スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忌まわしい「南京大虐殺記念館」

歴史の嘘の殿堂「南京大虐殺記念館」

:::南京大虐殺記念館  img4bc442c1zikazj

1993年に中国に移住した日本人が、3度にわたり「南京大虐殺記念館」を訪れ日本人として感じた想いを綴ったものです。

以下転記

「南京事件1」
http://plaza.rakuten.co.jp/ieiri8/diary/201203140000/

河村名古屋市長の発言に対して南京市から
河村市長が発言の過ちを認め謝罪しなければ
双方の友好関係は凍結すると発言した。

政治上の問題なのかも知れないが中国にいる
日本人にとっては迷惑な話である。

ところで、松井石根さんって名前を知る人は
最近では少なくなってしまったようだ。

中国人に言わすと「さん(先生)と呼ぶのは
止めてほしい」と言われたことがある。

中国人から見れば中国へ上陸をし大虐殺をした
A級戦犯なのだから仕方が無いが、太平洋戦争で
A級戦犯になり絞首刑で散った人は7人いる。

その中で陸軍大将の松井石根さんは中支那方面軍の
司令官であり上海派遣軍司令官でもあった。

南京大虐殺いわゆる南京事件は中国の捏造と心の
中では思っているが、多くの中国人の前では
大きな顔をして、南京大虐殺は無かったと言えない


「南京事件2」
http://plaza.rakuten.co.jp/ieiri8/diary/201203150000/

私が初めて南京大虐殺記念館を訪れたのは
12年前の雨が降りしきる日だった。

その頃の記念館は現在とは違い大分小さかった。
写真の記念館に入っていくスペースに
置かれたモニュメントなどは無かった。

初め訪れた時の私には大虐殺の知識が乏しく
彼ら中国人の話すことを信じざるを得なかった。

南京攻城戦で大虐殺があったと主張しているのは
1937年12月13日から6週間行われた事を指す。

1937年12月日本軍は南京を攻略、南京陥落前に
南京から逃げ出した蒋介石は重慶に逃げ込んで
国民党政府は重慶に首都を移していた。

国民党の兵士達も重慶へ移動し南京には5万ほどの
兵士しか残ってはいなかったが、日本軍は南京で
残虐な大虐殺を行い30余万人を殺害したとされた。


「南京事件3」
http://plaza.rakuten.co.jp/ieiri8/diary/201203160000/

南京大虐殺記念館は旧日本軍の非道行為を
内外にアピールする為に建てられたのが
南京大虐殺記念館だが実際とは異なる。

中国国民すら知らなかった南京事件は1971年
日中国交樹立前に朝日新聞紙上に掲載された
本多勝一の「中国の旅」という連載記事から始まる。

私が中国へ居住した1993年当時は南京事件で気が重く
中国人から攻め立てられる度に謝罪ばかりしていた。
それは大虐殺は本当にあったと信じていたからだった。

今回で3回目となる南京への旅だが初めて来た時の
事を記念館を歩きながらも思い出していた。

2000年11月雨の降りしきる南京空港へ降り
迎えの車で南京大虐殺記念館へと走らせたが
まだ地理に疎い私は南京大虐殺記念館の距離が
結構遠かったように記憶している。

12年前は南京大虐殺記念館へ入った時に
入口の「300000」の数字に驚きながらも
説明を受けながら、中へ中へと進んでいった。


「南京事件4」
http://plaza.rakuten.co.jp/ieiri8/diary/201203170000/

画像は新しく建てられた南京大虐殺記念館の
入口までの通路脇に作られたモニュメントである。

どのモニュメントを見てもリアルな表現で
作られているが、作った人達は戦争を知らない
若い芸術家達なので想像でしかない。

話ではモニュメントの製作に入る前、中国で
製作された旧日本軍による虐殺の映画を見せ
イメージ作りに拍車を掛けたとの事である。

私も中国語の南京大虐殺の映画をDVDで
見たことがあるが、日本兵が妊婦の腹を銃剣で
突き刺し、腹を割き、銃剣の先に突き刺した
未熟児を空高くかざし、日本兵は笑っていた。

いくら時代が違うとしても日本兵が、そんな事を
本当にしたのだろうかと疑問の思いで見ていたのに
対し中国人の若手芸術家は憎しみを込めた思いで
見ていたに違いないとモニュメントを見て確信する。


「南京事件5」
http://plaza.rakuten.co.jp/ieiri8/diary/201203180000/

私が2回目に大虐殺記念館を訪れたのは
2006年4月の事で、2ヶ月すれば建替えの為
半年以上見学できなると思ったからだった。

3回目に訪れた時には建物が立派になり驚いた。
中国南京の子供たちは社会科の授業の一環として
南京大虐殺記念館へ見学に行き感想文を書かせる。

中国の歴史教科書に至っては1冊の40%を割いて
旧日本軍の侵略を学び反日感情を植え付けている。

コメント欄でも書いたが、南京大虐殺記念館は
建築資金が無く難色を示していた中国共産党幹部は
日本が設計と資金提供で建てる密約を結び建った。

1983年当時中国側は記念館建設には乗り気でなく
社会党から資金援助をするという事で中国共産党も
納得し日本の設計と建設で1985年オープンした。

社会党も村山総理が連立政権で担がれ総理になった。
だが総理引退後の1996年以降社会党は見る影もない。


「南京事件6」
http://plaza.rakuten.co.jp/ieiri8/diary/201203190000/

:::南京大虐殺記念館 imgac3ac968zikczj

私が初め記念館に行った翌年に小泉政権が誕生した。
だが靖国神社参拝問題が浮上すると、中国人の心を
逆なでする発言で、中国に居る日本人は中国人の
標的の的となり私の見解まで聞いてくる始末だった。

