スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京虐殺劇場の終焉

月刊WILLから転記

南京虐殺の虚構を全世界に伝えようと思えば
「中国の悪質性」を情報発信するのが早い。
その上で、中国とサシでタイマンしても意味がない(評価者が中国の醸成したジャッジなので)わけで、中国が狡猾に利用した欧米人の思惑というものに光をあてて、実際にプロパガンダの前面に立った人物の実像を浮かび上がらせると所謂南京虐殺の問題が「戦争犯罪」問題から「戦争プロパガンダの悪質性」の問題に変化していくわけです。

というわけで、月刊WILLが気合を入れています。

南京大虐殺の真実
http://www.7andy.jp/magazine/detail?accd=T0178867
(マンスリーWILL増刊 2007年12月号)

特にこの虚構の本質と当時のドイツの関係に注目し調査されている古荘光一さんの報告が「ヒトラーと『南京大虐殺』」とWill最新号
http://web-will.jp/latest/index.html
の「南京大虐殺」とドイツ軍事顧問団として掲載されています

・夲シ夲シ壹リ繝√せ繝峨う繝Юconvert_20120604014116

蒋介石に巧みに利用された欧米関係者の有り様を「もう、反論など出来んだろう」という状態まで報告されています。

例の南京虐殺喧伝の元となったオーストラリア籍記者ティンパーリーの「What War Means : the Japanese Terror in China」が蒋介石手製のプロパガンダ文書であり、ティンパーリー自身が、国民党反日喧伝組織「反敵委員会」の唯一の外国人メンバーであったのですが、このプロパガンダ文書を実際に書いた欧米人が、自ら「でっちあげである」と告白したも同然の新資料を古荘さんが発見し、報告されているのです。

実際に書いたジョージ・フィッチなどのアメリカ人「宣教師」といわれていた人物の正体、そして、上海米人YMCA、ロータリークラブの創設者であり、フリーメーソン最高階級にまでになったフィッチが蒋介石の取り巻きであった事実などが、その「フィッチの回顧録」に記されています。

古荘さんは、これら文献とラーベの日記などの内容を突合せ、
・日独伊防共協定阻止に動いたドイツ人の思惑
・シナ権益を模索する英米人の思惑
を巧みに利用した蒋介石の情報戦略を浮かび上がらせているのです。

繧ク繝ァ繝ウ繝サ繝ゥ繝シ繝吶??131019558765813414738_john-rabe-pos_convert_20120604014339 繧「繧、繝ェ繧ケ繝サ繝√Ε繝ウ+101201011_convert_20120604014542

また、私も同じように感じていたのですが、古荘さんはアイリス・チャン「ザ・レイプ オブ 南京」について「ドイツ人礼賛の本である」と喝破されています。

また、先の大戦での欧米各国の主な戦争犯罪を軒並み免罪するものであると。
まさにそうでして、ホロコーストに対するドイツ免責ともとれるこの本を、なぜユダヤ人権団体であるSWC(サイモンヴィーゼンタールセンター)が庇護し、喧伝していったのかの意味もわかるというものです。

シナにいたドイツ軍事顧問団が「武器ビジネス商団」であったことは知られていますが、彼らは、日独伊防共協定によって、シナへの武器取引の一切を停止しようとしたヒトラーの指示に慌てふためくわけです。
ビジネスがオジャンじゃねーか・・・というわけです。

繧「繝峨Ν繝輔・繝偵ヨ繝ゥ繝シ縲?4445911c_convert_20120604014654

蒋介石にドンドン武器を供給して、日支全面戦争になれば、まさに武器証人の天国であります。
そのあともう一歩というところでヒトラーの「ストップ」。
軍事顧問団という商団はなんとかヒトラーを翻意させようと、「日本軍の蛮行」というストーリーを本国に伝達するために蒋介石を活用し、見たことの無い「日本軍の蛮行」を編纂し、ヒトラーの対日判断を覆そうとしたわけです。

だからフィッチの文書にも意味もなく「武士道批判」が展開されます。
これはヒトラーが対日感情を良くした原因の一つに、武士道を評価したという事があったからなのですが、こういう風にボロがでるわけです。

また、ラーベの日記のラーベも武器政商であり、そしてラーベ自身がナチ党員であったわけですが、ラーベが南京に残ったのは「難民救済」という美談でもなんでもなく、ヒトラーに日独伊防共協定を止めさせるためにラーベ報告書や、マギー牧師が撮っていない薫機関製「マギーフィルム」などを国民党と共同で作成し、本国へ送るためだったのです。

でラーベが反ナチではないことをゲシュタポに弁明するための証拠として「ラーベ」日記が準備されたのであります。

これら、断片的に解明されつつあったことが古荘さんのリポートと新資料によって全体像が一つになり、所謂南京大虐殺の喧伝が何であったのか・・・がはっきりと浮かび上がったのです。
で端折って掻い摘んでも伝わらないと思いますので古荘光一さん渾身のリポート

