スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京の憂鬱

:::中国人の描いた南京大虐殺  nankinziken001



◆中国人の描いた南京大虐殺

英語で世界に発信!UndertakerRachのコピペでGO!
http://undertakerrach.gouketu.com/nanking.html

上記の英語で世界に発信!より抜粋して転記いたします。


南京大虐殺 歴史事実

・夲シ夲シ壼漉莠ャ縲?793px-_convert_20120601170629

中国共産党率いる毛沢東は南京大虐殺について、一切何も語ってはいない。彼はこの事件が起きたとされる6ヶ月後、Protracted Warという書物の中でこう語っている。日本軍は中国軍を追い詰めてからのツメがあまいと。もし30万人という中国人が殺された南京大虐殺がほんとうに起きたのなら、これは黙っていたはずがないだろう。

1937年11月、南京戦の最中、中国国民党はプロパガンダ局を立ち上げた。「プロパガンダ作戦の概要」という秘密文書によると、プロパガンダ局は1937年12月1日から、1938年10月24日までの間、300回を超える報道記者会見を漢江で行っている。約35人の外国人記者や諸外国の外交官も出席した記者会見であったにもかかわらず、中国側は一切南京大虐殺について報道してはいない

・夲シ夲シ壼漉莠ャ縲?19371215nanking_citizens_convert_20120601170719

日本軍は、1937年12月、南京を攻略する必要があった。南京大虐殺に関する日本への起訴状は非常に多様に富んでいる。特にその数字に関しては意見が分かれるところが多い。1938年(翌年)南京避難区の出した書類には49人と記載され、同じく1938年のスマイスの種類には15,790人の被害者と出ている。アイリスチャンは彼女の本、レイプオブナンキンには、なんと30万人だ。

12月10日、この日は日本軍が南京市を取り囲んだ日だ。南京市内は中国兵士の錯乱状態で混沌とした状態に陥った。中国兵士達はまさにその恐怖から、衝動的に略奪をし始めたのだ。中国漢江にあるアメリカ副領事を勤めるジェームズヱスビー氏は、秋の南京で起きたその様相を次のように語っている。
軍規などあろうものか、中国人達は日本軍が入城する前に、彼らの兵士からの略奪を免れることはできなかった。日本軍が入城する前の2,3日のうちに、彼らは暴力を受け土地を荒らされた。中国軍兵士はまるで泡食ったように、彼らの制服を脱ぎ捨て人民から衣服を奪うために、人殺しまでもが行われたのだ

・夲シ夲シ壼漉莠ャ縲?622px-crossing_river_by_gate_of_china01_convert_20120601170747

アメリカ管轄の難民区に元中国軍大佐 彼は南京で自らの行為を日本軍の悪行と宣伝する。NYT 1月4日 1938年ニューヨークタイムズ 上海発電文(1月3日)によると、中国に残っているアメリカ人教授らが、南京市Ginling大学にある『外国人による難民保護区』で、逃走中の中国人大佐とその6人の部下を見つけるという事件が起きた。実際この大佐はかなりの権力者でもあり、これら幹部軍人らは南京戦から逃走中に、制服を脱ぎ捨てているなど、そのような状態で大学の建物内で発見された。彼らは日本軍が探していた人物と一致し、しかも6丁のライフルとリボルバー式の拳銃、及び分解された(もしくは台座から取り外された)マシンガンと弾薬をも建物内に隠し持っていた。彼らは南京市内で、強奪をしかつ少女達を暗闇に連れ込むなどし、それを翌日に日本軍がやったと吹きまくったことを白状した。彼らは逮捕され、後に法に基づき罰を受け、多分処刑されるだろう。

南京大虐殺のような間違った歴史をどう認めることができようか?証拠もないのにだ。南京市の人口は日本軍が占領してから増え続け、また多くの目撃者も実はその目で見たわけではないことを証言している。中国政府は死体の数を20,000としたが、この数は中国人兵士の死体の数と一致する。そのうえ、143枚もの南京関係の写真をねつ造し、お金を払って外国人に南京関連の嘘本を書かせている。中国人被害者は病院に行きたくてもお金がなく行けなかった。そこで蒋介石は日本人のウソ蛮行を世界にアピールするため、彼らにこう言った。「もし日本人に虐待されたと証言したら、病院での治療費をただにするぞ」だから多くの中国人がそう証言しただけなのである。日本軍の蛮行などだれが信じることができようか?