酒場などでは、私のお客様とは関係ない中国人が
あまりにも不愉快な態度に「私は日本を代表して
中国に居るのではない」と開き直った事もあった。

中国人がこれ程日本人を威嚇するようになったのかは
南京大虐殺記念館を日本が建てたからで社会党の
思惑は完全に的を外れ反日感情へ拍車を掛けた。

旧大虐殺記念館には社会党議員や社会党団体による
中国人への謝罪文が相次いで提出され張り出された。

修学旅行で訪れる日本の生徒たちには千羽鶴を折らせ
日本は2度と過ちを犯しませんなどと謝罪文を
書かせていたが、何処に証拠があって高校生の心に
圧力を掛けているのだと思うと、教師さえも憎かった。

時には中国の新聞やテレビでも紹介され中国人は
やはり南京での大虐殺は真実だったと確信を持った。

2002年5月民主党の菅直人幹事長夫妻一行6名が
南京大虐殺記念館を訪れ花輪を捧げ詫びを伝えた。
何故、そんな余計な事をするのだと言いたかった。

「南京への道」で南京事件を書いた本多勝一氏は
中国に大虐殺を教えた事で2006年に表彰状が送られた。


「南京事件7」
http://plaza.rakuten.co.jp/ieiri8/diary/201203200000/

(写真は日本軍の大虐殺が行われたとされる
1937.12.13-1938.1までの刻印である)

「南京大虐殺」いわゆる「南京事件」は捏造や
虐殺人数を改ざんし、いつの間にか変化していった。

一人歩きしたと評論家は言うが、私はそうは思わない。
毛沢東は日中国交回復の時点で周恩来総理に中国
共産党が勝利を収めたのは日本が蒋介石軍と戦い
打撃を与えた為、共産党は国家を樹立出来たと言った。

南京大虐殺記念館は大日本帝国皇軍と中華民国国民党の
蒋介石政権との間で行った日中戦争で中国抗日戦争に
まつわる記念館として中国最大規模の記念館である。

然るに一人歩きではなく、中国共産党が故意に捏造し
代々の首脳陣に受け継がれたがゆえに、今回の河村市長の
南京事件はあれほど酷くは無かったのではの発言にまるで
反抗期の子供のように友好凍結などと言い出したと思う。

抗日戦争で死亡した中国軍は380万人余りで中国人民の
死亡者数は1000万人と発表していたが1985年の
抗日戦争勝利40周年記念の折に2000万人と2倍の
死亡者数にすると、改ざん数を発表した。

大日本帝国の犠牲者は軍人230万人余りで一般市民は
広島長崎の原爆犠牲者も含めても80万人余りである。

この死亡者数から推測しても南京での虐殺が
30万人とは、誰が考えても不思議この上ないと思う。

南京大虐殺記念館は抗日戦争の代表格として中国共産党の
愛国主義教育基地に指定されており、この記念館を
事もあろうかユネスコ世界文化遺産に立候補している。


「南京事件8」
http://plaza.rakuten.co.jp/ieiri8/diary/201203210000/

:::南京大虐殺記念館 大釣鐘 mg6e42623dzikazj

内容は1937年12月13日に日本侵略軍は南京を
占拠し6週間の長きに渡り残忍な暴行大虐殺を
行ったと書かれ、レイプの事も書かれている。

平和の鐘は2006年9月24日に寄贈されたが
寄贈したのは日本2団体中国5団体を含む10団体。

2011年12月13日の南京大虐殺74周年記念の
追悼集会に平和の鐘が撞かれ鐘の音が響き渡る。

中国の報道では、日本は南京事件を避けているが
それでは双方の国民感情のわだかまりは解けない。

何故日本は南京事件に向き合って話が出来ないのか
日本の首相が南京を訪問し犠牲者に献花し謝罪すれば
必ず分かり合う事が出来る筈だと報道した。

2012年の12月13日には75周年儀式を挙行し
その儀式に日本の首相が参加し犠牲者に献花する事が
一番望ましく日本人に対するイメージも大きく変わる。

中国人の日本人に対するイメージは74年経った今でも
何も変わってはいないし、テレビや映画で描かれる
抗日戦争の日本人は極悪卑怯で小心者として描かれる。

中国国民の日本人に対するイメージは毎年ダウンし
現在の多くの若者は極悪日本人と記憶されている。

だが、そのようなイメージ作りを誰がして来たのか
日本ではなく中国共産党の政治戦略の中で中国国民が
騙されていた事実を知ったならば、どうなるのだろう?







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。