スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の害虫!・・・創価編③

SOKAの将軍様とは・・・
http://kafuka36.blog104.fc2.com/blog-entry-270.html

池田大作氏について「朝日」関係に対する認識は、およそ一般的な日本人とはかけ離れた、「反日的」で「韓国人そのもの」の感情論のようです。出自(生まれ)から考えれば当然のことですが・・・。

世界平和へ 池田名誉会長の写真紀行
第13回 ソウルの迎賓館
http://www.sokagakkai.or.jp/peace/gallery/earth/earth13.html
新しいURL  http://www.sokanet.jp/
注)すでに消されているようです。

◆愛の国、美の国、文の国、その平和な人々が、
「何十世代の後までも忘れぬ」と、怒りを骨に刻んだ相手が、
日本の残虐な国家主義であった。
行く先々での略奪、暴行。
殺戮(さつりく)、「禽獣(きんじゅう)にも劣る」
分化なき「悪鬼(あっき)」と呼ばれた。

◆その夜更け、迎賓館の青き屋根屋根を、
銀色の半月が照らしていた。
この美しい国を踏みにじった日本の傲慢への憤怒(ふんぬ)が、
また、胸を突き上げてきた。

◆私は、父から「日本のやりかたはひどい。日本はもっともっと韓国を大切にしなければいけない」と聞かされて育ちました。

(1998年11月4日 聖教新聞 韓日友好を誓い「創価同窓の集い」)

宗教団体の最高責任者の言葉である。
宗教とは何なのか?創価のトップがこの有様!
それを信じた日本人の会員(信者)は実に可哀想だ!
始めから、日本人を騙して我が恨みを晴らす「在日一念」の為に権力を拡大に利用しているように思う。
朝鮮人特有の「憎しみや恨みは百年も千年忘れない」という。

しかしながら、この恨みは逆恨みであろう。日本が恨まれる筋合いなどない。一部で恨みを買う行為があっただろうが、日本は朝鮮を守るため、自主独立をさせるために、日清戦争で中国から朝鮮を守ったのが事実。その後ロシアの支那への侵略で日露戦争に発展して勝利した。これは朝鮮と日本を守る為の戦争だったことを忘れてはいけない。
日本を恨むのは筋違いというもの。中国やロシア共産主義に加担した、朝鮮人の工作員による捏造なのだろう。
朝鮮人は特に裏切り行為が当たり前、親切にされても、恩を仇で返すことは有名である。

そして二代目戸田会長をも裏切り、宗門支配から独立する路線に転じて日蓮正宗をも裏切りそして会員をも裏切っているのです。
裏切られていることも知らない一般会員は、権力拡大の道具として使われているのです。日本を崩のために・・・
それは、先に挙げた、池田氏の日本を怨み韓国を愛する言葉にあります。
会員は池田先生が日本を憎んでいるなどと思ったことはないだろう。

創価には在日韓国、朝鮮人が多いと聞く、その方々と接した日本人は何かを感じていると思います。
例えば、約束しても、守らなかったり。配慮がかけていたり。親しくしていた人でも道であったりすると、顔を背けて知らぬ顔だったり、そんな経験はなかったでしょうか。
また子供に対する仕付が全く出来ていないなどです。

本来、朝鮮半島で、戦後の日本国内で韓国、朝鮮人にどれほどに日本人の人達が殺されたのか知っている人は、韓国、朝鮮人を憎むのは当然です。でも日本人は人の道に背くことはしませんし、そんな在日の人達に優しく接しているではありませんか。