Will最新号
http://web-will.jp/latest/index.html

「南京大虐殺」と日独伊防共協定ドイツ軍事顧問団とヒトラー
是非、読んでください。・・・というより必読です。

南京の各論であることないこと反論する肯定論者も、こっち方面からトドメさされると終わりです。
で感じたことを一つ。
虚構喧伝の背景はやっぱりビジネスかよ^^

記事元:きち@石根
http://ameblo.jp/disclo/entry-10058373335.html

                ◇◆◇

【関連記事】
ユダヤ・ロスチャイルド卿の孫、アドルフ・ヒットラーは、イスラエル建国の使命を果たした後、
南米で余生を送り20年前まで生きていた?


:::アドルフ・ヒットラー rothschild-hitler 謌ヲ蠕後?√い繝ォ繧シ繝ウ繝√Φ縺ァ謦ョ蠖ア縺輔l縺溘?瑚?∝セ後・縲阪い繝峨Ν繝輔・繝偵ャ繝医Λ繝シ_convert_20120604015000

記事元:
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hitargentine.htm

ホロコーストはなかった。ヒットラーはユダヤ人を殺していない。

:::ユダヤ人強制収容所 buchenwald5_3

まだ、納得のいかない方がたくさんおられると思います。「ヒットラーがユダヤに担ぎ出されたシオニストの秘密兵器だったとしても、ホロコーストでユダヤ人の同胞を大量殺戮したことは理解できない。まさか、同胞殺しなんて、いくらなんでも.....」その通りです。ヒットラーがユダヤの仲間だったら、ホロコーストなど、やるわけがありません。その通りです。ですから、ヒットラーはホロコーストなどやりませんでした。私たちは、ナチスドイツによって、600万人のユダヤ人がガス室に送られ、大量虐殺されたと教えられてきました。これが、実はシオニストが戦後に捏造した大嘘だったのです。真相は、こういうことです。

「ナチスは、工場労働者の不足を補うためにユダヤ人などを強制収容し労働させた。最終的には、収容所から、ソ連やパレスチナに追放する予定であった。収容所で意図的にユダヤ人を虐殺した事例は、皆無といってよい。当時、収容所の内外で流行していた発疹チフスが、ユダヤ囚人の間にも蔓延し、死者が出た。また、戦争末期の連合軍の爆撃で、ドイツ軍の補給路が寸断され、食料輸送が途絶えて、ユダヤ人が大量に餓死した。最大で30万人程度が犠牲になったと思われるが、ガス室で死んだものは一人もいなかった。ガス室で使われたといわれる毒ガス、チクロンBは、実は、発疹チフス対策用の殺虫剤だった。死者の数を7万2千人、そのうちユダヤ人が3万だけとする説もある。アンネの日記は、戦後の創作・全くの偽作である。」(参考HU)

いわゆる「ホロコースト」というものは、シオニストが捏造した神話だったのです。そして、ナチスこそ、シオニストのイスラエル建国の野望を可能にしてくれた最大の協力者だったのです。「ガス室の恐怖」は、戦争中は、ヨーロッパのユダヤ人を恐怖に陥れ、ヨーロッパを脱出させる原動力になりました。戦後は、ホロコーストの被害者として大いに特権を授けられ、イスラエルの建国が果たされたのです。要するに嘘だったのです。さらに、面白いことに、「反シオニズム・ユダヤ人が選択的に収容所に連行された。」という話もあるくらいです。シオニストにとって、最大の敵は、シオニズムを認めないユダヤ人だった........。そして、解放直後の収容所の餓死死体の山、骨と皮だけになったユダヤ囚人の姿は、実は、連合軍の爆撃の結果だったのです。

これで、疑問は大方、解消しましたか?ヒットラーは、ユダヤの欲望達成ための道具であり、ヒットラー自身がユダヤ人であった。こう結論付けられる日が将来、やって来ると思います。

                ◇◆◇

戦争はユダヤの陰謀

◆第一次世界大戦も第二次世界大戦もユダヤが作り出した戦争なのだと分かるだろう。
それに、世界が巻き込まれたと言うのが真実のようです。
ホロコーストも捏造、南京大虐殺も実は捏造だったということに結論づけられるだろう。

南京大虐殺の汚名は、対中国だけのものではないことが容易に理解できると思う。世界はユダヤによって支配されている限り、南京大虐殺は消すことができないのだろうか?

しかし日本は不思議な国で、日本という国をつくり支えてきたのは古代ユダヤ人と言われていることです。
最終的には日本民族がユダヤと融合し包括すると日月神示から読み取りました。

◆丸が日本、点がユダヤ、丸の中に点を包み込むと言うことなのでしょうか?