南京大虐殺 荒唐無稽な中国の言い分

・夲シ夲シ壼漉莠ャ縲?628px-rushing_to_zhongshan_gate01_convert_20120601170823

いくつかの写真やビデオには、南京攻略後のまさしく見事な復興シーンが映し出されている。そのシーンには中国人達が日本軍の発行する「良民証」を得ようと、並んで待っているものもある。これらの写真やフィルムなどの発行元は非常に確かなもので、かつ南京市内には実に100人もの報道陣がそれらのシーンを見ているのである。その反面、中国側の提出する写真には、写された場所が不明確であったり、写した人物やその日付さえも特定できていないものばかりである。中には全く違う場所で写されたものを南京大虐殺の写真として取り上げていることさえある。中国人でさえも、南京大虐殺の証拠を挙げることができないでいるのだ。

南京陥落から日本軍による占領に至る期間に南京にいた欧米人たちは、安全区委員会のメンバーを中心とする二十数名に過ぎなかった。外交官やジャーナリストらはほとんど南京から離れていた。このため、彼らが残した大量の報告書や記事は、ほぼ同一の情報源に基づいているのである。しかもこれらの情報は信頼できるものなどではない。 中国政府はこれらの犠牲者の数字をダブルカウントし、日本軍の蛮行として世界中にばらまいているのである。

1937年に中国で南京大虐殺が起きたとされている。1900年代でも中国各地で残酷な拷問や、刑罰、処刑が行われていた。また中国史にも残る清野作戦は、迫り来る敵に補給物資を与えないようにするため、人民の家や街ごと焼き払うような作戦も採られていた。アメリカ人、ラルフタウンゼントは1930年に中国にいた人物だ。彼はこう言っている。『中国で行われている処刑法の一つに、人間を裸にし動けないように縛り上げ、非常に鋭利なとげを持つサボテンの近くにつるし上げる。中国南部に生育しているそのサボテンは生長がものすごく早く、1日か2日でその男の体に食い込んでいくのである。』 それだけではない。中国には様ざまな残酷な拷問法がある。人権蹂躙とも言えるこれらは中国ではお家芸だ。清野作戦においても1938年にはChangshaという市で、3万人の中国人が中国人の手によって殺された。日本軍が近づいてもいない市で起こったことだ。支那戦争中、中国人兵士はまるで虫を殺すかのように、中国人民を殺してきた。中国政府のこの残酷な処刑の発想や殺し方、そして宣伝のやり方は天才的である。中国人はこれらの残忍な処刑や虐殺は日本軍がやったものだと宣伝している。2010年の平和ノーベル賞を受賞したLiu Xiaoboの人権問題を考えるとき、中国政府のこの考え方は南京大虐殺が起きたとされる頃から何も変わっていないと言える。彼らはLiuの妻をわざと外出させ、カメラの前で買い物をさせて見せた。しかしこれはやらせであった。1950年から中国政府は120万人ものチベット人を虐殺してきている。しかし中国は、チベットは平和的に統治されている大声で宣伝している。誰が彼らの言うことなど信用できようか?

事実、中国国内ではおよそ6千5百万人の人々が、中国独裁政治の元で犠牲になっており、絶え間なく少数民族への人権蹂躙は続いていると言われている。特にチベットではその人口の20%と言う120万人にものぼるチベット人が、1955年からの一方的な侵略以来、犠牲になっている。
今でさえチベット人は虐待され、その文化を破壊され続けているのだ。しかし中国はそれを国内問題だと言い張り、一切の海外からの要望を無視し続けている。その反面、およそ70年前に起きたとされる、南京大虐殺事件を声高らかに糾弾し続けているのだ。しかもこの大虐殺は未だ何の証拠を揃ってはいない。

何故中国人は毛沢東虐殺記念館を作らないんだい? 毛沢東は30万人という中国人を殺した人物である。中国共産党の指導者であった毛沢東は、しばしば共産党の冷酷な政治的実行を行ってきた。彼が実施した工業力発展と農業の管理を目指した文化大革命と大躍進政策によって、何10万という中国人が死んだのだ。

アメリカが2つの原爆を日本に落とした後、彼らは日本にやってきて科学的な調査を行った。それ故にこの原爆投下の被害状況と、犠牲者の数は完全に正確である。しかし中国政府が非難している1937年の南京大虐殺については、目撃者がいないばかりか、中国政府はそこにいた西洋の外国人らに賄賂をもちかけ、虐殺に関するニュースや本を書かせているのである。南京大虐殺はまさに嘘話である。
(Rach:南京大虐殺が嘘ならアメリカによる原爆投下も嘘だ、に対する反論です。)

中国人はまるで犬のように嘘を吠えまくるのが尋常である。事実、中国人の発言している南京大虐殺や尖閣領土問題など、その内容に明確な論拠はない。それに加え、彼らは嘘も百回言えばその嘘は真実になると信じている。南京大虐殺も目撃者がいないにもかかわらず、日本軍による蛮行であるとアピールしている現状だ。そして今、中国人は沖縄をも中国の領土であると言っている。私たちはこの事実に注意深く接しなければいけない。なぜなら、この沖縄を中国領土とする中国人の陰謀は、成功するやも知れないのだ。たとえそれがとんでもない意見であったとしても、彼らは必死になって嘘をつく。よってその必死な嘘に洗脳されてしまう人もいるのだ。彼らはお馬鹿な歴史家が彼らの意見に同意してくれるのをひたすら待っている状態だ。残念ながら、馬鹿な奴というのはどこにでもいるものだ。中国は賄賂大国でもある。いつか、中国に世界は飲み込まれる日が来るかも知れない。