創価には在日が多いのは何となくうなずけるでしょう。この人達は朝鮮宗教だと知っているからです。知らないのは日本人だけでしょう。

在日韓国、朝鮮人については下記をご覧ください。

【在日の人たちのルーツ】

 日本がポツダム宣言を受け入れると誇り高き在日朝鮮人たちは劣等敗戦民族となることを嫌い、三国人「戦勝国民」であると主張し、「朝鮮進駐軍」を組織して、日本兵が武装解除されたことを幸いとして、 武器を強奪武装し、各地で暴れ始めました。日本の男たちは戦場に駆り出され、残っていたのは 女、子供、老人ばかり。朝鮮人たちはやりたい放題で、駅前の一等地は朝鮮人に占領されました。
 もちろん、そこに住んでいた日本人女性は容赦なく強姦され殺され、子供や老人は殺されました。 当然、日本人は在日を強く憎むようになり、「第三国人」は在日の終戦時の犯罪が原因で 差別用語となりました。そのため、在日朝鮮人たちは日本名(通称名)を名乗るようになりました。

 パクリの語源の朴や朝鮮名を名乗ることは自分が犯罪者だと宣言しているようなものだからです。
 また、在日はマスコミに圧力をかけ、在日が犯罪を犯しても朝鮮・韓国名ではなく日本名で報道するようにさせました。

 だから、我々日本人は、在日が犯罪を犯してもそうと知らされず、あたかも日本人が犯罪を犯したかのように思い込まされています。オウムの麻原の父親や強姦殺人魔の織原も元在日ですが、それらの事実は決して報道されません。

 朝鮮人たちは、マスコミを使って歴史の捏造を始めました。「強制連行されて来た」「土地を奪われて仕方なく来た」等々。そして強姦、犯罪を謝罪せず、土地を占拠し続けながら、「俺たちは何も悪いことをしていないのに差別される」「不当な差別を受けている」等と宣伝しました。

 朝鮮進駐軍を知らない世代の日本人は在日に対して罪悪感を持つようになりました。在日たちは占領した一等地で事業を始めました。それが「パチンコ」です。最近は(「スロット」「焼肉」「風俗」「ヤクザ」「職業右翼」「統一教会」「創価学会(公明党)」「サラ金」「人材派遣」キリスト教の牧師、新興宗教の教祖、幹部のほとんども、在日・朝鮮人・韓国人の商売)

朝鮮人のルーツ
http://kafuka36.blog104.fc2.com/

創価学会と後藤組について。
2010.05.22
http://www.youtube.com/watch?v=aHWluNRlNks&feature=related

後藤組 後藤忠政会長 インタビュー 
憚(はばか)りながら
http://www.youtube.com/watch?v=z9Ae9UcH4L8&feature=related

最後に・・・・
これを見れば創価の日本支配がよくわかる。

1/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」
大阪講演会09.06.20】
http://www.youtube.com/watch?v=XOKIJq4eekM

2/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」
大阪講演会09.06.20】
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=DQdUsUvK-iA

3/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」
大阪講演会09.06.20】
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=QKLn_QToP_E

4/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」
大阪講演会09.06.20】
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=Cr3k-orkrzQ

5/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」
大阪講演会09.06.20】
http://www.youtube.com/watch?v=8EZSkE8OGFU&feature=related

6/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」
大阪講演会09.06.20】
http://www.youtube.com/watch?v=GG7cOEZ87yk&feature=related

7/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」
大阪講演会09.06.20】
http://www.youtube.com/watch?v=4ZQ-Ac0ys9Q&feature=related

8/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」
大阪講演会09.06.20】
http://www.youtube.com/watch?v=wT6p0qE8vqM&feature=related

9/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」
大阪講演会09.06.20】
http://www.youtube.com/watch?v=lYnyfvLug8I&feature=related

10/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」
大阪講演会09.06.20】
http://www.youtube.com/watch?v=0vrAHgpQIW4&feature=related

11/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」
大阪講演会09.06.20】
http://www.youtube.com/watch?v=T91GIz8Y4cU&feature=related
1
2/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」
大阪講演会09.06.20】
http://www.youtube.com/watch?v=vynN-jn0yAw&feature=related

13/13 リチャード・コシミズ 【「創価学会」
大阪講演会09.06.20】
http://www.youtube.com/watch?v=UzmWGJfmZ8I&feature=related




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。