スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢一郎は日本に何をしたのか?

◆小沢一郎 嫌われる伝説

小沢一郎の汚れた財布
2009-09-25 10:12:54
記事元:http://blog.goo.ne.jp/adlum99v3t/e/64a2ab74ec2e6d77a95ebeb19de415fa

・湾岸戦争と日本の拠出金

笳・ャャ荳?谺。貉セ蟯ク謌ヲ莠峨??C2E8A3B1BCA1CFD1B4DFC0EFC1E8_convert_20120425012106

湾岸戦争で日本政府は、イラクのクウェート侵攻から4週間後の8月29日になって、多国籍軍への10億ドルの資金の提供を決定しました。
しかし、アメリカ議会では日本側の回答が遅れたことと貢献がこれでは不十分だという批判が相次ぎ、9月12日、「在日米軍の駐留費を全額、日本が負担しない場合、米軍は日本からは段階的に撤退することを要求する。」という決議案を下院が提出します。
その要求(脅し)に対して日本政府はあわてて、2日後の9月14日、多国籍軍への拠出金を更に増やし、合計40億ドルを支援する決定をします。

翌年91年1月17日、多国籍軍は、イラクへの開戦を決行しました。
アメリカは日本に再び追加支援を要請し、91年1月24日には、日本は多国籍軍に対し90億ドルの拠出を決定します。

「砂漠の楯」「砂漠の嵐」作戦の米国防費の総額は約610億ドルと言われていますが、そのうち各国からの支援金は、合計で539億5200万ドル。
湾岸戦争の戦費の88、4%は各国からの支援で賄われているのです。
中でも、直接に多国籍軍に守られたサウジアラビアとクウェートを除けば、日本が支払った金額は第一位です。

90億ドルの支援を行う際、当時、幹事長だった小沢一郎氏は「米国から要求される前 に日本独自に方針を打ち出す必要がある。財政支援は最低で100億ドル。戦争がどうなるか、わからないし、頭金みたいなものだ。(91年1月21日)」と言い放ったそうで す。

これら、日本からの湾岸戦争への拠出金は赤字国債や酒税、タバコ税、消費税、石油税などの増税という形で、その多くが消費者が必要とする物価から、賄われています。

さらに90億ドルの支援金を集めている間に円安が進行し、アメリカ側から、90億ドル を(支払いの時点の)円建てで支払うようにという追加要請があり、のちに5億ドル が、追加支援金として日本政府から支払われています。
こうして、総計135億ドルを日本政府は湾岸戦争の為に支払いました。

日本政府から多国籍軍への支援額は日本と湾岸協力会議(GCC)とで設立した『湾岸平和基金』という財団を通じて湾岸地域の平和復興の名目で支払われました。
が、実 際 は湾岸地域の復興資金として活用されたのではなく、アメリカ政府にそのほとんどが渡っていきます。


※ところで、アメリカ政府の報告書では日本からの戦費は100億ドルとなっています。あとの35億ドルはどこへいったのでしょうか。

・使ったお金より多く集めてふところへ
http://www2.big.or.jp/~yabuki/doc01-8/ka011015.htm

 日本、ドイツ、サウジアラビア、クウェートから集めたカネを合計すると、アメリカが実際に消費した金額を5割上回った。当時、ドイツのゲンシャー外相はこれを発見し、まだ戦争も終わらぬうちにワシントンに乗り込み、ホワイトハウスと国務省に対して数字の説明を求めて、追加支払いを拒否した経緯がある由だ。これはアメリカの主要紙すべてが伝えたが、「日本の新聞は全く触れなかった」。逆に、「カネだけで血を流さない日本に、議会をはじめとしたアメリカの不満、さらには怒りが増大する」といった報道ぶりであったことは、周知の通りだ。