・夲シ夲シ壽律譛育・樒、コ縲・↓轤ケ_convert_20120604015550 ・夲シ夲シ壽律譛育・樒、コ縲?123_convert_20120604015444 :::日月神示 123←拡大

 日月神示自体は、漢数字や神代文字が多く使われると紹介しましたが、一例を挙げると次の様なものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【原文】 二二は八八れ十二ほん八れ の九二のま九十の のちからをあら八す四十七れる卍も十も九も八きりたすけて七六かしい五くろうのない四がくるから三たまを二たんにみかいて一 すしのま九十を十四て九れ四
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【訳】 富士は晴れたり日本晴れ、神の国の真の神の力をあらはす代となれる。仏もキリストも何もかも、ハッキリ助けてしち難しい御苦労の無い世が来るから、身霊を不断に磨いて一筋の誠を通してくれよ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 なんだ、これではただの語呂合わせじゃないか、とも思えますが、これは最初に現れたもので比較的分かりやすいものです。(前節「数字で書かれた神示を参照」)また赤字の部分はよくみると十・九・八・七・六…と数字が順に並んでいるのがわかります。

日之本研究ホームページ
http://ww91.tiki.ne.jp/~spiral_jp/info/hitsuki.html



ひふみ神示データ
http://hifumi.uresi.org/link.html#_note-21

ひふみ神示

以下転載

ひふみ神示を降ろされた存在は、私たちに真の幸福をもたらす為に計り知れない仕組みを具現化させようとしているようです。

原書は『日月神示』といって漢字と漢数字ととひらがなと記号などで書かれています。
原書を日本語としてわかるようにしたものを『ひふみ神示』といいます。
しかし、ひふみ神示は、暗号がいたるところにちりばめられており、普通に読んだだけでは、本当の意味がわからないようになっているようです。

神示は八通りに読めるといいます。
海の巻 第15帖 (507) にはこの様に書かれています。

「学や智や金がチラチラ出る様では、マコトが磨けて居らんのぢゃ、
今の法律でも、教育でも、兵隊でも、宗教でも、この世は建直らんぞ、
新しき光が生れて世を救ふのぢゃ、
新しき光とはこの神示ぢゃ、この神ぢゃ。
七つの花が八つに咲くぞ、
此の神示八通りに読めるのぢゃ、
七通りまでは今の人民でも何とか判るなれど八通り目は中々ぞ。
一厘が、 かくしてあるのぢゃ、
かくしたものは現はれるのぢゃ、現はれてゐるのぢゃ。
何でもない事が中々のことぢゃ、判りたか。」



「天つ巻」第四帖で「今度は世界中、神神様も畜生も悪魔も餓鬼も外道も三千世界の大洗濯ざから、そんなチヨロコイ事ではないのざぞ。」や「富士の巻」第二十帖でも「日本ばかりでないぞ、世界中はおろか「三千世界の大洗濯」と申してあろうがな、神にすがりて神の申す通りにするより外には道ないぞ。」と述べている。
^ 同様な事を述べている帖はいくつか有り、「磐戸(一八十)の巻」第十帖でも「世界の何所さがしても、今では九九(ここ)より外に、神のマコトの道知らす所ないのざぞ。」や「何も分らん枝葉の神に使はれてゐると気の毒出来るぞ」(|三(ウミ)の巻第十四帖)などで語っている。
「世は七度の大変りと知らしてあろう。」(黄金の巻第二十六帖)、「世はグルグルと七変り、改心の為世界の民皆、今度は引上げ一旦みなあるぞ。」(黄金の巻第七十一帖)、また、「世は七度の大変り、いよいよの段階に入ったら、何が何だか、われよしの人民にはいよいよ判らなくなり、あせればあせる程ふかみに落込むぞ。」(月光の巻第四十帖)とそれぞれ述べている。

神示には、この北の国はロシアであるとはっきり記されている。

「日の出の巻」第七帖で「おろしやにあがりておりた極悪の悪神、愈々㋹の国に攻め寄せて来るぞ。北に気つけと、北が愈々(いよいよ)のキリギリざと申して執念(くどく)気つけてありた事近ふなりたぞ。」と書記されている。また、同じ第七帖で「ろしあの悪神の御活動と申すものは神々様にもこれは到底かなはん思ふ様に激しき御力ぞ。」と述べている。これ以外でも「北から来るぞ。神は気もない時から知らして置くから、よくこの神示、心にしめて居れよ。」(上つ巻第二十五帖)、「オロシアの悪神と申すは泥海の頃から生きてゐる悪の親神であるぞ。北に気つけて呉れよ。」(日の出の巻第二十帖)と書記され北(ロシア)からの攻撃があるらしい事が複数の帖で述べられている。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。