スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ橋しゃん・・・皆んなのためや!

大阪市、現業職員の給料削減へ!12年度から民間並みに・・・

2011.12.24 朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/1223/OSK201112230104.html?ref=goo

◆橋下徹大阪市長 2011.12.23

 大阪市の橋下徹市長は23日、交通局や環境局などの現業職員約1万2千人の給料を、来年度から民間水準に合わせて引き下げる方針を示した。すでに表明した市の総人件費の2割カット方針に沿ったもので「経過措置は考えるが、来年4月に実施しなければ納税者の理解は得られない」と意欲を見せた。労使交渉が難航した場合は、自ら協議に乗り出す考えも示した。

 橋下氏は23日、市幹部を集めた戦略会議で、改革方針の検討結果を各部局から聴取。新たな指示を出した。交通局長らとの協議では、市営地下鉄・バスの運転士ら現業職員の給料水準について「来年4月に民間水準に合わせる。先延ばしの理由は何もない」と指示。激変緩和のため、段階的に給料を下げる経過措置についても「長い期間は考えていない」とした。

 交通局によると、地下鉄の運転士など鉄道部門の職員の平均年収は734万円で、関西の私鉄5社の平均664万円を上回る。バス運転手も平均739万円で、民間バス5社の544万円より3割以上多い。


大阪市職員、給与7~8%カットへ 府と同水準に
2011.12.24 朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/1223/OSK201112220204.html?ref=reca

 大阪市が来年度から職員給料を7~8%程度、退職手当を5%程度カットする人件費削減方針の原案が判明した。大阪府市を再編して都制度へ移行することを前提に、双方の給料水準をそろえる狙いがある。原案は、橋下徹市長が来年度から総人件費の2割程度の削減を指示したことを受けたもので、市最高幹部による「戦略会議」で提示される見通し。

 橋下市長は今月中旬、報道陣に対して「大阪府庁レベル(の削減)は最低限やる」と発言。大阪府知事時代には府一般職員の給料を3~14%削減し、府では現在も平均6.5%の減額が続いている。退職手当も都道府県で初めて5%カットに踏み切った。大阪市は府よりも給料水準が高いため、府並みの水準にそろえるために7~8%程度の削減を見込んだ。

 市幹部は「いずれ府と統合するために(給料水準も)すりあわせておく必要がある」と指摘。今年度分は組合との交渉や条例改正が終わっているとしたうえで、「来年度から給料は減額し、退職金も削減はせざるをえないだろう」との見方を示した。

 橋下市長のほか市幹部が加わる市の戦略会議は23、24の両日に開かれ、人件費の見直しなど市政改革の課題が協議される。

                  ◇◆◇


素晴らしい歌声「君が代」 独唱
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=xJJSjQzhZR4

橋下知事「まず黙りなさい!僕は絶対任せてられない。 大阪の現状見て・・・」
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=MCCPA3NW_qk&NR=1

もはや「日の丸」「君が代」は、勝利や平和や日本の良いイメージのシンボルとして認知されている。
この日教組の先生方が「日の丸」「君が代」を無理矢理戦争に結び付けようとする背景に、今だに生きるメッキが剥げた共産思想で、日本人の団結心を阻止するためなのでしょう。
これら、「日の丸」「君が代」を拒否する教師がいる限り、
日本人として断然腹立たしく思うのです。


菅直人前首相 国旗・国歌に対する考え方
http://www.youtube.com/watch?v=cLcd83coo0Y&feature=related

これを見れば民主党政権に国を愛し、国を敬う気持ちなどさらさらないことが分かる。
「日の丸」国旗にたいして敬意のかけらもないものが、国を守ることなど出来っこない。やっぱり日本人じゃなかったんだ・・・


反、君が代教師「君が代を弾くと、指が震え、胸がつまり、冷汗出る!」
2012年01月06日07時00分 提供:NEWSポストセブン
http://news.livedoor.com/article/detail/6170151/

橋下徹・大阪に市長が推進する教育改革に対し、教員組合側は激しく反発している。昨年12月上旬には、大阪職員組合(大教組)など8団体が主催した1400人を集めた反対集会が開かれた。

集会に参加した教師たちは、普段は子供たちに教育を施す「先生」である。そして、子供たちには暴力的な行為を否定することを教えている。だが、そうした“聖職者”が我慢の限界を超えると、時として自身が“暴力装置”に変貌することがある。その“導火線”となってきたのが「君が代」問題だ。

2008年に橋下氏が府知事に就任して以降、大阪では教職員への国歌斉唱時の不起立に対する戒告処分が続いてきた。2010年3月に府立高の卒業式で起立しなかった4人の教員が戒告処分を受け、昨年6月には府議会で「君が代起立条例」が成立し、府立校で君が代斉唱の際の起立が義務化された。現役の府立校教諭で、「『日の丸・君が代』強制反対ホットライン大阪」事務局の井前弘幸氏が語る。

「個人の思想・良心から国歌斉唱の際に不起立をする者の多くは、組合活動を熱心に行なってきた50代の教員です。今後も自身の信条に従って起立せず、条例に背いて処分を受け入れる可能性が高いでしょう。

橋下市長の狙いは、こうした教員を学校から追い出して若い教員の後ろ盾を奪ってから、評価システムで管理・支配をしていくことにある。そのために君が代を踏み絵にしたのでしょう」