以上:http://www.geocities.com/ceasefire_anet/misc/tax_1.htm#4


・消えた湾岸戦争拠出金・・小沢一郎の弱点
2007-11-17 00:53:07

11月24日号週刊現代にやっと湾岸戦争の使途不明金記事が出ました。「小沢一郎と消えた湾岸戦費1兆円」という見出しです。
1991年の湾岸戦争の時でしたが、私が知ったのは1992~1993年だったと記憶しています。私ですら知っていたくらいですから、知っていたジャーナリストも大勢いた筈ですが、一度も記事にされず、今回初めて大々的に表に出された筈です。
アメリカが善玉、イラクが悪玉になりきり演出された「湾岸戦争」において、多国籍軍とやらの支援に使われた額は135億ドルでした。当時のレートで約1兆6千億円です。
ほとんどを「増税」と「赤字国債」という形で、私たち国民に負担を強いられました。日本の国家予算が表向き60兆円、20兆円の不足分を赤字国債でまかない、特別会計というアメリカへの貢ぎ金30兆円を赤字国債その他で捻出している中での1兆6千億円です。
私は当時、135億ドルのうちいくらが小沢幹事長の懐に入ったのかまでは知りませんでしたが、週間現代によると実際に多国籍軍支援に使われたのは20億ドルで、115億ドルはアメリカに渡り、今もって使途不明とのことです。
アメリカ政府に戦費の分担金として支払われたのは115億ドルの筈が、100億ドル分しか外務省に受領証がないそうです。
15億ドル(約1800億円)の行方が不明になっています。日米政府間で信託ファンドを作り、日米共同で開発する兵器の開発費に投資されたとの記事があります。

そのまま記載しますと・・
「アメリカの投資ファンドを経由して投資された資金は、年率20%以上で運用され、運用金が与党の国防族に還元された。その裏金でラスベガスのカジノの共同オーナーになった国防族議員もいる」とあります。
郵政民営化や道路公団民営化の例をとってみても、アメリカへ貢いだ金の10%が功労者の懐に入ることから、15億ドルの10%である約180億円が小沢幹事長の懐に入ったのではないかと想像します。

http://blog.goo.ne.jp/i_notice/e/c5ce43b61f05cbc05ed94fd4060fb20e

                    ◇

笳・ケセ蟯ク謌ヲ莠・-+闊ェ遨コ霆阪??gulfwar_convert_20120425012154

湾岸戦争で日本がアメリカ合衆国に出資した金135億ドル。

それを仕切ったのが当時自民党幹事長であった現「民主党幹事長 小沢一郎」。

で、諸説があるのだがそのうち15億ドルから35億ドルの行方不明金があって、そこから日本の有名政治家(むろん小沢一郎である)にキックバックがあったとされる。
(一説にはそのキックバック窓口こそ、1990年に唐突に設立され小沢が代表を勤める「ジョン万次郎財団」なのだという説がある。)

キックバックが1割ないし2割として、最大で35億ドルの2割とすれば7億ドル。最小で15億ドルの1割で1億5千万ドル。

そりゃ、小沢が大政党を差配できるぐらい金をいっぱいもっているはずである。
日本人の税金をアメリカに供与してキックバックでのうのうと私服を肥やす。
さすが豪腕だ。
やることがいちいち汚い!
(やはり人間の品性は顔に出る。あの手の吐き気を催すような卑しい顔つきのやつで立派な性根のやつはいない!)

こういう売国奴が民主党を支配して、この国を外国に売り飛ばそうとしている。
だからこそ国民は小沢一郎という人間を決して許してはならない!

きゃつを排除することこそが、外国の利権に絡めとられている日本の国政を正常化するためにもっとも必要なことなのである。
そのために民主党政権を一刻も早く打倒する必要がある。


日本を牛耳ろうとする小沢一郎と池田大作は手を結ぶ

 小沢氏にしろ民主党にしろ基本的にはアメリカ従属の姿勢はかわらない。民主党は国連決議云々をいうが、その政策は自公以上に自衛隊を直接アフガニスタンの戦場に投入しようとする案である。新テロ特措法に反対をしてみせたのはパフォーマンスにすぎない。

 だが、パフォーマンスにしろもっと粘るはずだった。それが急転したのにはなにかわけがありそうである。あれこれ言っても納得できない、そんな時、こんなものを読んだ。

 ブッシュ(父)がパナマのノリエガ将軍を捕らえてアメリカで裁判し懲役40年の刑に処した事件があった。20年も前のことである。このときノリエガ将軍が意外なことを白状したという。以下その部分。

笳・ア?逕ー螟ァ菴懊→繝弱Μ繧ィ繧ャ蟆・サ阪??1_convert_20120425012220

 「ノリエガ将軍が吐かされたものの中に、池田大作が創価学会の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取り引きの資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田氏が小沢氏へ相当な額を常時渡していたという。このことは私もブッシュ氏の側近に確認した。ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちり手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていたという。もちろん、アマコスト前駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。」 (霍見芳浩『ジャやパンズ・ヌネサンス』講談社 2000年)

 アメリカが日本政府にアフガニスタン参戦について強力な圧力をかけていただけに、わかりやすい。著者はこのことをCIA筋にも確認したということだが、池田氏にしろ小沢氏にしろ、アメリカ側に膨大なファイルがあってあたりまえだろう。ごうをにやしたアメリカ側が一押ししたと考えられないこともない。

