スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ韓国人は、日本を憎むのか?

真実の歴史に学ぼう!

日本は何故戦争しなければならなかったのか?


それは何故幕末維新が起こったのか?
そのままでは欧米列強の植民地になるからだった。

何故、日清戦争になったのか・・・
何故、日露戦争をしなければならなかったのか?
この、大東亜戦争(太平洋)はその延長上でしかないのです。
日本が植民地化されないために、自存自衛とを欧米諸国から東南アジア諸国を植民地から開放し大東亜協栄圏を建設することだった。しかし日本が敗戦後、日本は戦勝国(アメリカ、中国、ロシア)の都合のいいように、この戦争は日本の侵略戦争だったと歴史にとどめた。
しかしながら、日本を除く東南アジア全域は、欧米諸国の植民地だであったことは言うまでもない。それは欧米諸国の侵略による植民地支配としていたことについては一言も問題視されていない。
むしろ、日本の植民地支配から開放してやったのだと正当化した。
この戦争の結果、東南アジア諸国は植民地から開放され独立を果たすことができたのです。

日清戦争では、朝鮮を中国の侵略を阻止する為の戦争であり、
日露戦争の朝鮮半島や満洲を守るための戦争だった。
詳しくは、下記を参照ください。
本来、中国や韓国に対する侵略戦争であったとか、欧米のような植民地政策とは違い、同じ日本人と同等の統治政策だったことは当時の韓国人は知っているにもかかわらず、日本が敗戦するやいなや戦勝国の言いなりになって手のひらを返した。
だから、韓国人、朝鮮人は卑怯な民族だと言うことになった。
戦後、65年経っても、韓国の捏造され歪曲された歴史をもとに国策で新しく書き換えようとしている。


               ◆◇◆

日清戦争により日本が朝鮮を独立させた
http://www.youtube.com/watch?v=sbJuaYI_grk&feature=related

◆日清戦争 平壌の戦い ◆日清戦争

◆日清戦争(ウィキペディア フリー百科辞典より)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%B8%85%E6%88%A6%E4%BA%89

               ◆◇◆

日露戦争 〜前編〜 (高画質版)
http://www.youtube.com/watch?v=0aNiy8lV9jc&feature=related


露戦争 〜後編〜 (高画質版)

http://www.youtube.com/watch?v=OMnO_9NC5pc&feature=related

◆日露戦争 旅順水師営で降伏したステッセル将軍(中央右) ◆日露戦争の経過

◆日露戦争(ウィキペディア フリー百科辞典より)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9C%B2%E6%88%A6%E4%BA%89

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日露戦争 日本海海戦1.
http://www.youtube.com/watch?v=RFt60lGX-KI&feature=related


日露戦争 日本海海戦2.
http://www.youtube.com/watch?v=2IB85S123rs&feature=related


日露戦争 日本海海戦3.
http://www.youtube.com/watch?v=vl83cmid5d4&feature=related

               ◆◇◆

田母神俊雄氏が語る 
日韓併合100年 本当に韓国を貶めたのか

http://www.youtube.com/watch?v=WPbMsYMVfzc&feature=related


田母神俊雄氏が語る 
国民よ、間違った歴史認識を正せ 1/2

http://www.youtube.com/watch?v=xG6wao0VYzE&feature=related


田母神俊雄氏が語る 
国民よ、間違った歴史認識を正せ 2/2

http://www.youtube.com/watch?v=auFeOCO07mk&feature=related




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。