それが教組の中核教員に絶大な影響を与えることは、過去の事例からわかる。東京の都立高校元教諭で「不起立のジャンヌ・ダルク」の異名を持つ女性教師は、自身のHPでこう心情を述べている。

「(式典で君が代を聞くと)心臓がバクバクし、中国大陸に侵攻した日本軍の若い兵隊が中国人捕虜を銃剣で突くように命じられた姿が浮かんだ。私は“お前は突くのか”といわれているようだった」

こうした「反君が代」教員の相談に乗ってきた精神科医の野田正彰・関西学院大学教授の調査では、こんな事例が報告されている。

「音楽準備室に入り込んでくるカメムシが教育委員会の人間に見えて、見張りにきたと感じた」
「クビを吊っているイメージが浮かぶ」
「『君が代』を弾こうとすると指が震え、胸がつまり、冷や汗が出てくる」

極端なものになると、「ピアノ伴奏を強要され続けた音楽教師がストレスによる出血で緊急入院し、診断を受けたところ胃の動脈8か所から出血していた」という。このエピソードは昨年のW選挙期間中に『赤旗』による橋下批判記事で取り上げられ、教師たちの間で反響を呼んだ。

※週刊ポスト2012年1月13・20日号

【君が代】国歌斉唱起立命令は合憲[桜H23/5/31]
http://www.youtube.com/watch?v=rMepLJgiplw&feature=autoplay&list=PLAE35DFEF3E332CFC&lf=results_video&playnext=2

君が代不起立女教師 校内で日の丸君が代反対トレーナー着用
週刊ポスト2011年6月17日号
http://www.news-postseven.com/archives/20110609_22486.html

 東京都の教育委員会は2003年、国歌斉唱を義務づける通達を出している。以来、都教委と、入学式・卒業式の国歌斉唱で起立しない「不起立教員」は、飽くなき戦いを繰り広げてきた。文部科学省によると、この10年間で国旗・国歌に関する職務命令違反で懲戒処分を受けた全国の教職員693人のうち、実に431人が東京都という突出ぶりだ。

 彼ら不起立教員の理論的支柱であり、「不起立界のジャンヌ・ダルク」との異名を持つ人物が、N教諭である。彼らの活動をウォッチするフリーライター山田祐氏が解説する。

「彼女はふだんから学校で『OBJECTION HINOMARU KIMIGAYO』(日の丸・君が代反対)と書かれたトレーナーを着用するなどして、度重なる君が代不起立で都教委から減給や停職といった処分を受けていました。私が見学に行った2008年の卒業式では、今回も不起立ならついに免職処分か、といわれていました。

 当日は、小中学部合わせて25名の卒業生しかいない養護学校に、数十人もの支援者が詰めかけ、『君が代不起立』『日の丸・君が代強制反対』といった物々しい横断幕やゼッケンが掲げられていました。一般生徒や保護者は戸惑った様子でしたが、彼女は拍手と歓声で支援者に迎えられ、式では不起立を貫いたのです」

 そして処分が決まる当日、N教諭は学校の窓から叫んだ。

「みんな聞いてー!(都教委は私を)クビにさせることはできなかった!」

 門の前の支援者らは涙を流し、「勝ったぞー!」と歓喜の雄叫びを上げたのだった。結局、彼女はその後も免職されることなく、停職中も「停職出勤」と称し学校に通っては校門前で「君が代不起立」のプラカードを掲げる日々を送り、今年定年退職を迎えた。

 退職にあたり、彼女は不起立教員の会報に「闘争」の歴史を綴っている。そこでは、かつて免職を恐れ、国歌斉唱の途中まで起立することにしてしまったときの経験をこう振り返った。

〈「国歌斉唱」と司会が発声するや、心臓はバクバク。生徒たちのかなりが私を凝視しています。やがて私の脳裏には、日本軍が侵略した中国で銃剣を持たされ、中国人の捕虜を「突け」と命令された初年兵の姿が出てきました。

 私は、「お前は突くのか」と問われているよう。「ここまで起つ」と伝えていた歌詞まで来て着席し、「突かなくてよかった。首にされたとしても、もう、金輪際こんなことはやめよう」と思いました。

                  ◇◆◇

こう言った赤化された日教組の教師達の振る舞いを見るたびに、こちらの方が吐き気を催す。

今だに「日の丸」「君が代」を戦争と結びつけたい人達がいる。戦後70年にもなろうかとしているのに、まだ悪の温床とした偏った考えの下、見る人、聞く人達に誤解を招く表現で呼びかける。共産主義者に洗脳された教育者が学校で、社会で活動を繰り広げている。それが嘘であっても問題ではない。こちらの意のままに洗脳すればいいことだから、それが共産主義思想家達の常套手段である。ひとりひとりの教師の洗脳を解くよりも、そんな教師は直ぐに辞めてもらうことである。

国歌「君が代」
http://www.youtube.com/watch?v=8iuYxdXFPbc&feature=related


フジテレビが放映カットした優勝セレモニー 日の丸掲揚と君が代
http://www.youtube.com/watch?v=0SLqZP4v6SE&feature=related


ドイツ代表/ユーロ予選 スタンドに日の丸&日本の被災者にメッセージ
http://www.youtube.com/watch?v=_nuWMi_hM6g&feature=related




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。