スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ならきっとできるはず。

---------------------------------------------------------
Livedoorニュースから
---------------------------------------------------------
元記事はこち・・・フモフモコラム
http://blog.livedoor.jp/vitaminw/archives/52659246.html
(画像、動画もあります)

火事場ドロボウは出て行け!

日本を襲った未曾有の大地震。東北地方はいくつもの町が壊滅するほどの打撃を受け、深い深い深い傷跡を残しました。僕個人も郷里の両親と連絡が取れず不安を募らせていましたが、12日夜になりようやく現地の電気・回線が復旧。互いの無事を確認することができました。全国で節電に努めている方々にもお礼申し上げます。

地震・津波は終息へと向かっている感触ですが、それは復興への長い戦いの始まりでもあります。
人々と財産を飲み込んだ津波からの復興は、焦土と化した関東平野を建て直すこと以上の困難さ。町は腐臭にあふれ、育てた農地は泥に飲まれ、何よりそこに暮らす人々を失いました。苦境に立ち向かう「人間の力」そのものを奪っていった津波。ここからの復興は並大抵のことではありません。僕自身も含めて、幸いにも被害のなかった地域の「人」は、この光景を長く記憶にとどめ、現地へと「力」を届けていくことが必要だと思います。

日本ならきっとできるはず。

ピンチのときにこそ表れる人間性。被災者同士が助け合い、混乱の中でも秩序を保っていた姿はテレビでもご覧になれたはず。生活必需品を売る商店が、その資材を自分のためにシャッターで守るのではなく、ともに苦しむ人のために譲り渡す。人々は長い列を作り、静かに待つ。営利を求めるはずの企業が、次々に自らの有形・無形の資産を無料で開放する。これが日本人の姿。

生活必需品を高値で売りつけたり、流された町でレジスターを掘り出したり、孤立した女性を襲ったり、火事場ドロボウ的な悪人がわき出ておかしくない混沌。
それを法やお仕着せではなく、自身の中から生まれる思いやりによって、秩序ある世界に保っている…同じ日本人として誇りに思います。普段は照れくさくて行動にできない人までも立ち上がるゆえなのか、平時よりもピンチにこそ温かくなるこの国。日本ならきっとできる。日本だからできる。同じような被災に見舞われたどの国よりも早く立ち直り、また誰かに手を差し伸べられるような日本へ。復興への道のりを、互いを思いやりながら進んでいきたいものです。

頑張っていきましょう!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。