大使を強く批判しました。
また、石原知事は都が購入を検討している尖閣諸島の魚釣島など3つの島のほかに、久場島について別の地権者と調整をしたうえで取得できるという考えを示しました。

記事元:
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120608/k10015703961000.html



尖閣巡る発言 丹羽中国大使を注意
6月8日 13時32分 NHKニュース 

:::尖閣巡る発言 丹羽中国大使を注意 

玄葉外務大臣は、丹羽中国大使が東京都による尖閣諸島の購入が実行されれば日中関係に重大な危機をもたらすという見解を示したことについて、「国内での所有権の問題であり、対外的な問題ではない」として、丹羽大使を注意したことを明らかにしました。

丹羽中国大使は、イギリスの新聞「フィナンシャル・タイムズ」の7日付けの紙面に掲載されたインタビューで、東京都の石原知事が尖閣諸島を都で購入したいという考えを示していることについて、「実行されれば、日中関係に重大な危機をもたらすことになる」と述べ、反対する立場を明らかにしました。
これについて玄葉外務大臣は、閣議のあと記者団に対し、「尖閣諸島は、わが国固有の領土だ。そもそも領有権の問題は存在しておらず、その所有権が国内で変更するかどうかという問題であり、対外的な問題ではない。当然、政府見解とは違う」と述べ、7日、杉山アジア大洋州局長を通じて丹羽大使を注意したことを明らかにしました。
そのうえで玄葉大臣は、丹羽大使へのさらなる処分を検討するかどうかについて、「大使からは、『大変申し訳ない。一切このようなことは致しません』ということだったので、現時点で、そのことを受け止めている」と述べました。

記事元:
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120608/k10015696231000.html



丹羽大使 尖閣購入なら危機に
6月7日 21時52分 NHKニュース 

・夲シ夲シ壻クケ鄒ス荳ュ蝗ス螟ァ菴ソ縲?o0631034612015729127_convert_20120610223814

東京都の石原知事が尖閣諸島を都で購入したいという考えを示していることについて、中国駐在の丹羽大使は「実行されれば、日中関係に重大な危機をもたらすことになる」と述べ、反対する立場を明らかにしました。

中国駐在の丹羽大使は、イギリスの新聞「フィナンシャル・タイムズ」のインタビューに答え、その内容が7日付けの紙面に掲載されました。
この中で、丹羽大使は、東京都の石原知事が尖閣諸島を都で購入したいという考えを示していることについて、「実行されれば、日中関係に重大な危機をもたらすことになる。私たちは、これまでの数十年間の努力を無にすることは容認できない」と述べ、反対する立場を明らかにしました。
尖閣諸島購入の是非について丹羽大使が見解を公にしたのは、これが初めてです。
日本大使館は、インタビューが今月1日に北京市内で行われたことを明らかにしたうえで、丹羽大使の発言の内容については「今の段階では一切コメントできない」としています。
.官房長官“外務省から注意した”
藤村官房長官は、午後の記者会見で「発言は、丹羽大使が個人的な見解を述べたもので、政府の立場を表明したものでは全くない。丹羽大使の発言が、政府の見解のようにとらえられては間違いなので、本人に、しかるべく外務省から注意した」と述べました。

記事元:
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120607/k10015684381000.html


一度の不信は、永遠の運命を損なうことがある。

これは、私がM社の時に出会った社訓の言葉で、十訓の内の一つです。

二、信を厳守しよう。
信用は社会生活における第一の要素である。一度の不信は永遠の運命を損なうことがある。


【参照】この社訓で、会社は甦る!
http://osakacocoro.blog28.fc2.com/blog-entry-12.html

石原都知事の言うように、丹羽氏は「少なくとも日本を代表して北京にいるべき人物ではない。もう少し自分の国のことを勉強をしてものを言うべきで、そうでなければ大使の資格はない」と発言されている。

これは日本の信用に関わる発言なのだということなのです。
大使は国を代表している使命をもっているのは世界の常識。
自国政府に進言するのはいいとしても、わざわざ国際的な場での発言は、日本政府の見解と受け取られるだろう。
それが、卑怯な中国共産党の狙いなのだろう。

中国は戦前戦後、日本は残虐な民族・・・と西側のメディア利用して世界に発信し続けてきた。今回は「東京都の石原知事が尖閣諸島を都で購入したいという考えを示していることについて・・・」、大使は「実行されれば、日中関係に重大な危機をもたらすことになる」などと述べ、反対する立場を明らかにしました。これは見方を変えれば、中国政府の圧力による大使の発言となったのだと思われる。

丹羽大使は、先日には深夜であるにもかかわらず呼び出された経緯から考えても明らかに、中国政府からの圧力(脅し)があって、今回の発言となったと推察できる。
しかし、民主党自身も、石原都知事にたいして、中国と問題を起してもらいたくないとの想いは、中国政府と意を共にした考えのようにも思われる。
そんな日本政府の中国に対する風見鶏の姿勢で動こうとはしないから東京都の石原都知事が民意を汲んで行動にでた。

