スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その時歴史は動いた・・・?

その時歴史が動いた 20090309222433

昨年NHK、BS放送で「その時歴史が動いた」が放送された。
その時歴史が動いた  『創価学会 名誉会長 池田大作』
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=VCg8ku_5O4c


創価学会池田大作の恐るべき権力
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=_lt2aBP12z8

池田大作と言う人物は、善人なのか悪人なのか?

戸田二代目会長没後、創価学会の組織を引き継いだ途端に池田は、我欲そのまま「池田王国建設」と「日本支配計画」を実行に移した。それは修羅への道を選んだのだ。
その原動力になったと思えるのは、日本人に対する怨み憎しみの心と祖国愛からであろう。
それは宗教者とは思えないほどの悪鬼に満ちた執着心の強い持ち主のようである。
そのことが下記に記されている。

世界平和へ 池田名誉会長の写真紀行
第13回 ソウルの迎賓館

                  ◇◆◇

愛の国、美の国、文の国、その平和な人々が、
「何十世代の後までも忘れぬ」と、怒りを骨に刻んだ相手が、
日本の残虐な国家主義であった。
行く先々での略奪、暴行。殺戮(さつりく)、
「禽獣(きんじゅう)にも劣る」
文化なき「悪鬼(あっき)」と呼ばれた。

その夜更け、迎賓館の青き屋根屋根を、
銀色の半月が照らしていた。
この美しい国を踏みにじった日本の傲慢への憤怒(ふんぬ)が、
また、胸を突き上げてきた。

私は、父から「日本のやりかたはひどい。日本はもっともっと韓国を大切にしなければいけない」
と聞かされて育ちました。


(1998年11月4日 聖教新聞 韓日友好を誓い「創価同窓の集い」

                  ◇◆◇

やはり池田氏は朝鮮人だった。その思いを祖国韓国の地で思いをめぐらした詩であろう。
これで池田氏自身が日本人を心の底から恨んでいることが読み取れる。この怨みが根底にありながら、人の道を説く宗教家であるというからぞっとする・・・信じられない!

そのソウルでの想いを、日本人の会員に対しても公表している。会員は何も感じないのだろうか? 池田のマインドコントロールにはまっているのだろうか。反日の宗教団体、朝鮮宗教と言わざるを得ない。

池田氏自身は戦後朝鮮人が日本国内で悪の限りを尽くしたことなど知らぬ筈がない。また朝鮮半島では、これまで友好的だった朝鮮人達が敗戦と同時に手の平を返したように裏切った。恩を仇で返した朝鮮人の残虐さを「禽獣(きんじゅう)にも劣る」文化なき「悪鬼(あっき)」・・・と逆に日本人が恨んで然るべきである。

池田は、日本の兵隊さんが、行く先々での略奪、暴行。殺戮(さつりく)、「禽獣(きんじゅう)にも劣る」文化なき「悪鬼(あっき)」と呼ばれた・・・と嘘八百の言葉を並べている。
これら、皆んな朝鮮人の諸行である。朝鮮人の民度の低さの歴史に刻まれている。それが証拠にベトナム戦争に参加した韓国軍の諸行が池田氏の言う、正に文化なき悪鬼そのものであった。
日本人憎しと言えども、嘘は付いてもらいたくない。


日本軍が大韓民国に侵略したわけでもない。戦争したわけではない、大韓民国の軍隊は日本軍と共に中国共産党や国民党と戦ったのであるから、池田氏の言う 「行く先々での略奪、暴行。殺戮(さつりく)を日本軍が朝鮮でやる必要が有ったのか、それが事実なら何故日本軍と一緒に、中国共産党、国民党、朝鮮共産党を相手に戦ったのか?
韓国、朝鮮人の侵略戦争だの植民地だのと、いい加減な言いがかりをつける、・・・・まあ、民族が変われば見方も変わるだろうが、韓国朝鮮人の方々は、韓国併合の実態を知れば、朝鮮の近代史が解けるだろう。
池田氏の嘘であることがわかる。如何に日本人を馬鹿にし貶める詩であるか分かる。

宗教団体の最高責任者の言葉である。
宗教とは何なのか?創価のトップがこの有様!
それを信じた日本人の会員(信者)は実に可哀想だ!
そうでしょう。池田氏が心の底から憎む相手が創価の会員である。
そのことから分かるように、大阪では当初から韓国、朝鮮人の会員が多いい。在日の人達は、朝鮮宗教であることを知っていたのだろうか?

何故、こんな宗教が持て囃されるのか理解に苦しむ。始めから、日本人を騙して我が恨みを晴らす「在日一念」の為に権力を拡大して池田王国を建設し、日本の権力と手を結び、マスコミまでも牛耳るといった日本支配を企んだ。
朝鮮人特有の「憎しみや恨みは百年も千年忘れない」という。

しかしながら、この恨みは逆恨みであろう。日本が恨まれる筋合いなどない。
一部で恨みを買う行為があっただろうが、日本は朝鮮を守るため、自主独立をさせるために、日清戦争で中国から朝鮮を守ったのだ。その後ロシアの支那への侵略で日露戦争に発展して勝利した。これは朝鮮と日本を守る為の戦争だったことを忘れてはいけない。
日本を恨むのは筋違いというもの。中国やロシア共産主義に加担した、朝鮮人の工作員による捏造なのだろう。
朝鮮人は特に裏切り行為が当たり前、親切にされても、恩を仇で返すことは有名である。


創価学会が外国人参政権で日本占領する(公明党)
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=TeD8T2_z-7Q&feature=fvwp



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。