スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団脱走!

朝早くの、宇治錬成道場の周りの庭の掃除はとても気持ちがいい。
空気も澄んでいるし、背筋を伸ばして肺いっぱいに空気を吸いこむと身体全体にしみ渡るようだ!
実に空気がおいしく感じられる。実に清々しい気分だ!

掃除が終わって皆が集まったのだが、H課長は、皆の前でぶつぶつとぼやいている。
「何で、俺だけがトイレ掃除なんだ・・・」と余程トイレ掃除をさせられたことに腹を立てているらしい。

H課長といえば、自ら体を動かして汗を流すタイプではない。
嫌な仕事は部下に押し付け、言葉巧みに世渡りをするタイプのようだ。
勿論トイレ掃除はおろか、年末の大掃除なんかは、ただ見てるだけであったり、
その時間に限って透明人間に変身する!
終わった頃に姿を現す。・・・・こんな上司は、あなたの職場にもいると思う。

残念ながら、力仕事や汚れ仕事をしているのを見た記憶はない。
大卒だからプライドだけは高かったのでしょう。
言わば、トイレ掃除は掃除のおばさんか女子事務員がやるものと思っていたらしい。

H課長は、朝のトイレ掃除をさせられたことで、プライドが傷ついて内部葛藤していたに違いない。
こんな人だから、嫌な想いが増幅して、座禅なんかは、苦痛以外の何者でもないと思う。
もう耐えられずに、一刻も早くこの場から逃げ出したかったのだろう。

掃除のあとに朝食をいただいて、講話と座禅が昼まで続く。
2日目の昼からの部が始まった。
講話のあと休憩時間があり、最後の座禅に入る前のこと・・・・

M社の皆が集まって何やら相談している。
H課長が皆に「俺は帰る!」「皆んなも帰ろう!」と声をかけ身支度を始めた。
それに習って皆も帰る身支度を始めたのです。

この錬成道場に参加する前から「座禅なんか?」「命令だから、しかたがないか?」
「こう言うの好きじゃ~ない」といった、イヤイヤ参加組もいたので、「そうだそうだ、帰ろう・・・」
と言う方向に意見がまとまったのです。

私たち若手セールス3人(K君、H君)は、「あと1時間ほどだから辛抱しましょう。」
「最後までやり抜きましょう。」と反対し続けたのですが、
その他大勢の気持ちは、H課長の意見に傾いていったのです。
私たち3人だけが残るわけにいかず、私達も行動を共にせざるを得なかったのです。

そこでM社だけが、研修を途中放棄することになり、
前代未聞の「集団脱走」となったわけです。
実に恥ずかしい行為だ!十数年経った今も心の傷として残っている。

そして反対した私たちも、後ろ髪を惹かれながら、逃げるように錬成道場を後にしたのでした。

このことは直ぐに、M社社長に連絡が入ったのでしょう。
あくる日の月曜日の朝。朝礼でY社長は、参加した私達の目の前で、烈火のごとく怒られた。
この錬成道場始まって以来の不祥事だったそうだ。

社長が怒られるのは無理もない。私たちは会社を代表して参加しているのだ!
そして立派な人間をつくるための意義ある教育なのだから。当然研修費用は会社が出している。

それよりも、M社の社長は、生長の家でも有名な実践者の1人でもあり、
M社の評判は勿論Y社長の信用を著しく傷つけたのだから・・・

私も、他の会社から参加されていた、高校の柔道部の先輩に対して、恥ずかしい想いでした。

この研修は一体何だったのだろう?
部下を道ずれにするような自己中のリーダーは要らない!

つづく

追伸
この事件は、社訓のできる以前の出来事です。
これがきっかけとなって社訓・愛社精神の必要性を感じられたのかも知れません。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。