櫻井よしこさんも言っている、中国は対日戦略の一環として、日本と言う国をこう分析している。
「日本は政治大国に成り得ない」
「日本は押せば引く国である・・・」と押すときに使えるものは、歴史認識である。

押せば引く、叩けばうずくまる・・・こうして日本を支配することができる。だからそれを利用すればよい・・・と書いてあります。
さて私達の国は、未来永劫「押されて引いて、押されて引いて、叩かれてうずくまる」国家であってよいのか?・・・と


【謀略】櫻井よしこ女史が語る中共の対日戦略
http://www.youtube.com/watch?v=PkvtQCRTSag

櫻井よしこ氏は言う!
確かに私達は戦争をしました。そして敗れました。
しかし戦争というのは日本だけが悪くて始まったものではありません。そこをきちんと学ぶのが、歴史を学ぶということです。

真の保守と言うのは、左のファシズムにも、右のファシズムにも屈することなく、自らを信じて、自らの頭で考えて、自らの信念を貫く。
国内においては、個人の言論の自由、政治信条の自由というものを最大限に尊重する。人間の自由を本当に尊びながら、きちんと国家をつくっていくのが、真の保守主義者であると考えています。


中国の身勝手な領土戦略 東アジアの支配を正当化する戦略的国境線
http://www.youtube.com/watch?v=2XzqzAxAY2Y&feature=BFa&list=PL0214AA68767DC3DE&index=9

tamatamacenter03 さんが 2009/12/11 にアップロード

3度目の削除に評価やコメントも全部消されましたが、めげず再度up。
日本政府は戦略的国境線という馬鹿な領土戦略を許すのか?
外務省と防衛庁は中国が度重なる領海侵犯や尖閣諸島での勝手な油田開発を、見て見ぬ振りをしてきた。故中川昭一議員だけが、それに対して毅然とした態度で戦われてきた。

櫻井よし子氏の解説です。報道2001から

「報道2001」の番組から
中国の教科書と現状の痛いところをつっこむ 5-1
http://www.youtube.com/watch?v=6QSguBUm3OI


中国の教科書と現状の痛いところをつっこむ 5-2
http://www.youtube.com/watch?v=2GgIbZO44Ms

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「日本の、これから」の番組から
櫻井よしこ 5-1
http://www.youtube.com/watch?v=hdEjykeyDN4


櫻井よしこ 5-2
http://www.youtube.com/watch?v=Cx5I3Eh0DA0

桜井よしこさん始め有識者を除く人達は、日本が加害者であり、悪い国であったとの前提でお話されているように思う。
中国、韓国の人はその立場を崩さないし、日本人の中にも見受けられる。日本だけが加害者であるのだろうか?中国侵略と言われているが、はたして日本が一方的に侵略したのでしょうか?中国国民党による挑発や日本の権益を守るための聖戦とも言える。韓国人は侵略され植民地にされたと言っているが、その時代背景から、大韓民国に日本は自主独立を勧めたが、できないと分かり自ら併合を要望したのが日韓併合となった。いわば日本は大韓民国を救い、悪習慣をなくし、日本国内と変わらない人間らしい生活が得られるようになったのではないのだろうか。
戦後の復興資金の経済援助によって韓国の現在があるのではないのだろうか?恩をアダで返すとはこのことです。

現在における中国人韓国人は、表面的には友好的に見えても、所詮損得でしか考えない。感謝の念がないのも、この国の民族性であろう。心底民族の融和はできないだろう。
今後も日本は裏切られ、足を救われるだろう。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●本 トライブ=人を動かす5つの原則

Amazonを震撼させた会社の戦略
ザッポスという会社をご存知でしょうか?

この会社は靴の通販で大成功を収めて
売上1000億にまで急成長し
最終的にAmazonが買収した会社です。

急成長の秘密は顧客満足度がとても高く、
通販でリッツカールトンやディズニーランド
レベルの顧客サービスを実現しています。

それだけでなく社員満足度も異常に高く、
働きたい人が募集枠を求めて
空きが出るのを待っているそうです。

社員全員が幸せだからこそ
顧客にも幸せを届けることができる
というわけです。

優秀な人材が向こうから集まってくる会社は
やる気のない社員ばかりで成り立っている
会社とは勢いもパワーも全然違います。

Googleなどがその分かりやすい例です。

そのザッポスのCEOトニーシェイが
「ザッポスで無意識にやろうとしていたことが
体系化されている」
と絶賛した本がこの「トライブ」です。

人の問題で困っている人にとっては
とてもオススメできる本です。

http://123direct.info/tracking/af/303007/FxOrZBp4/




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。