スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反社会的集団に、怒りを覚える!

東村山女性市議怪死事件

411dd104.gif


朝木明代東村山市議転落死事件
http://www.youtube.com/watch?v=poAjhMCefaA&feature=related


朝木明代市議の活動
http://www.youtube.com/watch?v=uhClXBR0zwk

平成20年8月24日の「政治と宗教を考える」シンポジウムの朝木明代市議殺害事件(市民派として創価学会=公明党を批判し、猛烈な嫌がらせなどの渦中でビルから転落し死­亡した女性市議の事件)に関する部分を取り出した動画「朝木明代さん殺害事件の全容」


事件の担当検事、及び支部長は創価学会員だった
http://www.youtube.com/watch?v=vPH2BV_ArfM


桜井誠氏、創価学会&東村山市議会議員怪死事件を一刀両断!
http://www.youtube.com/watch?v=fNSuioKTrUk


現職の警察官が、女性市議の転落死は「自殺」ではなく「他殺」だったと内部告発
http://www.youtube.com/watch?v=dFw6wMBMw74&feature=endscreen&NR=1

 現職の警察官が内部告発で、「朝木明代元市議を殺害した犯人を自分たちは特定した、3人であった。しかし、検察からの圧力で捜査を断念せざるをえなかった」とはっきり述べ­た。
 また、「もし、時効前(あと2年で時効)に国民的運動として盛り上げてくれるなら、我々は全貌を明らかにする用意がある」と断言した。

 検死によると、ビルから落ちて死亡した朝木明代元市議の両腕の上腕部には手で強く握られてできた痣があった。朝木明代元市議を2人で両脇から挟みこみ上腕部を強くつかまな­いかぎりできないようなものだった。しかし、警察はこの痣の件をずっと隠蔽してきた。

 朝木明代元市議は創価学会=公明党をきびしく追及していた。
 そこで捜査はまず創価学会=公明党の関係者にターゲットをしぼって進められた。そういう中で犯人が浮かび、もう一歩で、名前を特定し逮捕するという段階までいたった。それ­が検察の圧力で中止になった...。

(2008年7月29日、JR八王子駅前)

笳・擲譚大アア螂ウ諤ァ蟶りュー諤ェ豁サ莠倶サカ縲?ac4c281f_convert_20120428011845

東村山女性市議怪死の担当検事は創価学会員
2011年10月16日日曜日
記事元:http://ijy65fd.blogspot.jp/

創価学会から猛烈な嫌がらせを受けていた東京都東村山市の〃反学会市議〃朝木明代さん(五○)=当時=が謎の転落死をとげて八ヵ月。早々と捜査終了宣言を出した警察に代って、遺族は地検の捜査に望みを託している。が、転落死事件の担当検事が、なんと当の創価学会信者だったことが判明したのである。
「えっ、検事が創極学会員。嘘でしょう?彼は転落死事件の究明にとても熱心に見えたし、てっきり私たちの味方だと思っていたのに・・」
と絶句するのは、故朝木市議と共に創価学会問題を追及していた矢野穂積市議だ。無理もない。矢野氏や遺族は事件以来、この検事を信用して、ずっと転落死事件や嫌がらせ行為に関する情報提供を続けていたのである。
 昨年九月一日、朝木市議が東村山駅前のピル六階から転落死した事件は、十二月に警視庁が「事件性なし」とする捜査報告書を東京地検に提出した。朝木氏と対立していた創価学会は、それ見たことかとばかりに聖教新聞などで大大的に書き立てたが、矢野氏や遺族はこれで事件が迷宮入りずるとは思わなかった。
「警察ば捜査を放り出しても、東京地検八王子支部の担当検事が、依然として関心を示していたんです。私は深夜に何者かから暴行を受けたり、創価学会員からトラックで轢かれそうになるなどの被書をうけ、この検事に訴えていました」(矢野市議)
 その地検検事とは、信田昌男氏(三九)。津地検や横浜地検、そして前橋地検勤務を経て東京地模八王子支部に異動してきた中堅検事だという。信田氏は、咋年来、一連の朝木事件を担当した後、この四月一日に甲府地検へと異動した。その信田氏が、よりによって創価学会員だったというのだ。
信田氏の親戚によれば、
「昌男は学会員の家庭に生れ、今も熱心な信者ですよ。父親は早くに亡くなりましたが、昌男は創価高校、創価大学に進みました・・・」
信田氏は、昭和五十六年に司法試験に合格した司法修習三十六期生。大学時代の関係者によると、
「当時の信田君は、学会活動より、司法試験に合格して池田先生の期待に応えたいという闘志を内に秘めたタイプだった」
という印象が残っている。

