スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の慰安婦問題の国際化を阻止せよ!

破綻した融和路線 強硬姿勢に「配慮」通じず・・・
2011.12.19 01:57 (1/2ページ)産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111219/plc11121902030000-n1.htm

笳・律髻馴ヲ冶┻莨夊ォ㍉convert_20111220234641

 日韓首脳会談はさながら李明博大統領の「独演会」だった。野田佳彦首相は大統領を実利優先の「知日派」とみて友好姿勢を示してきたが、幻想だったと思い知らされたに違いない。慰安婦問題の解決を執拗に求める大統領に紋切り型の受け答えしかできない首相。民主党政権の対韓融和路線は破綻した。

「今日は一つ申し上げたい」
 大統領は会談冒頭、報道陣がいる時にあえて慰安婦問題の口火を切った。

 「誠意ある措置がなければ(元慰安婦の)おばあさんが亡くなるごとに第2、第3の像が建立される。このままではおばあさんの『恨(ハン)』は解かれない」

 大統領は朝鮮民族の長い歴史の中に蓄積されてきた痛恨、悲哀、怒りなどの感情を表す「恨」という言葉を持ち出し、眼光鋭く解決を迫った。大統領が首脳会談で慰安婦問題についてここまで具体的に言及したのは初めて。韓国の世論を背景に強硬姿勢に「豹変」した大統領に首相は押されっぱなしだった。

 賠償請求問題には「決着済みだ」とこれまでの立場を繰り返すだけ。在韓日本大使館前の「慰安婦の碑」については撤去要請はしたが「誠に残念だ」と実にあっさりしたものだった。

 首相が韓国側に配慮したのは慰安婦問題だけでなかった。竹島についても直接言及しなかった。竹島ではファッションショーやコンサートまで開催され「やりたい放題」の状況が続いているにもかかわらずだ。

 首相は首脳会談で取り上げないことに国内で批判が出るのをあらかじめ予想したのか「アリバイづくり」として、17日夕の玄葉光一郎外相と千英宇大統領外交安保首席秘書官との会談で、抗議させた。

 自ら抗議の事実を紹介した首相は「役割分担の中でやらさせていただいている」と語ったが、大統領に語ろうとしない姿は主権に対する感覚を疑わせる。

 慰安婦問題に多くの時間が割かれたあおりで、日本側が期待した日韓経済連携協定(EPA)交渉再開問題での進展はなかった。日韓の「共通の懸案」である中国漁船の不法操業問題、北朝鮮問題の議論も深められなかった。

 首相には配慮を示せば、信頼関係を築けると考えていたフシがある。就任後初の外遊先として韓国を選び、その際朝鮮半島由来の図書の一部を大統領に渡したのはその象徴だ。

 首相が劣勢に立たされたことは、日韓の情報発信の差となって如実に表れた。慰安婦問題に関する韓国側の記者説明は詳細だった。「約1時間のうち約40分を慰安婦問題に費やした」というのも韓国側の発表だ。対照的に日本側は「行きつ戻りつしているので何分ぐらいか申し上げづらい」と言葉を濁し、首相発言すら詳細には明かさなかった。

 会談後、首相は大統領を京都市内の竜安寺に招き、約15分間散策した。首脳間の信頼関係をアピールする計算だったのだろうが、この日の会談は日韓の未来志向が表面的なものにすぎないことを浮き彫りにした。(坂井広志)


もうありえない人道的支援 真実を伝える努力こそ
2011.12.18 22:09 (1/2ページ)[外交]産経ニュース

 野田佳彦首相は18日の日韓首脳会談で、韓国人元慰安婦をめぐる賠償請求問題について「決着済み」と指摘しつつも、「これからも人道的見地から知恵を絞っていこう」と述べた。だが、この問題が蒸し返され続ける背景には、韓国側の事実誤認・曲解に基づく根強い反日感情がある。日本側の無原則な譲歩や人道的支援はかえって事態を長引かせ、悪化させるばかりで、何ら解決にならない。
つづき・・・
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111218/plc11121822100011-n1.htm


国際化時代に前代未聞の行為 「反日の虚構」定着危惧 日本大使館前に「慰安婦の碑」
2011.12.14 20:44 (1/2ページ)[歴史問題・昭和史]

笳・た繧ヲ繝ォ縺ョ蝨ィ髻捺律譛ャ螟ァ菴ソ鬢ィ蜑阪↓險ュ鄂ョ縺輔l縺滓・螳牙ゥヲ縺ョ蜒柔convert_20111220234728

 【ソウル=黒田勝弘】ソウルの日本大使館前に建てられた反日団体による「慰安婦記念碑」は、国際的には前代未聞のことだろう。反米運動は世界各地にあるが、米国大使館前に反米記念碑が建てられたという話など聞いたことがない。

 反日では“超法規的”に何でもありの韓国だが、これは明らかに度を越している。今週末、李明博大統領の訪日が予定されているが、民間団体の行為とはいえ、これでは日本の対韓感情の悪化は避けられない。

 今回の“国家的侮辱”に対し日本大使館は、計画を思いとどまらせようと全力をあげた。「大使館前は困る」と場所変更を含め、さまざまな筋に訴え続けた。

 道路を管轄する地元の鍾路区は、最終的には「許可の権限外」として正式の許可は出さなかった。日本の訴えを受けた韓国政府の要請(?)があったためだ。“無許可建造物”にとどまったことは、日本側の外交努力の結果といっていい。

