スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生長の家、宇治錬成道場で・・・何が!

東北関東大震災から約2週間になります。その間色々な情報が入ってきて、この震災の起こったきっかけにまで及んでいます。その核心の情報にも耳を貸そうとしない人たちが大半ではないかと思いますが、ユ●ヤの歴史を学べばおのずと分かってくるものと思います。
世界各地で起きている自然現象(地震、津波、ハリケーン、豪雨、干ばつ)も人工的に可能であるとなると、今回の地震も一概に仮説だと言いきれないかも知れません。


そろそろ自粛ムードから、通常に戻らせていただきます。
上司に対する不信感!(3/13)のつづき・・・

前項の書き出しに戻りますが、M社のY社長は、生長の家の信奉者でもあった関係から、M社では、宇治の錬成道場の体験学習が行われた。多分、始めての研修だったと記憶している。
正式には後年、社内研修として、生長の家、宇治錬成会として発足。新入社員や幹部候補生の研修として行われるようになった。社史20年史によると、今回の錬成道場のことは記載されていない。そのわけは続きを読んでいただければ、納得できるでしょう。

宇治錬成道場で何があったのか・・・

今回は、営業部(商品課・販売課)全員が社員教育の一環として、宇治の錬成道場に行くことになり、
土日にかけて行われた。
その日、昼食を済ませた昼過ぎから一行は、H課長に先導されて宇治の錬成道場に向かったのだが・・・

宇治に着いてからのこと、
H課長は前にも体験したことがあるらしく、錬成道場の食事は、粗食で夜はお腹が空く。
今のうちに美味しいものを食べて行こうと言われるのです。
皆は始めてなので、H課長の言われるままに全員で早めの夕食をすることになったのです。

錬成道場に着くと、大広間には既に多くの人達が集まっていた。
会社の幹部候補生の研修の場として利用されているのですが、既に10社以上の会社の人たち100名
そこそこが参集していたのです。

本当に偶然なのですが、同じ高校の柔道部で共に汗を流した荒木先輩に会うことができたのです。
その場で名刺交換をしましたが、ゆっくりお話することなく、研修が始まりました。

禅僧のお話と注意事項の後に座禅が始まったのです。
生まれて初めての座禅でした。目を半眼にして前方を見つめ約1時間・・・・・。

その後、食事の時間となり、でました精進料理!

先ほど、そこそこ満腹になるほど食べてきたせいで、全く食欲がない。
禅僧より、食事は残さないように!
出されたご飯は1粒残らず食べてください。と言われる。
通常であれば、お腹が空いていれば、精進料理もおいしく頂けるのに、
満腹で苦痛すら感じながらの夕食だった。
最後に器にお茶を注いで、器を洗うようにして飲み干す。

しかし、お腹が空くからと言われて食べたことが仇となる。
食事後は、禅僧の講話があって、最後は座禅で1日が終わる。

あくる朝は午前5時に起床!まずは掃除から始まる。
私たちは、錬成道場の周りの庭をほうきを持って掃き掃除。
しかし、役付のH課長はトイレ掃除。便器の中を素手で掃除するよう命じられて、困惑の状態だった。
数社の別の会社の人たちも同じです。

これが事件の発端となる。

つづく


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。