笳・擲譚大アア螂ウ諤ァ蟶りュー諤ェ豁サ莠倶サカshincho200711001_convert_20120428011936

◆東村山女性市議怪死事件shincho200711001 ◆拡大できます。

                  ◆◇◆

『創価学会とは何か』の著者のジャーナリスト山田直樹氏は、かつて次のように語っった。
 私は、週刊誌記者をしていた80年代の終わりから、公明党・創価学会問題を取材するようになり、創価学会員が社会の重要な分野にどれだけ進出しているのかを調べたことがあります。その時、同僚が創価学会員の検事にこう尋ねました。 「検事のあなたの前に学会員の被疑者が来たら、あなたは学会員としての立場を優先させるのか、公僕としての立場を優先させるのか」。検事は「その場になってみないと…」としどろもどろになりました。これを聞いて、「こんな集団に政権をとられては大変だ」と痛感したのが、私の創価学会取材のいわば出発点です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

矢野穂積 東村山市議会議員

 東村山といえば、志村けん。わずか人口14万のこの町が全国的に知られるようになったことに大きな貢献したこの芸能人が最近、再び渋い活躍をしているのは嬉しい話だ。というのも彼の実兄が市職員で、普段はにこりともしないのに私の同僚の朝木明代議員とは、にこにこと駅前地下駐輪場構想などを語っていたということがあるからだ。
 そして、この朝木明代議員こそ、次に東村山を全国的に有名にした人物である。断トツの連続トップ当選した現職市議が、1995年9月1日に西武線東村山駅前のビル上層階から何者かによって落とされて殺害されたのだ。しかも、高知で予定された「創価問題シンポジウム」に出かける前日夜の事件だった。現在のところ事件の真相究明は、数年を要してようやく公表された司法解剖鑑定書によって、朝木明代議員が何者かによって殺害されたことが判明したに留まっている。
 依然として、この殺害事件とは無関係を強調する創価学会が、未だになぜか「東村山デマ事件」と呼び、勝手に遺族や私を攻撃していることは指摘しておく必要があろう。この事件の経過等はここでの主題からそれるので、私と故朝木明代議員の長女直子さんの共著『東村山の闇』(「第三書館」刊)、そして本誌昨年1月15日号に「新事実が明らかになった東村山事件」という特集記事が組まれているので、これらを参照して頂きたい。


朝木明代市議万引き被疑事件・転落死事件 まとめWiki
記事元:http://www42.atwiki.jp/higashimurayama/

このWikiについて
 このWikiでは、下記の3つの事件について取り扱います。



①議席譲渡事件
http://www42.atwiki.jp/higashimurayama/pages/14.html

 1995年4月23日執行の東村山市議会議員選挙で4位当選した朝木直子氏が、当選を辞退することによって、次点であった同一会派の矢野穂積氏に議席を与えようとした事件。


②朝木明代市議万引き被疑事件
http://www42.atwiki.jp/higashimurayama/pages/12.html

 1995年6月19日に、東村山市議である故朝木明代氏が東村山駅近くの洋品店で万引きをしたとされる事件。警視庁東村山署は、捜査の結果、故朝木明代氏を被疑者としてこの万引き被疑事件を東京地検八王子支部の検察官に送致(書類送検)した。一方、矢野穂積氏及び朝木直子氏は、この万引き被疑事件は冤罪であり、警視庁東村山署による検察官送致は誤認送致であると主張している。


