スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと・・・癒し

ブータン国王夫妻 和服姿で登場
11月20日 6時34分 NHKニュース

◆ブータン国王夫妻和服で歓迎行事に・・・のコピー

国賓として来日しているブータンのワンチュク国王夫妻は、19日、滞在先の京都での歓迎行事に和服姿で出席し、関係者を喜ばせました。

ワンチュク国王とジェツン王妃は、19日、金閣寺などを訪れたあと、午後6時すぎから京都迎賓館で京都府や経済団体が開いた歓迎行事に出席しました。予定の時間を少し過ぎて茶の湯のもてなしの場に姿を見せた国王は、黒の紋付きにはかま姿、王妃は鮮やかな桃色に花をあしらった振り袖姿で登場しました。国王夫妻の和服姿は関係者に知らされていない、いわゆる「サプライズ」だったということで、待ち受けていた人たちから驚きと歓迎の声が上がっていました。歓迎行事では京都府の山田啓二知事が
「日本の文化や国民のことを考えて下さる国王に感謝いたします」と述べワンチュク国王は、「京都で忘れられない1日を過ごすことができました。今後も両国の関係が進展していくことを期待しています」と答えていました。ワンチュク国王夫妻は、20日に日本を離れ、帰国の途に就くことになっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111120/k10014079082000.html

ブータン王妃 様と「仁科亜季子」は似てる?

◆ブータン王妃 ツン・ペマ  533e299b ◆仁科亜季子A


美しい風景
http://mamesoku.com/archives/3153140.html

◆美しい風景 30698ba8-s


自律神経を癒す・・・
自律神経にやさしい音楽―森の中で 8:53
http://www.youtube.com/watch?v=Mv-JdR6jmJc&feature=related


Tranquility - Time Solitaire. Music United with Nature. 42:39

http://www.youtube.com/watch?v=Mkh2qe6-t_4


心を癒す・・・水口清一の世界
人生の旅を楽しむ

◆道・・・平坦な道

人生は旅のようなものです。
身動きでない細い道もあれば、何でもできそうな太い道もあります。
 
安全な道もあれば危険な道もあります。
時々道に迷って出口が分からなくなるときもあるものです。
 
でも、道がある限り進まなくては成らない。 行き当たりばったりの旅もいいが、やはり道に迷わないために地図があった方がいいように思います。
 
目的地を決めて、地図さえあればなんとかなるものです。 
自分の体力や年齢や興味にあわせてコースを選んだらいいでしょう。 
どの道を選んでも、上り坂もあれば下り坂もあります。
時には「まさか」という坂にも出くわすでしょう。
 
いずれにしても楽しみながら旅をしないと途中で疲れてしまいます。
あるときは、お花畑でのんびりと寝転びながら雲を追い、あるときは、静寂な山中で温泉に浸る・・・
 
厳しい山道では、可憐な一輪の花に思いを寄せ、豪雨のときは、岩影にじっと身を沈め岩肌を這う虫と遊ぶ。
 
こうして、楽しみながら旅をしないと身も心も持ちません。
決してあせらずに、天候を予測しながら無理をせずに旅を続けることです。
 
寄り道をしていると日が暮れるかもしれません。
また夜道を歩いていると怪我をするかもしれませんね。
途中で食料がきれて飢え死にする危険性もあります。
 
だからあまり寄り道をしていると危険です。
自分の信じた道を歩き続けるしかありません。
どんなに苦しくても一歩一歩前に進むしかありません。
どうしても身体がいうことを効かなくなったときは、無理をせずに休めばいいだけです。
 
自分の前を多くの人が通り過ぎていくでしょう。そんなことを気にしなくても、人は人、自分は自分だとおもえばいい。
 
時には立ち止まる勇気も必要です。
体力を回復させ、エネルギーを蓄えなければ目的地にはたどり着けないのですから。
あるときは、道端で倒れている人に出会うかもしれません。
自分に体力があれば背負ってあげてもいい、だが体力の無いときに無理に背負ったら、二人とも野垂れ死にしてしまいます。
 
こういう状況に遭遇したとき人は迷う。
無視して立ち去るか、倒れた人を救うために思い切って目的地を変えようかと。
 
どちらの選択も割り切れないものがあります。
人は迷いの中で旅の本質を知ろうともがく。 しかし、もがいても明快な答えは出てきません。

どんなに苦しくても辛くても自分の足で歩かねば成らないことだけは確かです。
誰かが代わりに歩いてくれるわけではありません。
ある意味では、旅は孤独なものです。
だからこそ、同じ目的地を目指す、友人や仲間をつくり、楽しみながら旅をしなければ、とても目的地にはたどり着くことはできません。
 
多くの人と共に歩めば、道端で倒れている人も、みんなの力で助けてあげることもできるでしょう。 
人生の旅には、苦楽を共にする仲間が必要です。
そんな仲間はできる限り若いうちにつくっておくのがいいでしょう。
 
年老いてからは、なかなか真の仲間はつくりにくいものです。
出会いを大切にしておれば、何十年も生きているうちに、真の友がたくさんできるはずです。

人生は旅そのものですね。

水口清一

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

無料の講座から、栄養素を吸収して下さい。

■無料メール講座ワンクリック登録はこちらから↓

数霊の世界への招待状(無料)
http://mizuguti.plathome.net/neo/usrctrl.php?sm=1_6_q8x23i1

夢をかなえる8つの秘伝(無料)
http://mizuguti.plathome.net/neo/usrctrl.php?sm=1_2_q8x23i1

水口発想塾メール講座(無料)
http://mizuguti.plathome.net/neo/usrctrl.php?sm=1_3_q8x23i1   




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。