南京大虐殺 人口

中国政府は日本軍が南京市で30万人殺されたと騒いでいる。日本軍の占領後南京の人口は30万人も減少したのであろうか?歴史資料を見てみよう。1937年の12月8日、中国側の司令官Tang Sheng-zhiは南京市の非戦闘員全員を安全避難区へ誘導している。その結果、南京城内には安全避難区以外には人っ子一人いない状態だった。安全避難区委員会のジョンラーベは、南京戦に突入する前である12月10日の日記に、南京の人口は20万人であると書いている。安全避難区委員会は12月17日のドキュメントナンバー9に、こう記している。日本軍が南京市に入城するときには、ほぼ全員の民間人らは安全区に避難していた、と書いているからこの人口数は正しいと判断できる。
安全避難区から見れば、避難区に集まった人々に与える食料配分をまかなうため、正確な人数を知る必要があった。そして日本軍が勝利し南京を占領した12月17日の時点でも、この安全避難区委員会はこの人数を再度確認している。ではその後どう人口は変わっていったのか?安全避難区委員会の出した1938年1月の資料には、人口25万と記載されている。
南京大学の教授でもあったスマイスは数人の中国人と共に、1938年2月人口を調べている。それには25万から27万となっている。1938年3月28日に設立された、南京暫定政府機関の調べでは、南京市の人口は27万7千人と増えている。日本軍が30万人殺したっていうのは本当なのか?


南京大虐殺 死体の数

・夲シ夲シ壼漉莠ャ縲?akaboshi_nanking_convert_20120601000738

秋が終わった1937年12月13日から1938年2月までの6週間、日本軍は南京を占領した。この時に30万にも及ぶ中国人を殺害したと非難している、いわゆる南京大虐殺と呼ばれるものだ。ではその30万もの死体はどこにあるのか? 資料をよく見てみよう。
 犠牲者30万人以上とする、戦後の中国側調査は、次の2つの証拠群がある。
1 慈善団体である崇善堂と紅卍字会が計15万体の死体埋葬
2 19万人殺人を証言する中国側11件の証言
ここでは15万人が埋葬されたとする1番に話を集中したい。
そもそも崇善堂の活動内容は「施料(衣料給与)・救恤(寡婦の救済)・哺嬰(保育)」であり「埋葬」は含まれていなかった。しかも市来義道編『南京』(1941年、南京日本商工会議所発行)によれば、崇善堂は南京陥落の1937年12月から翌年8月まで活動を停止していた。崇善堂が当時、埋葬作業に従事したとする証拠は存在しないのだ。そもそも崇善堂の埋葬表は、事件から9年経った後の1946年に作成されたものであって、1938年当時作成されたものではなかった。中国政府はなぜ崇善堂の活動報告を証拠として出したのだろうか? 嘘をついてでも何とかしたい気持ちから提出したとしか思えない。では、紅卍字会の記録はどうか。
東京裁判には、紅卍字会が「約42,000体」を埋葬したという記録がある。しかしこの資料は非常に疑わしい。日本人の一人、丸山氏は一日の処理数は多くても200体だと述べている。ラーベも2月15日の日記に「今まで毎日200体が埋葬された」と記録している。(「The Good Man of Nanking」197ページ) 一日の埋葬数は200体が限度であった。2月の終わりの資料には5000体が埋葬された。3月に入り、5台のトラックを与え、1体につき賃上げすると、一日600から800体になった。
この数字は、南京ドイツ大使館のローゼン書記官が3月4日付で本国外務省に宛てた「紅卍字会が1日当たり500体から600体を埋葬している」という報告とも一致する。ところが、ここで大きな問題が起こった。紅卍字会は、賃金を多くもらいたいばかりに埋葬数を水増し報告してきたのである。2月末の報告書が5,000体で、3月15日には31,791体になった。15日間で26,000の遺体を埋葬したことになる。


15日間で26000体の埋葬、1日当たり1,700くらいは処理しないといけないことになる。日本軍は中国人達が嘘をついていることを知っていたが、トラブルを招くことを考えその賃金を支払った。では、実際の埋葬数はどのくらいか。おおそ10,400体から12,400体なのである。この数字は、1938年1月から4月までに《9,364体》埋葬したという『南京市政概況』(南京特務機関調製)の数字とほぼ一致する。以上のことから、紅卍字会の埋葬数は10,000体前後であり、その素性はほとんどが中国軍の戦死者だと推測できる。
中国から出ている『南京戦』という本の351ページには、日本と戦闘があった少し前の、12月4日から12日までの間の、中国人兵士死傷者は約12,366人と記載され、その数字と埋葬数はほぼ当てはまるのである。東京裁判で中国政府は、崇善堂と紅卍字会による計15万体の死体埋葬を提出した。これを信じることができるか? 30万もの中国人の死体はどこにあるのか?南京大虐殺は本当に起きたのだろうか?