 韓国では2002年、米軍車両による女子中学生轢死(れきし)事件で反米運動が高調した際、反米団体が米大使館から離れた路上に記念碑を無許可で建てたことがある。しかし、鍾路区は半年後に撤去している。

 それにしても国際化時代のまっただ中で「貿易額1兆ドル突破」を国を挙げて祝い、韓流ブームを世界に誇る韓国で、外国公館に対するこんな品のない行為が許されるとは。

「日本大使館前の慰安婦記念碑」に外交当局者など韓国政府も、内部的には困惑している。しかし市民運動全盛時代で、慰安婦支援団体の“無理押し”を説得できない。日本がらみだけに、マスコミなど世論の政府批判を恐れるのだ。

 韓国政府が過剰に気遣いし、支援団体が「記念碑建立」を強行できた背景には慰安婦問題の“聖域化”がある。20年にわたる執拗(しつよう)な日本非難キャンペーンの結果、元慰安婦の老女たちは今や「独立運動功労者」のように英雄視され、亡くなると必ず経歴、写真付きで新聞に出る。

 日本統治時代の戦時中、貧困などさまざまな理由で慰安婦生活を余儀なくされた彼女たちが、外地の慰安所などで日本軍将兵を相手にしたため「日本帝国主義の被害者」として今や、日本糾弾の反日運動のシンボルになってしまったのだ。

 韓国では慰安婦問題をめぐって、すでにある種の「神話ないし虚構」ができあがっている。支援団体はそれを国際社会に拡大し日本非難を繰り返している。

 これに反論しその神話・虚構を崩すには、支援団体以上の熱意と執拗さが求められるが、日本には官民双方にそれがない。あらためて国家的レベルで調査や検証に取り組む覚悟が必要かもしれない。

                 ◇◆◇

【佐藤優の眼光紙背】
慰安婦問題の国際化を前提に外務省は至急戦略を構築せよ

2011年12月19日 09:55 眼光紙背

笳・2譛・4譌・縲√た繧ヲ繝ォ縺ョ譌・譛ャ螟ァ菴ソ鬢ィ蜑阪↓險ュ鄂ョ縺輔l縺溷セ楢サ肴・螳牙ゥヲ縺ョ驫・ワ_convert_20111220234808

12月17~18日、韓国の李明博大統領が訪日し、日韓首脳会談が行われた。率直に言って、会談は失敗した。日本の報道だけを読んでいると事態の深刻さがよくわからない。12月18日付の韓国の聯合ニュース(日本語版)の報道を引用しておく。

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

慰安婦問題 韓日首脳会談で初めて争点に
【京都聯合ニュース】18日に京都で行われた韓日首脳会談で、李明博(イ・ミョンバク) 大統領は野田佳彦首相に対し従軍慰安婦の補償問題を直接提起した。
 韓日首脳会談で韓国の大統領が公式的に日本の首相に慰安婦問題の解決を求めたのは初めて。李大統領は約1時間にわたる首脳会談で発言の大部分を慰安婦問題に割き、会談は終始、緊迫した空気に包まれた。青瓦台(大統領府)の朴正河(パク・ジョンハ)報道官は「李大統領は発言の約90%を慰安婦問題に集中した」と伝えた。
 李大統領は慰安婦問題が日本の国内法や実務レベルでは解決が難しいため、日本政府が「政治的決断」を下さなければならないと強調した。
 野田首相は、「人道主義的な見地から知恵を絞っていきたい」と述べた上で、ソウルの日本大使館前に設置された「慰安婦の碑」を撤去するよう要請した。これに対して李大統領は、日本が誠意ある対応に乗り出さなければ、同様の記念碑が続けて設置される可能性もあると断固とした姿勢を示した。
 野田首相は会談で韓日自由貿易協定(FTA)=日本側名称:日韓経済連携協定(EPA)=締結へ向けた協議再開や軍事協力、歴史共同研究などの問題を提起したが、李大統領は未来志向的な協力が進展するためには慰安婦問題が先決だと指摘した。
 青瓦台関係者は、「日本の具体的な変化がなければ、慰安婦問題が今後の韓日関係における障害となるだろう」と話した。

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

 慰安婦問題が日韓関係の「爆弾」になることは、外交専門家にとっては自明のことだった。それにもかかわらず玄葉光一郎外相は、事態を深刻視していなかった。玄葉外相は、「日韓は死活的利益を共有している」という発言を繰り返していた。韓国は日本の同盟国でない。日本が攻撃された場合、韓国は日本を防衛する義務を負わない。しかも韓国は、わが国の領土である竹島を不法占拠している。なぜこのような国家と「死活的利益を共有している」などという寝言を繰り返すことが玄葉外相には出来るのか。理解に苦しむ。筆者は、10月3日付「眼光紙背(第120回):韓国による慰安婦問題の国際化を阻止することが玄葉光一郎外相の焦眉の課題だ」で、玄葉外交に対する以下の強い懸念を表明した。

つづき・・・http://blogos.com/article/27250/

               ◇◆◇

民主党本部前街宣6
http://www.youtube.com/watch?v=cad4jnASZJg&feature=related


反天連の反日デモへ日本国民怒りの抗議活動【警視庁機動隊編】
http://www.youtube.com/watch?v=Yqg57WqfQis&feature=related


もう大阪市民も不満爆発!根崎警察にやっ当たり!
(2/5)曽根崎署は慰安婦テロ「水曜デモ」を取り締まれ!大阪駅[2010-03-03]
http://www.youtube.com/watch?v=XBJmOfMdavg&feature=related







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。