スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は解体されようとしている。誰に・・・?

民主代表選で野田新代表が就任した。
30日にも行われる衆参両院での首相指名選挙で第95代、62人目の首相に指名される。

外国人参政権については、反対を示しておられる人なので、少しは安心したが、しかし時間稼ぎが出来るくらいで、余段を許さない。
人権擁護法案にまつわる外国人参政権の問題は、根底に潜む企に細心の注意を払わなくてはいけないと思う。
民主党は何故この法案を急ぐのか・・・?

それは、小沢氏を始めとする民主党議員100名の中国訪問である。そして韓国大統領との人権擁護法及び外国人参政権の成立を両国に約束しているからにほかならない。
日本国を崩壊させるには、まず国内を混乱させることである。


人権擁護法案の正体

人権侵害救済法案 2011年度臨時国会提出へ
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/142.html

このサイトは日本の縮図を表しているから重要です。


【上記記事より抜粋】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人権擁護法案について
(成立すると外国人参政権も連鎖成立)

韓国の法律を元に作られたこの法案、一見「人権を擁護する(?)」という道徳的で人道的「風」な名前だが、 実際は「人権擁護をタテマエにすれば特定の人に都合のいいように言論統制が可能になる」という危険な性質のものである。

一般的な多くの日本人にとってこの法案は一切メリットがない。
これだけでもう既に不自然極まりないのだが、 では、この法案、主に「誰が」得をするためのものだろうか。

それは既に日本において別格の特例扱いで他の国の外国人や日本人より 遥かに優遇されている「在日朝鮮人」である。
これが成立した場合、'' 自称被差別者を中心に組織される2万人の人権擁護委員と人権委員会による強権行使(令状なしで立ち入り捜査など)が可能になり、疑われた人」は、証拠がなくても“疑わしい”というだけで出頭を求められたり、証拠品の提出を強要される。しかも人権擁護委員には外国人でもなれることになっているのである。 また、委員会は非協力的な者に対して罰を与える権限を持つ。 ''

それにより「氏名等を含む個人名の公表」などの脅迫的な実力行使が 可能になるのである。
ちなみにこの 委員会が権力を乱用して暴走したとしても、それを抑止する機関や法律は存在しない。
つまり三権から独立した新しい権力が誕生することになるのである。
法案のイメージとしては「電車で肩が触れたたけの男性を女性側の主観だけで 一方的に痴漢呼ばわりすることが可能になる」というのと似ている。
男性側の弁明は聞き入れられずに、'' 自称被差別者が人権侵害だと思えば それが人権侵害として認められ、疑われた者は氏名公開、糾弾、過料、社会的制裁を 受けることになる(しかもこの法案では疑いが晴れても救済が期待できない)。 ''

別の例を挙げるとすれば、仮に“被差別者を解雇”した場合に、それを一方的に「差別」と認定される可能性がある。
これは、裏を返せば『被差別者は解雇されないという特権』が生じる危険性が あるという意味である。

もう少し具体的な例を挙げると、どこかの雑誌記者が 北朝鮮の金正日総書記や韓国の盧武鉉大統領を誌上で批判したとする。すると人権擁護委員が家にやってきて「金正日や盧武鉉の批判は在日朝鮮人の感情を傷つける人権侵害に当たる」 という名目をつけて事情聴取や立ち入り検査・証拠の押収をすることができる。
'' これは別に記事でなくても構わない。会話やネットの書き込みが気に入らなかった場合でも、『心的外傷後ストレス障害を受けた』とでも言っておけば 捜査も報復も思いのままである 。
つまり在日が 個人レベルで訴えるだけで手軽に他人の言論および表現の自由を抑えこむことが可能になる ''し、「外国人に参政権がないのは差別」とでも言えば参政権をも獲得できるのである。

これは 極端な言葉でいえば、自称被差別者側が“ルール”になるということである。非常に不公平で乱用可能な強権 であり、朝鮮人の無茶な因縁を正当化することを可能にする法案であることが危険視されている、というわけである。
左の新聞はネタとして加工して作成したウソ記事だが、法案が施行されれば現実になる。

捏造従軍慰安婦に謝罪と賠償を求めるデモはOKだが逆に糾弾や批判するデモは戦争被害者差別でアウト 。

靖国神社解体、皇室・天皇陛下批判デモはOKだが靖国神社や皇族を肯定する意見や本の著者は戦争を肯定し平和主義者の心を傷つけたとしてアウト 。

マスコミが特定の政治家の不祥事や汚職を追及するのはOKだが、個人や団体、フリー記者などが行うのは個人の人権侵害としてアウト

【抜粋記事おわり】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆これが在日朝鮮人
http://www.youtube.com/watch?v=d2jb0r_aNPw&feature=related

2007年4月25日、朝鮮総連の関連施設に正当な強制捜査をする警視庁の警察官に対して、集団で暴言を吐き散らし暴力をふるい倒す在日朝鮮人達の映像です。
この人達は知らず知らずに母国の犯罪に手を貸しているといえよう。
日本の国では、何んでもあり。この人権擁護法案を推進し、外国人参政権を受け入れれば、在日韓国人・朝鮮人の言いなりになるだろう。それを推進しているのが民主党である。

{第93代鳩山由紀夫内閣 法務大臣・千葉景子は大臣就任前から人権擁護法案を積極的に推進。
http://www.youtube.com/watch?v=TVBelXSpwwE&feature=player_embedded#!

この新聞記事を見て、これどこの国の出来事・・・と思う。
同じ日本人として、怖さを感じませんか?
こんな、人権保護なんてありえないし、あってはいけない!
この法案は、韓国人、朝鮮人の為の法案と言うことは、誰が見ても一目瞭然である。
参政権を取得したいのなら、日本国籍を取ればすむことである。
そして民主党はこんなことも言っている。
二重国籍もOKだと・・・・
何に対しても在日の立場から物事を考えている。だから、国政を担っているこの党は、在日民主党と変更すべきである。

仮に日本と韓国の戦争にでもなれば、日本人ならば命をかけて日本を守ろうとするが、
在日韓国、朝鮮人は日本の国よりも母国(韓国・朝鮮)を第一に考えるのは当たり前でしょう。そしてそれらは即工作員となりうるのです。
あきれた人種差別の記事



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。