ここに、中国の紅卍字会という慈善団体が埋葬した、死体の数についての資料がある。これは中国政府から公式に東京裁判に提出されたものだ。これによると、数だけでなくどこで死体が見つかり、どこに埋められたかが解る。2800体が南京城内でみつかり、(城というのは南京市は周りを高い城壁で取り囲んでいるからである。)城外で約4万の死体が見つかっており、これらには女性と子供の死体は皆無だったと記されている。

 中国で写された一枚の写真には、日本軍が戦闘で死んだ中国兵無名兵士の墓を作り、弔っているものがある。その反面、いくつかの書類によると、中国政府は自分たちの兵士の遺体や傷病者などには一切の目もくれていないことが解る。日本軍が南京市に入城する前には、もうすでに市内には多くの死体であふれかえっていた。そう語るのはドイツ人記者であるリリーアベックだ。彼女が南京を脱出する前のことを書いた本「南京からの脱出」、1937年11月29日での出来事だ。
「もはやどこに行っても、規律の解体と無秩序が支配していた。南京駅に二千人の負傷者を乗せた汽車が到着したが、誰も見向きもしなかった。看護兵も付き添っていなかった。負傷兵たちは二日間も放置された後、その二日間に死んだ者と一緒に降ろされ、駅のホームに並べられた。死骸が空気を汚染し悪臭を放った」南京大虐殺とは中国軍でのこのような悲劇も全部日本軍のせいにしているのである。


南京写真などのやらせ、偽造

・夲シ夲シ壼漉莠ャ縲?the_battle_of_china_2_convert_20120601171418 ・夲シ夲シ壼漉莠ャ縲?thebattleofchina1_convert_20120601171336

私たちは日本の蛮行を宣伝する中国人の宣撫工作にもっと注意を払う必要がある。1930年代の米国を代表する映画監督の一人であるF・キャプラによって監督され、1944年に劇場公開された『ザ・バトル・オブ・チャイナ』という戦時宣伝映画があるが、その中に十秒ほどの南京大虐殺シーンが登場するが、これは次のような理由で到底、実写とは考えられない。
1 婦人を力ずくで連行しょうとしている軍人の肩章は日本軍の将校のそれとは全く異なるし、胸に勲章らしきものをつけているが、そんなデザインの勲章は日本にはない。
2 その人物は腰に弾帯を巻いているが、当時の日本軍が使用していた拳銃は回転式ではないので、弾帯は必要ないし、帯刀している刀は軍刀ではなく、刃のついていない指揮刀である。戦場に指揮刀を持って行くことはありえない。
3 厳寒の南京に半袖の市民の姿が見える。生き埋めにされようとしている婦人の胸の上に「三民主義」と書かれた紙片が載せられているが、こんな発想は日本人にはない。その反面1930年代の中国にはこれらの風習はたくさんあった。まさに全体が"やらせ映像"である!

9人の生首が一列に並んでいる一枚の写真がある。この写真も南京大虐殺の証拠写真として提出されたものだが、こうした「さらし首」の風習は、日本では1870年前には見られたが、それ以降はなく、その反面中国では1930年代になってもまだ各地でみられた。
1938年2月12日にも、上海のフランス租界でさらし首事件が起きている。これは、中国の内戦の犠牲者、あるいは中国人によって殺された政治犯か馬賊の首であろう。アイリスチャンのレイプオブナンキンという本の113ページにも使われているが、この写真は南京での写真ではないと言える。

一枚の写真が南京大虐殺記念館にある。この写真の説明書きはこうだ。『日本軍が数千人もの女性を捕らえ、彼らの多くは慰安婦にされた。』とある。しかしこの写真は南京大虐殺があったとされる1ヶ月も前の、1937年11月10日週間アサヒグラフ(日本発行)に載せられた写真なのである。この写真の説明には、『日本軍に守られ畑仕事から帰宅する女性達』と書かれている。

南京大虐殺記念館には虐殺の証拠として数々の写真と、その他展示物が置かれている。しかし近年の科学的な研究解析で、これらの写真は南京虐殺のものではないことが判明した。少なくとも143枚の写真は中国政府によって編集加工され、全然違う場所や時間で撮影された写真が、南京虐殺の写真として使われているのだ。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。