スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を愛する、すべての人の為に・・・

昨日投稿した「南京大虐殺」の捏造されたプロパガンダ映画!
【日本語版】 南京大虐殺 Part 2 を追加いたしました。
日本を貶めるために捏造された事件が、2000年以降につくられているようだ!その捏造された記録映画を正当化するために、世界へ向けて発信されたのが「南京南京」の映画である。
南京大虐殺 Part 1、 Part 2 を見られた人は、あまりにも事実とかけ離れた内容なので驚かされたことでしょう。

今この時に、75年前のこの汚名を晴らさなければ、永遠の歴史に刻み込まれてしまいます。
2050年の中国共産党の国家戦略の日本侵略計画の正当性の理由となるでしょう。
こんな野蛮で残忍な日本と言う国を地球上から消し去らねばならないと・・・
1995年 オーストラリアを訪問した李鵬(り・ほう)氏は、豪首相との首脳会談中に、「日本など20年も経てば地球上から消えてなくなる 」と発言しているのです。これが実現するまで中国共産党のプロパガンダ・キャンペーンは続くでしょう。
そんなことを、同じ地球人として、また日本人として許されることではない。
それで急遽、この映画を投稿させていただくことに致しました。

この映画を、すべての日本人に見てもらいたい。

◆日の丸

ここに真の日本人の魂を感じることができる。
真実の歴史を伝える・・・それは「凛として愛」という映画です。
しかし、これも日本の真実を知らせたくない、在日韓国・朝鮮人によって中止させられた映画だそうです。
なぜ日本の歴史の歩みを描いた映画を、この日本社会で、日本人でない方々によって阻止されなければ、ならないのだろうか?
ここに、不可解な日本の謎があります。その謎を解く扉を開け放とう・・・・

はじめに見て下さい。
泉水隆一監督「凛として愛」・・・・・9;57
http://www.youtube.com/watch?v=nr9LFmOrEds&feature=related

これがありのままの日本の姿、歩みであると確信します。
この戦争は「自尊自衛」の戦いであったことは言うまでもありません。
心ある日本人はこの映像をみれば、直ぐに理解できます。
なぜ日本は、戦争に向かったのか?その真相の歴史を描いた映画です。
そして結果は、戦争に負けた日本だけが悪者にされたが、アジア諸国は、列強国の植民地から開放されて独立し現在に至ったことは紛れもない事実です。

そして大東亜戦争戦没者 2,133,778柱英霊は靖国神社に祀られています。
私の父も、愛する日本のため、愛する家族を守るための戦いで、遠く離れた激戦の地ニューギニアにおいて36歳の若さで散って行ったのです。

そして、この映画をみて、戦後教育の偽りに満ちた歴史認識を根底から改め、真実の歴史認識を持たなければ、先人の英霊は浮かばれないであろう。
たった一つしかない命を、国家に同胞に捧げた先人たちの・・・

特攻① 特攻③ 特攻④・・・・・>

・・・・・・・・> 特攻⑤ 特攻⑥ 特攻⑦

はじめに・・・

国家によって 安全と平和、生命の財産を護りきれなかった 国民の悲惨さを私たちは知らない

昭和20年8月15日 
この日から日本の近代史が ひび割れた鏡のように、歪んで伝えられていく汚辱の日となった。

日本は3年8ヶ月に及ぶ大東亜戦争に終止符を打った。
建国以来、初めての敗戦であった。
だが、日本人は戦いに敗れても誠実さが必要だった。

日本という国に、祖国に尽くした幾百万の英霊に、幾千万の先人に、愛をこめて感謝を捧げるべきだ・・・が、果たせなかった。

多くの日本人が裏切った。
戦後の荒廃した日本に、赤旗がなびき、社会主義思想が広まり、戦勝国による一方的な東京裁判が開かれる中で、日本の近代史は偽りに満ちた悪意のもとに書き換えられていった。

私たちの国には、明治維新以来 幾たびかの国難に敢然と立ち向かった日本民族の不屈の歴史があります。
たった一つしかない命を、国家に同胞に捧げた、凛とした真実の歴史があります。
その扉を今 開け放そう

凛として愛

凛として愛(1/7) ・・・・・9;43
http://www.youtube.com/watch?v=Hpz5rFqI7jA&NR=1&feature=fvwp

凛として愛(2/7) ・・・・・8;55
http://www.youtube.com/watch?v=shv750vHcIU&feature=related

凛として愛(3/7) ・・・・・9;51
http://www.youtube.com/watch?v=vQOQm52iAnk&feature=related

凛として愛(4/7) ・・・・・9;38
http://www.youtube.com/watch?v=MjhR4NvXiEs&feature=related

凛として愛(5/7) ・・・・・9;38
http://www.youtube.com/watch?v=kTP3t4cdL3Q&feature=related

凛として愛(6/7) ・・・・・9;54
http://www.youtube.com/watch?v=mWMcs7Cv9f4&feature=related

凛として愛(7/7) ・・・・・9;47
http://www.youtube.com/watch?v=Cx5Wyl8C8YI&feature=related


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*この画像をアップロードされた心ある方のコメントをぜひお読みください。

アップロードしたユーザーのコメント (krooooooon)

いつも多くの方にご覧いただき感謝しております。
私がこの動画を上げたきっかけは「戦争当時に生きた日本人の想いを、もっと今の人に知ってほしい」という理由からです。
戦争を起こした日本が悪いとか、A級戦犯を分祀するべきだという意見がありますが、その意見はすでに多くのメディアが取り上げています。
その意見は結果論であり、実際に戦争に行った訳でもない私達が述べる事ではないと私は思っています。
その上であえて言わせていただきますが、この映画で一貫して取り上げられているのは「愛」です。友人への愛、恋人への愛、家族への愛、そして日本という国への愛です。
毎日平穏に生きられる現在から、明日生きているかも分からない戦争の時代に生きた人の想いを測り知ることは出来ません。その中で彼らが何を想って戦場に散っていったのかを考えた場合「愛するべき人の命を守るために自らの命をかけて守る」という事ではなかったのかと思います。
私はこの映画を批判する人こそ現代の社会のねじれに融合した「愛を理解出来ない人間」に見えて仕方が無いのです。
自分の為ではなく人の為に生きる、この当たり前の考え方は現在にも通用すると思っています。


漫画で学ぼう、日本の誇りを!

誇り~伝えよう日本のあゆみ~ 1/3 ・・・・・10;00
http://www.youtube.com/watch?v=tOEBU7pFhH4&feature=related

誇り~伝えよう日本のあゆみ~ 2/3 ・・・・・9;59
http://www.youtube.com/watch?v=LOXpznARBNI&feature=related

誇り~伝えよう日本のあゆみ~ 3/3 ・・・・・8;07
http://www.youtube.com/watch?v=eODAGhwnbV4&feature=related

これからの学校教育の近代史を学ぶ上で、このような映像を教育の一環として取り上げる時代が来ることを願う!

日本に生まれたことに感謝し、大いなる誇りを持とう!
日本は世界に類を見ない、世界平和を望む、素晴らしい民族であることを・・・





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大阪こころ

Author:大阪こころ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。