スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性警察官の「こころづかい」に感謝!

今日久々に、嬉しいことがあった!
女性警察官2 *この写真はイメージ写真です。

免許更新の日が迫っていた、9月1日生まれなので、更新期間は8月1日より10月1日までであった。

最近は特にパソコンを長時間使うことが多く、老眼のメガネをかけっぱなしで作業をする。
年も年だから仕方がないのだろうが、前回も前々回も視力0.7ギリギリで通った。
前回3年前の更新時の警察署での検査には、半ば当てすっぽで通ったが、今回は無理だろうと内心思っていた。

だから期間が2ヶ月もあったのに、心配で免許更新に行けなかったのです。

期限まで3日となり、半ば諦めの心境で安全協会に出かけた。
安全協会の人も親切だったが、その視力低下のことを話すと心配してくれた。

そして警察署に行き、視力検査に望んだ。
視力検査の担当は、女性警察官だった。
左の検査、右の検査、両目の検査で、0.7が見えな〜い。
これが基準なので、見えなければ眼鏡が必要となります。
と言われて、免許書の裏に「条件付与眼鏡等」とゴム印で押されてしまった。

その女性警察官とのやりとりで
女性警察官・・・視力0.7は基準なので、最低でも、これが見えなければ、眼鏡をかけて運転してもらうことになります。

私・・・最近パソコンの使いすぎで目の疲れるんですよ。いつもだったらまだましなんですけど・・・

女性警察官・・・もう一度、少し時間をおいて、視力検査に再チャレンジして見ますか?

私・・・もう一度、出来るんですか?だったらお願いします。

私は、外へ出て、空を見上げた。今日の天気予報は、午前中は晴れだが、午後から曇と言う予報だった。午後3時ごろはまだ、青空が見えた。しばらくその青空を見上げていたら、やや遠くの景色が見やすくなった。
警察署にもどったら、女性警察官から中村さんと声がかかった。

女性警察官・・・さあ、始めましょうか?
私・・・はい、お願いします。

指示に従って、Cマークの方向を、右左上下と答えるのだが・・・
先程よりも、ややましかな・・・と言う程度で、

始めは、左・・・下・・・右・・・????次が全く感じ取れない。
左、下、右と来たから、上・・・と答えた。あとは上しかない。感である。

私・・・とっさに当たっていますか?
女性警察官・・・はい、OKです。でも、どんな場合にでも運転中に見えづらい時には、積極的に眼鏡をかけるようにしてくださいね。
免許書の「条件付与眼鏡等」は、取り消しておきます。
と言って、抹消してもらった。

免許証更新_edited-1

今回よりIC免許証になると言うことだそうです。
これで次回の免許更新は5年後となる。

ありがとうございます。女性警察官に感謝いたします。
あの時に、再チャレンジしますか?の言葉がなければ、今後の運転は眼鏡なしでは運転できないことになっていた。

「こころ」はだれにも見えないけれど、
「こころづかい」は見える。
「思い」は見えないけれど、
「思いやり」はだれにでも見える。


ちょっとした、優しい「こころづかい」が嬉しい。
久々に日本人らしい、心遣いのできる警察官にであった。
何十年も運転していたら、警察官にたいして腹の立つこともある。
城東警察を始め、天満警察、淀川警察、吹田警察などには何回も怒鳴り込んだことがある。身内意識の権力暴力や、佐川との癒着問題、不当取締などである。

昔の警察官は、少々の駐車違反などは、注意や警告で勘弁してくれる警察官もいたが、今ではどうだろう、違反金集めのような取締をしている。ネズミ取締でもそうである、警察は事故を未然に取り締まるのが職務であるにも関わらず、違反をさせておいて検挙する、卑怯なやり方である。

例えば、一般の大阪市内の速度制限は50Kから60Kが一般的だが、広い道路で。40K制限の道路がある。スピードの取締、これをネズミ捕りと言われているが、必ず40K制限の道路で行われることが多い。スピードの差異を大きくするためである。
また、隠れていて違反者を捕まえるといった、方法が一般的で会る。しかし何回でも言うが、違反しそうな車両を見つけたら、注意を促せばいいことなのではないだろうか?
これでは、日本の社会は良くなるはずがない。

パトカーや、白バイが、スピード違反捕まえるのも、前もって目を付けて、死角になるように追跡して、スピードが上がると捕まえる。
私も何ども経験がある。交通警察の使命は、捕まえるのが使命なのか?それともす危険なヒード違反を、未然に防ぐことが使命なのではないのだろうか?

組織に属すると、違反は違反だからと言って、成績を上げることが優秀な警察官であると勘違いしているのではないだろうか?

運転する人達にとっては、警察は天敵でもある。
しかし今回は、こんな「こころづかい」をしてくれたのは、城東警察署の女性警察官である。
この女性警察官に感謝します!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。