 それにしても、民主党はいつもそうだ。議場でもみ合いをしてみせたり、欠席してみせたり、それを戦術だというが、ほんとうは、審議を避けて自公を助けているとしか思えない。どんな「戦術」をとるにしても最後にはするっと姿を消し、法案は通ってしまう。

ほとんど差のない「二大政党」の弊害である。

創価学会会員は広宣流布のために、また会館を建てる資金と思い込んで、綺麗なお金が汚いお金の使い道に変わっていったのでしょう。仏に仕える身でありながら悪業に手を染めるのは、仏道修行と相反する行いに、会員の皆は気づかなければならない。
お金が有り余ると、人間誰しも悪の道に染まっていくのだろうか?

創価学会の創設そのものに問題だあるように思う。
それが顕著に現れたのが、戸田二代目会長の後を継いだ、池田三代目会長だろう。
創価学会の歴史をつぶさにみると何となくうなずける。

創価学会・・・ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A


【参考】6 社会問題にまで発展した問題
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A#.E7.A4.BE.E4.BC.9A.E5.95.8F.E9.A1.8C.E3.81.AB.E3.81.BE.E3.81.A7.E7.99.BA.E5.B1.95.E3.81.97.E3.81.9F.E5.95.8F.E9.A1.8C


【参考】総体革命(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8F%E4%BD%93%E9%9D%A9%E5%91%BD


【参考】6.2.1 大阪事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A

火のないところに、煙は立たない・・・・
昔の人はいい言葉を残している。これが創価学会の光と影だろう。
しかし、噂の部分は真実に限りなく近いのではないだろうか?
真相に踏み込めないのは、創価の法曹会への進出が上げられる。
大きな要因は、「総体革命」による囲い込みで破壊防止法を阻止することにあると考えられる。
それを恐れていることは、自ら創価学会は日本国家の破壊活動をしていると言える。

真っ当な宗教集団に、これほど事件疑惑をはらんだものはない。
恐らくオウム事件は、この団体との接点があったと見られる。

これから国際金融資本家(邪教タルムードを信仰する者達)に利用しつくされている邪宗教と犯罪の創価学会の姿が浮き彫りになってくるだろう。

明日は、創価学会の裏のビジネス・・・


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

NO!ビジネス心理戦に絶対負けない「超」交渉術
●本 NOの使い方 bno
もしあなたが今、

アメリカの国防総省やIBM、メリルリンチなどを指導するスーパーネゴシエーターのジム・キャンプが書いた交渉の教科書。

ジムによると、交渉を成功に導くには
「NO」という一言が大事だと言っています。

「NO」を正しく用いることで交渉相手は
自分から勝手に譲歩するようになります。

交渉相手から譲歩を引き出す
正しい「NO!」の使い方とは?

http://123direct.info/tracking/af/303007/gpmdTSAj/


もしあなたが今、

・社運を懸けた商談をどうやって進めていいか分からない。
・就職や入学の面接で何をアピールすればいいか分からない。
・上司からいつも給料に見合わない理不尽な仕事を割り当てられる。
・相手から不利な条件を提示されていてなかなかNO!と言えない。

といった状況にあるなら、きっとこの新刊本NO!ビジネス心理戦で絶対に負けない「超」交渉術が役に立つでしょう。

http://123direct.info/tracking/af/303007/gpmdTSAj/

なぜなら、この本はこういった交渉を自分に有利に導く”秘訣”が書かれているからです。

実は世の中のほとんどの人はこういった交渉の結果、
自分にとって不利な契約を結んでしまっています。

なぜなら、それは良く考えてみれば当たり前なのですが、
普通の人は交渉の方法を学んだことなどありません。

ですので、海千山千の交渉の達人を相手に
交渉を有利に進めることなどできるわけがないからです。

そして、たくさんの手痛い失敗を通じてようやく
自分の身を守る術を身につけるているのが現状です。

アメリカの国防総省やIBM、メリルリンチなどを
指導するスーパーネゴシエーターの
ジム・キャンプによると

交渉を有利に進めるには
NO!という言葉を上手に使いこなせば
交渉で望むままの結果を導けると言います。

「NO」を正しく用いることで交渉相手は
自分から勝手に譲歩するようになるからです。

では、どうすればNOを使いこなせるのでしょうか?


それは、、、

http://123direct.info/tracking/af/303007/gpmdTSAj/



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。