③朝木明代市議転落死事件
http://www42.atwiki.jp/higashimurayama/pages/16.html

 1995年9月1日夜、朝木明代氏が、東村山駅近くのビルから転落死した事件。警視庁東村山署及び東京地方検察庁は、それぞれ、「転落について他人が介在した状況はなく、犯罪性はない」「朝木の死亡には自殺の疑いが強く、他殺の確証は得られなかった」と判断した。一方、矢野穂積氏及び朝木直子氏は、この転落死事件が他殺であると主張しており、創価学会の関与を匂わせている。

 付随して、維新政党・新風副代表(当時)である瀬戸弘幸氏らが2008年7月から開始した、 朝木明代市議転落死事件の再捜査を求める運動 についても言及します。
http://www42.atwiki.jp/higashimurayama/pages/15.html

 一連の事件についてより深く理解するためには、当事者である矢野穂積氏及び朝木直子氏が運営する「東村山市民新聞」公式サイトも参照して頂くよう、お願いします。
 「東村山市民新聞」公式サイト: http://www.geocities.jp/higashimurayamasiminsinbun/


管理人からのメッセージ

  このWikiは、故朝木明代氏の万引き被疑事件・転落死事件に関する情報を集積することを目的とするものであり、故朝木明代氏が実際に万引きをしたのか否か、および、故朝木明代氏が自殺なのか他殺なのかを主張するためのものではありません。


 確かに、2009年7月3日の最高裁決定によって創価問題新聞事件の東京高裁判決が確定したことにより、矢野穂積氏及び朝木直子氏による「万引き被疑事件が冤罪である」「転落死事件が他殺である」という主張には根拠がないことが明らかになりました(少なくとも、司法は、そのように判断しています)。しかしながら、管理人は、それでもなお、万引き被疑事件・転落死事件に関する情報を集積することには、大きな意義があると考えています。すなわち、故朝木明代氏の万引き被疑事件・転落死事件は、「草の根市民クラブ」の矢野穂積氏・朝木直子氏について理解するための絶好の題材の一つです。本まとめWikiが、両事件について、ひいては「草の根市民クラブ」の矢野穂積氏・朝木直子氏について、正しく理解するための助けとなれば幸いです。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

億万長者のお金を生み出す26の行動原則

●本 億万長者のお金を生み出す26の行動原則


お金儲けに心のブレーキを感じるけど、
収入を増やしたいあなたへ・・・
この本は、あなたからお金に対する恐怖心・罪悪感・先入観を取り払ってくれるでしょう・・・

この本を読み終わる頃には、今よりも格段に行動力がアップして、今よりもずっと大きな“富"を引き寄せることができるようになっているでしょう

お金を引き寄せる26の行動原則

http://123direct.info/tracking/af/303007/Du5yBfaa/

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プロが教えるHow to コンテンツでお金を生み出す方法

●本 プロが教えるHow to コンテンツでお金を生み出す方法


知識をお金に変えるには?

世の中には自分の知識や経験をコンテンツ化して
たくさんのお金を荒稼ぎしている人がいます。

しかし、こうして知識をお金に変えて
お金を稼いでいる人はごくごく一部です。

なぜなら、稼いでいる人だけが
どんな知識がお金になって、
何がお金にならないかを知っているからです。

この本はそんな一部の人だけが知っている
お金になるコンテンツを作るためのリサーチの方法や
コンテンツの構成をどうするかなど、

初心者や素人でもコンテンツの作り方が分かる
まさにコンテンツ・ライティングを網羅した一冊です。

お金に変わる売れるコンテンツとは?

http://123direct.info/tracking/af/303007/JhioVQjv/








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。