スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環太平洋経済戦略の開戦!

真珠湾-12月8日を記憶せよ!
(HD高画質ver)
http://www.youtube.com/watch?v=xKj08mdnySs&feature=related

当時のアメリカ大統領のルーズベルトは、
「私は宣戦はしない、私は戦争を造るのだ!」
と言った。
私には、TPPもアメリカの脅しに屈したように見える。
しかしアメリカ人は、パールハーバーを忘れてはいない。


交渉する時は気をつけろ、後ろから玉が飛んでくる。
アメリカは、日本のマスコミ対策をしているから、日本のマスコミは全部アメリカの側に立つ。だからアメリカと交渉する時は、日本内部の後ろから強烈な玉が飛んでくる。
f9752f1e.gif


TPP、首相さっそく厳しい洗礼 加盟国会合招かれず
(朝日新聞) 2011年11月12日 15時00分
http://www.asahi.com/politics/update/1112/TKY201111120192.html?ref=goo

 オバマ米大統領が12日朝にホノルルで開く環太平洋経済連携協定(TPP)交渉9カ国の首脳会合に、野田佳彦首相が招待されない見通しであることが11日わかった。9カ国が積み上げた交渉の成果を大枠合意として演出する場に、交渉参加を表明したばかりの日本は場違いとの判断が背景にあるものとみられ、TPP交渉の厳しい「洗礼」を受ける形だ。

 日本政府の一部には、野田首相がアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議前に「交渉への参加」を表明すれば、TPP首脳会合にも招待される可能性があると期待があっただけに、落胆が広がっている。TPP交渉を担当する日本政府高官は「日本(の出席)は少し違うということだろう」と語り、現時点では、出席できない見通しであることを認めた。


輸出、対中戦略で効果大=米国、市場開放へ歓迎と圧力―日本のTPP交渉参加方針

2011年11月12日(土)02:03
 【ホノルル時事】環太平洋連携協定(TPP)交渉を主導する米国は、野田佳彦首相の交渉参加方針表明を歓迎している。日本の参加で、TPPが対象とする経済規模は飛躍的に拡大し、米国の商機が一段と広がるからだ。また、アジア太平洋地域での経済覇権拡大を狙う中国へのけん制という面からも、TPPの強化は重要な意義を持つ。

 「野田首相の重要な意思表明を歓迎する」―。カーク米通商代表部(USTR)代表は11日、声明を発表し、日本の交渉参加方針を評価した。一方で、参加承認をめぐる日本との交渉では、米国の議会や産業界、農業団体など利害関係者と「緊密に協議する」と強調。日本は参加に当たり、「米国が懸念を示してきた農業、サービス、製造業での貿易障壁をめぐる問題に対処する必要がある」と早くもけん制した。 


TPP反対派の急先鋒・中野剛志「メディアが報じないアメリカの本音。やはり日本は狙われている」
ライブドアニュース
◆TPP反対の中野剛志氏

ついにTPPに参加することがほぼ決定的となった日本。
報道の裏側、アメリカの真意などを反対派の中野氏が明かす

TPPについては、むちゃくちゃな話がメディアでそのまま流れています。先日(10月27日)、私が生出演したフジテレビの『とくダネ!』なんてヒドいもんでしたよ。

【とくダネ!撃沈!】
TPP問題で中野剛志氏がフジテレビを論破!壱
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=z4lbcHecTk4

【とくダネ!撃沈!】
TPP問題で中野剛志氏がフジテレビを論破!弐
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=NkoTfyqLjII

 進行役のアナウンサーが、スタジオのモニターで内閣府が試算したTPP参加の経済効果を示したんですが、そこに映し出されたのは「GDP2.7兆円増加」という数字だけ。それを見たコメンテーターが「日本の年間GDPは約530兆円ですから、0.54%くらいの効果です」と解説しちゃったんです。

 オマエら、ちょっと待て、と。2.7兆円という数字は10年間の累積だろ! 単年度で見ればTPPの経済効果なんてたったの2700億円。私は生放送で、なんで正確な数字を出さないんだ!とブチ切れましたよ。

 ところが、その前に放送された『新報道2001』でもフジテレビは同じ“誤報”を飛ばしました。しかも、こちらは番組スタッフが収録前の段階で10年間の累積である事実を把握していたから、私には故意に隠したとしか思えないんです。視聴者を“TPP賛成”へと誘導したい大手マスコミの狙いが透けて見えますよ。

 政府は政府で、TPPに参加することで「国を開く」などとトンチンカンなことを言う。日本の平均関税率は諸外国と比べても低いほうであり、その意味で国はすでに開かれているんです。なぜ、こんな自虐的な発言をしたのか意味不明。本当にこんな状態でTPPを進めてよいのでしょうか?

つづき・・・
http://news.livedoor.com/article/detail/6014849/?p=1


TPP アメリカは日本のマスコミ対策をしている CIAも使っている
(榊原英資) ジャーナリズムより

青山学院大学教授
榊原英資氏 発言 (プライムニュース 2011-11-08)

- 第2部ー 
医療に関して、私は、アメリカに10年住んでいました。
アメリカでは、民間保険に入らなくてはいけない非常に高い。所得の1割近くを民間保険に支払う。保険会社は、プラスになる。

アメリカ政府は、アメリカ企業の利益を反映して、交渉をする。
保険交渉には、バックには、アメリカの保険会社、AIGなどがついている。
混合診療を合法化して、民間保険に入れよ。といってくるだろう。しかし、よく考えてください。

日本は世界の中でも、平均寿命が一番高いのですよ。食べ物が、いいのもあるけど、医療制度が、あまねく国民みんなに、いきわたっているからだ。
日本の、このような良い医療制度を守らなくてはならない。また、地方の建設会社も、守らなくてはいけない。

日本の交渉能力は?
アメリカの交渉は非常にシビアで、勝手な国であるアメリカが、交渉で上手いのは、日本のマスコミ対策をする。
アメリカと交渉するときは、かならず日本の中で、後ろから玉が飛んでくる。

それは、日本のマスコミである。(売国マスコミ、アメリカに雇われている。) アメリカは、日本のマスコミ対策をしているから、日本のマスコミは全部、アメリカの側にたつ。
今だって、そうだ、日本のマスコミは、全員TPP賛成。
アメリカは、日本のマスコミ対策している
日米交渉は、かならず、日本のマスコミを使う。
つづき・・・
http://journalism-blog.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-9189.html


売国奴議員BKD(売国奴)を「総選挙」で叩き落とせ!!

売国奴議員BKDを「総選挙」で叩き落とせ!!
(日刊ゲンダイ2011/11/7)
「日々担々」資料ブログより
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-4197.html

AKB48の総選挙が話題になったが、今、永田町では「BKDの総選挙」が話題だ。BKDとは売国奴の略。国を売るようなTPPについて、早期の参加表明を促している議員らである。京大准教授の中野剛志氏(写真=右上)が彼らを「BKD」と命名。TPP絶対反対を訴えていた。BKD議員こそ、次の総選挙で叩き落とさなければならない。そのリストに出てくるのは誰なのか。国民もよーく知っておいたほうがいい。

◆国を滅ぼす政治家12人

TPPに反対している民主党議員らでつくる「TPPを考える国民会議」が5日、東京・有楽町で街頭演説会を開いた。山田正彦前農相ら約25人の国会議員が参加。原口一博元総務相は「民主党政権が強行するなら、民主党をぶっ壊しても頑張りたい」と声を張り上げていたが、注目を集めたのは中野剛志氏の訴えだ。
「これだけみんなが心配しているのにTPPに参加するというのは、政治学の専門用語でいいますと、売国といいます。売国をする人たちのことを専門用語で売国奴といいます。売国奴というのは英語でBKDといいます」と、まあ、一種のユーモアを交えて、聴衆を引きつけ、TPPの問題点を徹底的に訴えたのである。

そこで、BKD議員とは誰なのか。まとめてみたのが別表だ。もちろん、沈黙派も含めた推進容認派は民主党議員で200人以上いる。選挙の際は徹底チェックするべきだが、とりあえず、ワーストBKDが彼らになる。

筆頭の野田首相はとにかく自分の延命のためにオバマにすがり、ご機嫌取りのためにAPECでの参加表明に突き進んでいる。民主党のTPP作業チーム事務局次長の藤末健三参院議員(元経産官僚)が作成した内部文書がすっぱ抜かれたが、そこには〈APECで参加表明すれば、米国がもっとも評価するタイミングになる〉なんて表現が出てくるのだ。野田はそこから逆算して、党内議論の日程を組み、資料も小出しに出してきた。
「2位の前原政調会長は慎重派議員の批判について、TPPお化け論を展開。『交渉参加しても途中で抜けられる』なんて、いい加減なことを言って、世論誘導しています。3位の仙谷政調会長代行は慎重派の批判を『宗教的な反対』と侮辱した。その秘蔵っ子が吉良事務局長、玄葉外相は開国フォーラムの説明役だったのに、予定されていたフォーラムをきちんと開こうとしない。APECに間に合わせるためとしか思えません」(ジャーナリスト・横田一氏)

次の枝野は担当大臣。岡田前幹事長はきのう(6日)もTVで「反対議員は農業の今後について答えがない。理解できない」と批判。こちらも推進スポークスマンのひとりだが、輿石幹事長や樽床幹事長代行、鉢呂吉雄TPPプロジェクトチーム座長、鹿野道彦農相らもBKDになる。反対・慎重派の中には「裏切り者」と言う議員もいるほどだ。
「輿石幹事長や樽床幹事長代行はTPP慎重派の小沢グループの意向を尊重すると思いきや、幹部就任以降、発言はコトなかれ主義に終始している。経産相をクビになった鉢呂氏は北海道選出のくせにAPECまでに決意表明の流れをつくろうとシャカリキ。信じられない言動です。でも、一番許せないのは鹿野さんですよ。なんだかんだいって、代表選の最後に野田さんに乗った鹿野グループがTPPを推進させたA級戦犯ともいえる」(反対派議員のひとり)

その鹿野はグループ内の会合で「与党の責任は重い」とか呼びかけていた。全員、選挙で鉄槌を加えるべきである。

▽ワーストBKD議員
野田佳彦首相
前原誠司政調会長
仙谷由人政調会長代行
玄葉光一郎外相
枝野幸男経産相
岡田克也前幹事長
輿石東幹事長
樽床伸二幹事長代行
藤末健三参院議員
(TPPプロジェクトチーム事務局次長)
鉢呂吉雄衆院議員
(同座長)
吉良州司衆院議員
(同事務局長)
鹿野道彦農相

野田内閣発足 閣僚名簿
http://www.jiji.com/jc/v?p=cabinet2011&rel=m&g=phl






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。